愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

アジング

大爆釣200匹超え!夏のアジングは数釣って楽しむ!

投稿日:2017年7月22日 更新日:

注目記事一覧

1

今回はアジングに使っている超オススメの防寒グローブの話。 寒くなってくるこの時期、釣りの時の手の防寒でグローブを付けるようになるんですが、アジングの際に通常の防寒グローブを付けると感度が落ちてしまって ...

2

ラッシュヘッド開発経緯~ライトゲームタックルの進化~ ラッシュヘッドを製作するにあたって、「国内最高峰の技術を持つフックメーカー土肥富から見た近代ライトゲームにおいて必要なフックとはなにか??」という ...

3

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。 ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年ほど経ちました ...

4

ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが連発するようになったまではよかったけど、アタリがあっても思うように合わせが決まらずに、フッキング率が約50%と非常 ...

5

アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないですか? ある程度経験を積んでいくとアタリの感じ方で、「なぜアタリがあるけど掛からない?」という原因がわかってくると思います。 しかしアジ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン 「141シンカーアジング」 現在アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えばポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロロ、ナイロンなど ...

今回もアジングへ行った話。

今年の夏は、いい感じでアジを見つけれています。

そんな中、土肥富の営業さんから「近々愛媛に仕事で行くから、夜に釣りと撮影をお願いします!」と連絡がありました。

最近のアジの釣れ方から、どのエリアに入るかはすぐに決まったのですが、その中でどのポイントがよく釣れるかはチェックしておきたい所。

と言うわけで、撮影の為のプラを兼ねてアジングへ行ってきました。




夕マズメはどうか??

まずは最近一番よかったポイントに入る。

日が長いので、仕事終わってからでも余裕で夕マズメに間に合うのがうれしい。

ロッドはヌーボコルトプロトタイプ612L-Tにオードラゴン0,4号を巻いた05イグジスト1003をセット。

フロードライブヘッド1,2gにワームはアジリンガーを付ける。

張り切って開始するも、何も釣れずにマズメは外した模様。

しばらく休憩してアジが入ってくるのを待つ。

「そろそろ入ってきたかな~」ってタイミングで再開。

潮がまだ低いので水深は3Mほどで、底は砂地に岩が点在する地形。

潮は緩やかに左から右に流れている。

潮上に投げて表層から探ってくるも、残念ながら反応が無い。

一気に底まで沈めて点在する岩の近辺を探ってくる。

1匹目が釣れてくれました。

同様に探ってくると再現性あり。

まとまった群れが入ってきたようで、1投1匹の連発!

ある程度釣ったところで、他の場所の確認の為に移動です。

ランガンしてアジ探し!

レンジクロスヘッド1,3gに変えて、目ぼしを付けていたポイントをテンポよく探っていく。

アジは入っていたら、ほぼ1投目でヒット!

アジの活性も高くていい感じで食ってくれます。

目ぼしを付けていたポイント全てで、アジが釣れてくれていい感じ。

やはりこのエリアにはアジが結構入っているみたい。

他に会った釣り人はエギングの人だけだったので、このエリアでアジが釣れている情報は多分出てないのでしょう。

ポイントサーチも完了したので、数釣りをして楽しむ事にする。

プラの時から全力でw夏アジ満喫!

色々回って一番よかったポイントに再び入る。

この場所で安定して釣れたフロードライブヘッド1,2gにアジリンガーの組み合わせに変更。

チョンチョンとやってからの食わせの間でスコンっと!!

夏って感じの食い方で気持ちいい!

アクションを入れる頻度を上げて、見切られないようにしてやると1投1匹で連発!

15連発もあったりして、あっという間に9リットルクーラーが一杯に。

「これだけ釣って撮影の時は大丈夫なのか?」と思ったけど、「プラの時から全力でやらないと本番で実力が出ないから!もっと釣れよ!」と心の声が聞こえた。

「営業のTさん、本番で釣れなかったらごめんなさいw」と少しだけ思いながら、予備の22リットルクーラーを出してくるw

そんな感じで釣っていき、オードラゴンの耐久性データーを取れるくらい数釣ってから、シンカーアジングに変えて、さらにハイペースで釣っていく。

手前のアジを釣ってアタリが減ってきたら、自作フロートに変えて沖のアジを釣っていく。

クーラーも少し余裕があって、いい感じで釣れ続けていたけど、残念ながら氷が溶けて少なくなってきた。

アジはまだまだ釣れていたけど、折角の獲物が傷んだらもったいないので終漁としました。

大爆釣200匹超え!夏のアジングは数釣って楽しむ!まとめ

今回もいい感じで数釣れてくれました!

200匹超えたのは久しぶりかな?

予定していたポイントの調査もバッチリできたし、オードラゴンの使い込み、土肥富の新製品のテストもいい感じで出来ました。

プラにしては釣り過ぎた気がするけど、まぁ他のポイントの魚はあまり釣ってないので大丈夫でしょう。

たぶんw

とか言いながら「本番で釣れなかったらどうしよう」とドキドキしているチキンな男ですw

■タックル

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ612L-T
リール:05イグジスト1003、17スティーズタイプⅰ
ライン:オードラゴン0,4号、シンカーアジング0,2号
リーダー:リバージ4lb
フック:土肥富/odz レンジクロスヘッド1,3gフロードライブヘッド1,2g、プロトフック
ワーム:アジリンガー、アジアダーなど

■タックル②

ロッド:ソルセンPSSS-73T
リール:17セオリー2004h
ライン:アップグレードPE0,2号
リーダー:バスザイル6lb
飛び道具:自作フロート
フック:土肥富/odz プロトフック
ワーム:アジリンガーなど







-アジング
-, , , , , ,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.