愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

アジング

赤潮による濁りアジング、ちょいと遠投してなんとかボーズ回避

投稿日:2016年8月22日 更新日:

注目記事一覧

1

今回はアジングに使っている超オススメの防寒グローブの話。 寒くなってくるこの時期、釣りの時の手の防寒でグローブを付けるようになるんですが、アジングの際に通常の防寒グローブを付けると感度が落ちてしまって ...

2

ラッシュヘッド開発経緯~ライトゲームタックルの進化~ ラッシュヘッドを製作するにあたって、「国内最高峰の技術を持つフックメーカー土肥富から見た近代ライトゲームにおいて必要なフックとはなにか??」という ...

3

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。 ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年ほど経ちました ...

4

ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが連発するようになったまではよかったけど、アタリがあっても思うように合わせが決まらずに、フッキング率が約50%と非常 ...

5

アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないですか? ある程度経験を積んでいくとアタリの感じ方で、「なぜアタリがあるけど掛からない?」という原因がわかってくると思います。 しかしアジ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン 「141シンカーアジング」 現在アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えばポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロロ、ナイロンなど ...

お盆は例年通り釣りはお休みして、過去記事をちょいちょいまとめて引っ越ししたり、釣り道具を片付けしたりとのんびり過ごしてリフレッシュ。

片付けついでにちょいとアジングロッドを水洗い♪最近買ったヌーボコルトプロトタイプは初洗いで鱗を丁寧に落としていく。ロッドに鱗がこびり付いているとなんか妙な安心感があるのであまり除けたくないんだけど匂いがちょっと気になる(笑)

 

そしてお盆明け。ロッドもきれいになった所でちょいとアジングへ。

比較的潮が流れる場所に入ってみるも思いのほか水の色が悪いく、赤潮のような感じで生命感が全く感じられない。

案の定全くアタリがない。念のためジグヘッドの重さを変えてワーム変えたりして丁寧に探ったけどアタリが何もないので見切って移動。

しかしこのエリアのほとんどが赤潮っぽい濁りになってて釣れる気がしない(笑)一番潮通しが良い場所に入るもここも同じような濁り。

とりあえず投げてみるもアタリが全くない。もう潔くボーズで帰ってもよかったけど、ちょいと沖の潮が通ってる場所を狙うためにジグヘッドを約3gに上げてやる。

レンジクロスフック

1投目でスコンとアタリがあってようやく1匹目を釣る事に成功。しかし連発するわけでもなくポツリポツリ釣れる程度。

水深の浅いポイントなので月の影響をもろに受けて魚が散ってるんだろうけど、回ってきたタイミングで釣れる感じ。ただ活性は高いので豆でもこの重さを丸のみで食ってくる!

 

R0023139

レンジクロスヘッド

愛媛アジング

 

なんとかツ抜けは達成!自作の3gを持って行ってなければボーズだったので危ない所だった。どうも海の酸素量が足りてないようなので一荒れきて海をかき混ぜて欲しいですな。

■タックル

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HS
リール:04ステラ1000PGSDH×ソルティーバ
ライン:シンカーアジング0,2号
リーダー:バスザイル4lb
フック:土肥富/odz レンジクロスヘッド1,0g~2,3g(プロト)レンジクロスフック
ワーム:アジリンガー、アジアダー、アジリンガーPro、ベビーサーディン







-アジング
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.