愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

アジングロッド

【2016年新製品アジングロッドもう1本購入】 ヌーボコルトプロトタイプ

投稿日:2016年6月26日 更新日:

注目記事一覧

1

今回はアジングに使っている超オススメの防寒グローブの話。 寒くなってくるこの時期、釣りの時の手の防寒でグローブを付けるようになるんですが、アジングの際に通常の防寒グローブを付けると感度が落ちてしまって ...

2

ラッシュヘッド開発経緯~ライトゲームタックルの進化~ ラッシュヘッドを製作するにあたって、「国内最高峰の技術を持つフックメーカー土肥富から見た近代ライトゲームにおいて必要なフックとはなにか??」という ...

3

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。 ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年ほど経ちました ...

4

ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが連発するようになったまではよかったけど、アタリがあっても思うように合わせが決まらずに、フッキング率が約50%と非常 ...

5

アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないですか? ある程度経験を積んでいくとアタリの感じ方で、「なぜアタリがあるけど掛からない?」という原因がわかってくると思います。 しかしアジ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン 「141シンカーアジング」 現在アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えばポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロロ、ナイロンなど ...

先日購入したアジングロッド ヌーボコルトプロトタイプ612L-T

 

 

このロッドが非常によく出来ていたので、他のソリッドモデルも使ってみたくなってきた。

といっても個人的に8フィート代のモデルは使いどころがなく、5フィート代のソリッドモデルは長さがちょっと短いので使いにくい。

となると選択肢に残ってくるのが6フィート代の3モデルになってくる。

ジグヘッド単体用とチューブラと同じ長さのモデルで比較してみたいので、6102L-HSも捨てがたいけど、最終的に候補になるのは612UL-HSと612L-HSのどちらかかなと。

カタログ数値の好みでいうと612L-HSになるんだけど、612L-Tのチューブラモデルと用途がかぶってしまうので面白くない。

となると612UL-HSを低水温期やアミパターン用の1g前後のジグヘッド単体で使うようにしたらチューブラモデルとの使いわけが出来るようになる・・・・・・はず(笑)

 

ヌーボコルトプロトタイプ 612UL-HS

 

ということで612UL-HSを購入。

 

 

振った感じ「これでウルトラライトなの?」っていうくらい全体的に張りがあるので、メバルロッドのULなどをイメージしてたらかなり違ってくる(笑)

バランスは持ち重りもなく、振った感じの空気抵抗も少なくて非常にいい感じに出来ている。

612L-T,612UL-HS

 

ソリッドも細いけど硬くて張りがあっていい感じで、チューブラモデルとじっくり比較してみると「拘ってるな~」と感じる部分が見えてみたり。

久しぶりに「来たなコレ!」と感じたロッドですね!

しばらくアジングのジグヘッド単体はこの2本に活躍してもらいましょう♪

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

今回購入したヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのインプレ記事もありますので、よろしければ合わせてご覧ください!







-アジングロッド
-

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.