高級魚のアカハタとオニカサゴの刺身を食べ比べてみた結果!!

      2017/06/03

アカハタ オオモンハタ

釣りの後のお楽しみと言えば食べる事なわけで、釣れてくれた魚が滅多に食べれない高級な魚の時ほど、どのようにして食べるか悩んでしまうのです。

今回頭を悩ませたのは一番大きかったアカハタ。

刺身、酒蒸し、ムニエル、煮つけ、鍋など何にして食べようか悩んだ結果、片身を刺身にして半分は酒蒸しにすることに。

そして今回お土産に頂いたオニカサゴも刺身にしてみて、アカハタとどちらが美味しいか食べ比べをしてみることに。




アカハタの刺身

まずはアカハタの刺身から。

程よい弾力で身に甘みがあってめっちゃ美味しい。釣ってから2日間ほど潮氷の中で寝かせておいたので甘みが増したのかな?

メバルやカサゴの刺身も美味しいけど、それらよりもさらに上をいく感じの美味しさでした♪

 

オニカサゴの刺身

続いてオニカサゴの刺身。

刺に毒があるので手を刺されないように、刺を切ってさらに手袋をしてから捌くという徹底ぶり(笑)

かなり苦戦したけどなんとか刺身に出来ました。

さて、肝心のオニカサゴの刺身のお味はと言いますと・・・・・もう最高!

アカハタのような甘みはなかったけど、伊勢海老?のような感じでプリプリで歯ごたえも抜群!!

アカハタとオニカサゴどちらも甲乙付け難いくらいめっちゃ美味しかったけど、個人的にはオニカサゴの方が好みの味だったかな。

オニカサゴの刺身、これは嵌りました♪

 - 釣魚料理 ,