【ジグヘッド単体用アジングリール】04ステラ1000PGSDHと05イグジスト1003のライン巻き替え

      2016/08/11

約1年3か月ほどアジングのメインラインとして使ってきた141シンカーアジング0,2号。ジグヘッド1,5gを投げたらスプールの底が見えるようになってきたのでそろそろ巻き替え時かなと。

ついでにポリエステルも古くなってきてたので、この機会に一緒に巻き替えておきましょう。

アジングラインもポリエステルや編み糸でも色々と新製品が出ているので試してみたいんだけど、今回用意したラインは141シンカーアジング0,2号とアジングマスター0,2号。

 

アジングライン

シンカーアジングは前回巻き替えた時と同じくフジノラインにお願いしてラインカラーを夜間での視認性によい黄色に染めてもらい、長さを200m巻きにした特注品。

ポリエステルは土肥富のテストしているアイテムで必要なので珍しく0,2号を選択。

シンカーアジング0,2号は04ステラ1000PGSDHに巻き、アジングマスター0,2号は05イグジスト1003に巻いていく。

アジングリール

ここ数年アジングのジグヘッド単体で使っているのがこの2台のリール。

使い分けはそれぞれリールの重さが違うので、使用するアジングロッドのバランスがうまく取れるように使い分けをしている。あとは気分で選ぶことが多い(笑)

アフター終了になったリールも使っているので壊れた時の事を考えると、そろそろ新しいリールも考えないといけないかな。

候補が色々とあるのでしばらく悩んでみるとしましょう。

 - アジングロッド、アジングタックル