【アジング】ガルプとエコギアアクア どちらがよく釣れるか比較してみた!

      2017/01/15

【2013年7月愛媛県瀬戸内海】

ガルプ ベビーサーディン(パールホワイト)VS エコギアアクア ストローテールグラブ(ナチュラルパールグロー)

■検証方法

釣り方はリアクションの要素を無くし、ワーム本来の性能を見るためにリトリーブのみとする。

フックはレンジクロスフック初期プロトに5Bのガン玉打ち。

立ち位置、投げるコースも同じにする。

5投ごとにワームを交換する。

それぞれ5セットの25投、計50投してデーターを取る。

 

■検証結果(各25投)

ガルプ・・・・・バイト数30、ヒット数14、キャッチ数10匹(17cm~25cm)

 

エコギアアクア・・・・・バイト数31、ヒット数13、キャッチ数9匹(19cm~26cm)

 

 

左がエコギアアクアで釣った魚、右がガルプで釣った魚。

●データーで見るとほとんど同じ数値がでており、今回の検証では匂いによる差はないと判断する。

※愛媛県瀬戸内の1場所での検証結果なので他では違うようになる場合もある。

 

【2014年1月愛媛県宇和海】

ガルプ ベビーサーディン(パールホワイト)

エコギアアクア ストローテール(ナチュラルパールグロー)

この釣行で汁物以外のワームで一通り釣ってアジから反応が無くなったポイントで比較。

 

■検証方法
釣り方はJH単体1gでリトリーブのみとする。

立ち位置、投げて通してくるコースも同じで交互に1投ずつ投げて合計10回投げて比較する。

ベビーサーディン

左のアジがガルプで右のアジがエコギアアクアでの釣果。

夏は差が出なかったけど今回の低水温期の宇和海エリアではガルプのほうが圧倒的によく釣れた。

※愛媛県宇和海の1場所での検証結果なので他では違うようになる場合もある。

【アジング】ガルプとエコギアアクア どちらがよく釣れるか比較してみた!まとめ

経験上1,3g以上のJHで早いアクションで釣る場合は動きの速さで反射的に食わせるようになるのでワームの性能による差は出にくい。

しかし1g以下のJHを使ってスローに釣る場合は動きの速さで誤魔化す事が難しくワームの性能による差が出る場合が多い。

そして低水温期の活性が低い時は匂いの有無で釣果に差が出やすいので今回の結果になったのかなと。

今回の検証では低水温期で通常のワームで釣ってスレていた状況でカルプ、エコギアアクア共にさらにアジを引き出すことが出来た。

匂い系もワームのローテーションの1つに加えておくと、今までより釣果もアップしやすくなるでしょう。

 - アジング, アジング攻略法