ジグ単、キャロ、フロートリグの3刀流で極寒の回遊待ちアジング!

      2017/01/20

今回はアジングへ行った話。

冬将軍という名の寒波がやってきて、とても寒い日が続いています。

大阪フィッシングショーも近くなり風邪をひいてもいけないので、家でおとなしく過ごそうかと思っていました。

しかし前回の月夜の回遊待ちの釣行の際に「他のリグも試しておいたらな~」などと考えていたら行きたくなったので、ふらっとアジングへ行ってきました。

前回と同じ漁港へ!

滅多に雪が降らない地域に住んでいるので車はもちろんノーマルタイヤ。

一度もスタッドレスを履いたことはありません(笑)

なので雪の情報を見て念入りに確認してから出発です。

同じポイントに連続で入るの事はあまりしないのですが、今回も同じ漁港を選択。

まずはレンジクロスヘッド1,8gから開始して数投で1匹目をキャッチ!

アジが居るのが確認できたけど前よりサイズダウン。

そして単発で釣れただけで、後が続かずに沈黙。

ジグヘッド単体を見切って、遠投して沖を狙い撃ちする作戦です。

自作フロートリグに変更!

ジグヘッド単体から自作フロートリグに変更して、ジグヘッドはレンジクロスヘッド1,5gをセット。

全層ホルダーを付けて全誘導式で縦のアクションで探っていきます。

前回の際にアジが回遊してきてヒットが多かった場所に長い時間留めてやります。

しかし10投ほどしてレンジを細かく刻んで探ってくるも反応がない。

「縦のアクションが合ってないのか、フロートリグの着水音でアジが散ってしまったのか」色々と原因は考えられる。

とりあえずフロートリグの縦のアクションをやめて、キャロの横のアクションに変更する。

 

タングステンキャロに変更!

タングステンキャロの3,5gを選択。

ジグヘッドはレンジクロスヘッド0,6gをセットする。

先ほどのフロートリグが縦のアクションなら、このタングステンキャロは横のアクション。

先ほどとは違うパターンに変えて、まずは表層から探っていく。

ジグヘッド単体と同じく2回ほどチョンチョンとやった後に食わせの間を入れて探っていく。

しかし数投しても反応がないので、カウント2ずつ細かく刻んで探っていく。

カウント6くらいで1回チョンと動かしてもう1回チョンっとやったら勝手に釣れていた・・・・。

釣った気がしないw

再現性を求めて同様に探ってくるもアタリが無い。

先ほどの釣れ方からシンカーの重さが足りてないのかと思い、5gに上げて探ってくるも全く反応がない。

ここでフロートリグ、キャロの飛び道具をあきらめジグヘッド単体に戻す。

結局ジグヘッド単体で回遊待ち

再びジグヘッド単体に戻す。

最初よりも少し軽いレンジクロスヘッド1,5gを選択して開始。

表層から探っていき底付近で久しぶりのアタリ!

 

しかし1匹釣れるもあとが続かずに沈黙。

忘れた頃にまた釣れてそしてすぐに沈黙する。

前回の時と同様に港内をぐるぐる回ってきて、回遊してきた時に釣れてくれる感じ。

時速数匹という超スローペースで釣っていき、最終的にネンブツダイが釣れ始めたタイミングで今回は終了でした。

 

ジグ単、キャロ、フロートの3刀流で極寒の回遊待ちアジング!まとめ

前回のアジングで、ジグヘッド単体で届かない範囲にアジの群れが居るような気がしたけど気のだったようで。

フロートリグ、キャロのどちらかで爆釣・・・のはずが結局一番釣ったのはジグヘッド単体でした(笑)

パターンもイマイチ掴めずに数もあまり釣れませんでしたが、1か所でじっくりと回遊待ちをしながら釣るのもいいですね!

他にもじっくり釣ってみたい場所があるので、ライトゲーム用ジグヘッドのM、Sサイズの各重さの最終チェックをしながら、また時間作って行ってみます。

 

■タックル

ロッド:ノクターンS69LS
リール:05イグジスト1003
ライン:シンカーアジング0,2号
リーダー:バスザイル4lb
フック:土肥富 レンジクロスヘッド
ワーム:アジリンガー、アジアダー、アジリンガーProなど

タックル②

ロッド:ソルティーセンセーション PSSS-78T
リール:16ナスキー2500HGS
ライン:G-Soul PE 0,3号
リーダー:リバージ8lb
飛び道具:自作フロート、タングステンキャロ
フック:土肥富 レンジクロスヘッド
ワーム:アジリンガー、アジアダー、ドットテールなど

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

この記事の他にも今回の釣行で使用したタックルインプレ記事など多数ありますので、よろしければ合わせてご覧ください!

 - アジング ,