愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

釣魚料理

高級魚のアカハタとオニカサゴの刺身を食べ比べてみた結果!!

投稿日:2016年7月26日 更新日:

注目記事一覧

1

今回はアジングに使っている超オススメの防寒グローブの話。 寒くなってくるこの時期、釣りの時の手の防寒でグローブを付けるようになるんですが、アジングの際に通常の防寒グローブを付けると感度が落ちてしまって ...

2

ラッシュヘッド開発経緯~ライトゲームタックルの進化~ ラッシュヘッドを製作するにあたって、「国内最高峰の技術を持つフックメーカー土肥富から見た近代ライトゲームにおいて必要なフックとはなにか??」という ...

3

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。 ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年ほど経ちました ...

4

ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが連発するようになったまではよかったけど、アタリがあっても思うように合わせが決まらずに、フッキング率が約50%と非常 ...

5

アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないですか? ある程度経験を積んでいくとアタリの感じ方で、「なぜアタリがあるけど掛からない?」という原因がわかってくると思います。 しかしアジ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン 「141シンカーアジング」 現在アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えばポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロロ、ナイロンなど ...

アカハタ オオモンハタ

釣りの後のお楽しみと言えば食べる事なわけで、釣れてくれた魚が滅多に食べれない高級な魚の時ほど、どのようにして食べるか悩んでしまうのです。

今回頭を悩ませたのは一番大きかったアカハタ。

刺身、酒蒸し、ムニエル、煮つけ、鍋など何にして食べようか悩んだ結果、片身を刺身にして半分は酒蒸しにすることに。

そして今回お土産に頂いたオニカサゴも刺身にしてみて、アカハタとどちらが美味しいか食べ比べをしてみることに。




アカハタの刺身

まずはアカハタの刺身から。

程よい弾力で身に甘みがあってめっちゃ美味しい。釣ってから2日間ほど潮氷の中で寝かせておいたので甘みが増したのかな?

メバルやカサゴの刺身も美味しいけど、それらよりもさらに上をいく感じの美味しさでした♪

 

オニカサゴの刺身

続いてオニカサゴの刺身。

刺に毒があるので手を刺されないように、刺を切ってさらに手袋をしてから捌くという徹底ぶり(笑)

かなり苦戦したけどなんとか刺身に出来ました。

さて、肝心のオニカサゴの刺身のお味はと言いますと・・・・・もう最高!

アカハタのような甘みはなかったけど、伊勢海老?のような感じでプリプリで歯ごたえも抜群!!

アカハタとオニカサゴどちらも甲乙付け難いくらいめっちゃ美味しかったけど、個人的にはオニカサゴの方が好みの味だったかな。

オニカサゴの刺身、これは嵌りました♪







-釣魚料理
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.