土肥富のジグフックを使ってボートロックフィッシュ用のジグヘッドを自作してみた

      2016/09/22

毎年夏恒例?になっているボートロックフィッシュに今年もお誘いして頂きました。

過去2回ボートロックフィッシュに連れてってもらった時は1人エサを使っておかず釣りに励んでいたけど、ルアーで釣るほうがサイズもいいのが多くなるので今年はルアーでも狙ってみます(笑)

ということで土肥富さんに送ってもらっていたマゴチ、ヒラメやボートロックフィッシュに使えそうなジグヘッドを自作するためのフックを使ってかなり重ためのジグヘッドを自作してみました。

 

 

土肥富 ジグフック

マゴチ、ヒラメなどのフラットフィッシュに使用したフックはジグフックの5340、3/0。

今回はボートロックフィッシュ用にそれよりも線径を太くしてさらに平打ち加工をしたジグフック5360の1/0、2/0、3/0の3種類を選択。

 

 

自作ジグヘッド 錘

自作ジグヘッド製作

錘は水深20m以上の場所などでも釣りになるように5号~12号までを用意。

ペンチでは力が足りないので今回もバイスで締めていく。フックと鉛の部分に隙間が少し残ってしまったけど、前回マゴチ、ヒラメ用で作ったやつは実釣でも鉛が外れたりすることがなかったので今回も大丈夫かなと。

 

自作ジグヘッド ボートロックフィッシュ

 

ワームキーパーもあったほうがよかったので、セキ糸を巻きつけて瞬間接着剤で固定して完成。

 

自作ジグヘッド ボートロックフィッシュ

水深が深いポイントが多いので10号前後をメインで作ったけど、5号前後の重さもあればよかったような気が・・・・。

とりあえず今回作った重さで試してみることにします!

 

 - タックル関係