愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

アジングロッド

【アジングロッド購入】ヌーボコルトプロトタイプ

投稿日:2016年6月8日 更新日:

注目記事一覧

1

今回はアジングに使っている超オススメの防寒グローブの話。 寒くなってくるこの時期、釣りの時の手の防寒でグローブを付けるようになるんですが、アジングの際に通常の防寒グローブを付けると感度が落ちてしまって ...

2

ラッシュヘッド開発経緯~ライトゲームタックルの進化~ ラッシュヘッドを製作するにあたって、「国内最高峰の技術を持つフックメーカー土肥富から見た近代ライトゲームにおいて必要なフックとはなにか??」という ...

3

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。 ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年ほど経ちました ...

4

ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが連発するようになったまではよかったけど、アタリがあっても思うように合わせが決まらずに、フッキング率が約50%と非常 ...

5

アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないですか? ある程度経験を積んでいくとアタリの感じ方で、「なぜアタリがあるけど掛からない?」という原因がわかってくると思います。 しかしアジ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン 「141シンカーアジング」 現在アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えばポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロロ、ナイロンなど ...

気になっていたアジングロッドが発売になったので早速購入♪

 

ヌーボコルトプロトタイプ

オリムピック ヌーボコルトプロトタイプ

今年のフィッシングショーで展示されていた数多くのアジングロッドの中で、ウエダ使いの友人達も含めて一番評価が高かったのがヌーボコルトプロトタイプシリーズ。

逆に一番評価が悪かったアジングロッドは友人達がみんな口を揃えて「これだけ高い価格でこんなに感度が悪いアジングロッドって今まであったっけ?」というくらいひどかったですね(笑)

まぁそんな竿は置いといて今回選んだのはヌーボコルトプロトタイプの中で1本だけあるチューブラのロッド。

 

ヌーボコルトプロトタイプ 612L-T

 

 

他のソリッドモデルのロッドもとてもいい感じだったので迷ったけど、ソリッドのアジングロッドは最近、ノクターンのS65ULS、S69LSを使っているので今回は見送ってチューブラを選択。

「やっぱりチューブラを選ぶんだね~」という声が聞こえてきそうですが(笑)

 

ヌーボコルトプロトタイプ 612L-T

 

実売3万円台のロッドで重量も55g台と軽く出来ています。

軽量化による持ち重りも感じずにいい感じ。

これだと160g~180gくらいのリールでバランスが取れるかな?

ガイドもきちんと付いていて一安心(笑)

色々と確認してみたい部分もあるので実釣で使うのが楽しみです♪

 







-アジングロッド
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.