愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

アジング、メバリング動画

【アジング実釣動画】 土肥富/odz レンジクロスヘッド編

投稿日:2016年5月4日 更新日:

注目記事一覧

1

今回はアジングに使っている超オススメの防寒グローブの話。 寒くなってくるこの時期、釣りの時の手の防寒でグローブを付けるようになるんですが、アジングの際に通常の防寒グローブを付けると感度が落ちてしまって ...

2

ラッシュヘッド開発経緯~ライトゲームタックルの進化~ ラッシュヘッドを製作するにあたって、「国内最高峰の技術を持つフックメーカー土肥富から見た近代ライトゲームにおいて必要なフックとはなにか??」という ...

3

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。 ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年ほど経ちました ...

4

ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが連発するようになったまではよかったけど、アタリがあっても思うように合わせが決まらずに、フッキング率が約50%と非常 ...

5

アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないですか? ある程度経験を積んでいくとアタリの感じ方で、「なぜアタリがあるけど掛からない?」という原因がわかってくると思います。 しかしアジ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン 「141シンカーアジング」 現在アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えばポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロロ、ナイロンなど ...

土肥富/odzのアジングジグヘッド、フロードライブヘッドの実釣動画に続いて次はレンジクロスヘッドの実釣動画になります。

 

※レンジクロスヘッド開発ストーリー

 

レンジクロスヘッド実釣動画の状況

最初フロードライブヘッドで好調に釣れていたけど、アジが捕食しているベイトが小魚などに変わり、フロードライブヘッドだとアタリがあって合わせを入れてもすっぽ抜けなどのフッキングミスが出るようになってしまいました。

これは単純に釣れているアジのサイズ(口の大きさ)に対してフックサイズが小さいのですっぽ抜けが起きてしまっている状況。

そのすっぽ抜けの合わせミスを減らす対応としてフロードライブヘッドよりフックサイズが大きいレンジクロスヘッドに交換して、フッキング率を高くしてより多くのアジを釣るのが狙いです。

またベイトが小魚などに変わったことで、ジグヘッドの重さをフロードライブの時よりも重たくして、アクションや食わせの間も早くしてアジに見切られないように工夫して釣っています。

フロードライブヘッドでの実釣との違いなどを比べながらご覧ください!

動画は一眼レフカメラでの撮影、素人編集となっていて見苦しい所があるかと思いますが大目に見てやってください。よろしくお願いします!

 

 







-アジング、メバリング動画
-

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.