愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

アジングロッド

【アジング】史上最高感度の伝説のロッド TFL-63Sの封印を解く!

投稿日:2013年12月25日 更新日:

注目記事一覧

1

今回はアジングに使っている超オススメの防寒グローブの話。 寒くなってくるこの時期、釣りの時の手の防寒でグローブを付けるようになるんですが、アジングの際に通常の防寒グローブを付けると感度が落ちてしまって ...

2

ラッシュヘッド開発経緯~ライトゲームタックルの進化~ ラッシュヘッドを製作するにあたって、「国内最高峰の技術を持つフックメーカー土肥富から見た近代ライトゲームにおいて必要なフックとはなにか??」という ...

3

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。 ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年ほど経ちました ...

4

ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが連発するようになったまではよかったけど、アタリがあっても思うように合わせが決まらずに、フッキング率が約50%と非常 ...

5

アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないですか? ある程度経験を積んでいくとアタリの感じ方で、「なぜアタリがあるけど掛からない?」という原因がわかってくると思います。 しかしアジ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン 「141シンカーアジング」 現在アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えばポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロロ、ナイロンなど ...

今まで触ってきたロッドの中で、一番感度が出ているロッドといえば、ウエダのPro4EXシリーズ。

残念ながら数年前に解散してしまい今はもう生産されてないが、現在のアジングロッドに大きな影響を与えたロッドだ。




アジのアタリはもちろん潮の僅かな流れも感じることができ、情報量が多くて戸惑ってしまうくらい。

このシリーズのロッドに慣れてしまうと他のロッドを使えなくなってしまうという欠点があるくらい素晴らしい感度が出ている。

そのPro4EXシリーズの中でも高感度のモデルがTFL-63S。

ウエダ TFL-63S

ウエダ TFL-63S

そのTFL-63Sの中でも最高感度と評判の年式のモデル。

重量は60g後半と最近のアジングロッドと比べたら少し重たいが、ロッドバランスがとても綺麗に取れていて、160gというとても軽量のリールでもバランスをきれいに取ることができる。

反響感度は40tソリッドのおかげで、史上最高と言っても過言ではないくらい出ている。

この感覚に慣れてしまうと他のロッドでは物足りなくなってしまうので長い間封印していたけど、この素晴らしいロッドの感覚を忘れないようにするために定期的に使って手の感覚を調整している。

折れたらもう手に入らないので恐る恐る使っているけど(笑)

年明けから色んな地域のエキスパートな方達と一緒に釣りをする機会が多いので今から感覚を磨いて準備しておきます。

 







-アジングロッド
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.