愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

アジング

夏の産卵アジング~産卵に入ってきたばっかりのアジだったので結構簡単に釣れた件

投稿日:2017年7月13日 更新日:

注目記事一覧

1

今回はアジングに使っている超オススメの防寒グローブの話。 寒くなってくるこの時期、釣りの時の手の防寒でグローブを付けるようになるんですが、アジングの際に通常の防寒グローブを付けると感度が落ちてしまって ...

2

ラッシュヘッド開発経緯~ライトゲームタックルの進化~ ラッシュヘッドを製作するにあたって、「国内最高峰の技術を持つフックメーカー土肥富から見た近代ライトゲームにおいて必要なフックとはなにか??」という ...

3

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。 ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年ほど経ちました ...

4

ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが連発するようになったまではよかったけど、アタリがあっても思うように合わせが決まらずに、フッキング率が約50%と非常 ...

5

アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないですか? ある程度経験を積んでいくとアタリの感じ方で、「なぜアタリがあるけど掛からない?」という原因がわかってくると思います。 しかしアジ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン 「141シンカーアジング」 現在アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えばポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロロ、ナイロンなど ...

今回もアジングへ行った話。

夏アジも例年通り釣れ始めて、最近いい感じでアジの動きを掴めています。

土肥富のテストする製品があるので、手堅く同じ場所に入ってテストしても良かったのですが、他の場所の産卵で入ってくるであろうアジも気になる所。

ちょっとだけ迷ったけど、最近釣れていた場所とはちょっと違うポイントへ、夏の産卵アジを探しに行ってきました。




夏の産卵アジを狙う!

今回狙うのは夏の産卵のアジ。

アジが産卵に入ってくるような、潮が緩い湾をポイントとして選択。

高水温期に選択するようなポイントとは真逆ですね。

ポイントに到着して海面を確認してみると、たま~に小さいライズがある!!

これはアジが入っているっぽい。

テンション上げながら潮氷を作って、道具を準備する。

ロッドはヌーボコルトプロトタイプ612UL-HS、リールはオードラゴンを巻いた05イグジスト1003をセット。

ジグヘッドはフロードライブヘッド1,2gにワームはアジリンガー。

良い釣りができるように祈りながらの1投目!!

表層から1m位の範囲を通してくるようにイメージして釣っていく。

チョンチョンと小さめに動かしてから食わせの間~を入れて探る。

カサッと小さなアタリを感知して合わせを入れてバッチリ掛ける!!

1投目から釣れてくれてテンションアップ!

アジもよく肥えて、いい形をしていてさらにテンションアップ!

1投1匹とまではいかないけど、ポツポツといった感じで釣れてくれる。

食いがそんなに悪いわけではないので、アジが産卵に入ってきてから日が経ってないかなと。

と思ってたら「あれっ、釣れてたw」と言う感じで、感知できないアタリもチラホラと。

なんかオードラゴンさん、最初使った時よりもなんか感度が悪くなっているような気が・・・・。

ノーメンテで使ってるのがいけないのか(笑)

「やたら引くな~」と思ったらスレ掛かり。

さすが超鋭い針先のフロードライブヘッド、アジの胴体部にもスパッと刺さってます(笑)

オードラゴンとシンカーアジングの使い比べ!

ある程度釣ったところで、シンカーアジング0,2号を巻いた17スティーズにリールを交換。

ここ最近やっているオードラゴンとシンカーアジングの比較を、産卵のアジでやっていく。

アタリの出方、感知できる数など比較しながら、ポツポツと追加していく。

シンカーアジングとオードラゴン。

比重がほぼ同じ編み糸なので、オードラゴンもシンカーアジングと同じように使えるかな~と思っていたけど全くの別物ですね。

やはり比重は近くても素材が違うので、アタリの感知できる量、操作感などが全く違ってきます。

あとはオードラゴンでたくさん釣って、耐久性を調べないとな~。

そんな事を考えながら夏の産卵アジングを満喫しました♪

夏の産卵アジング~産卵に入ってきたばっかりのアジだったので結構簡単に釣れた件!まとめ

帰って捌いてみると卵もそんなに大きくなってなかったので、入ってきてからあまり日が経ってないアジでした。

ということは今回釣れたのでまた同じ所に入ると、アジが今回より産卵モードに入ってて一気に釣れなくなって、釣果が半減するパターンですね。

同じような経験したことがある人もいるはず(笑)

オードラゴンもシンカーアジングと比較しながら結構使ってみました。

気になっていた部分は比較できたので、後は耐久性がどうなるか気になる所。

次は普段よりドラグをちょっと締めて数釣ってみようと思います。

■タックル

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HS
リール:05イグジスト1003、17スティーズタイプⅰ
ライン:オードラゴン0,4号、シンカーアジング0,2号
リーダー:リバージ4lb
フック:土肥富/odz フロードライブヘッド1,2g
ワーム:アジリンガーなど







-アジング
-, , , ,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.