色々なメーカーの新製品を比較しにアジングへ行ってきた話!

      2017/06/28

今回は色んなメーカーさんから発売された新製品や、まだ使った事のなかったアジングジグヘッドを持ってアジングへ。

一時に比べたらアジングの新製品が出るのも少なくなってきた感はあるけど、まだまだ新製品が色々と出てきている。

当然それらの製品を使って性能を確認するということをやっておかないと、浦島太郎状態になってしまうので定期的にやるようにしている。





例えばリフト&フォールの釣り方でアジが食ってくる状況。Aの針だと掛かるけどBの針だと掛かりが悪い。

2つの針を比較するとシャンクの長さは同じだけどゲイプの幅が違う。

なのでゲイプの幅の違いでフッキング率が変わっているというのが分かり、今の状況だとAのフックのゲイプの幅の方が合っている。

という感じで比較すると1つの製品だけを使うよりも違いが分かりやすいので、この状況だとこの製品が合っているというのが見えてきやすい。

というわけで今回は数種類の新製品のアジングジグヘッドを用意。

面白かったのは5個入りのパッケージで、5個ともゲイプの幅やバーブの位置が違いどれが正規の寸法か分からないフック(笑)

針先が最初から潰れてしまってるフックもあったりとw

そこらへんは土肥富のようにJIS規格の認証を受けている工場で作った針、そうでない針で差があって当然なんだろうけど・・・・・。

こういったフックの形状がバラバラだったり、針先が最初から鈍ってたりすると当然釣果にも影響が出てくるわけで。

アジングって0,2gの重さの違いで釣果が変わる繊細な時もある釣りなんですね。

まぁそういう事は色んなメディアなどでずっと言われているので、ジグヘッドの重さを選ぶ時に0,2gの違いを気にする人も多いと思います。

しかし0,2gという僅かな重さの違いを気にするのなら、最初からフックの形状がバラバラだったり針先が鈍ってないかなども気にするようにしたらいいのにな~と思う。

自分の周りのよく釣ってる人達は、みんなそういう事は当たり前にやってますね。

一通り実釣で使ってみてチェックした後は普段のタックルに戻して、いつも通りのアジングに変更。

やはり色んなアイテムを定期的に比較してみると違いが出て面白いですね!!

 

 

レンジクロスヘッド

 

レンジクロスヘッド

■タックル

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ 612UL-HS
リール:04ステラ1000PGSDH×ソルティーバライト
ライン:141シンカーアジング0,2号
リーダー:バスザイル4lb
フック:土肥富/odz レンジクロスヘッド1,5g、新製品などのアジングジグヘッド4種類
ワーム:ネジネジ、ベビーサーディン

 - アジング, アジング攻略法