アカハタ、オオモンハタ狙いで愛媛ボートロックフィッシングを満喫♪

   

今回はボートロックに行った話。

毎年夏の恒例?になっているボートロックフィッシング。

今年もmtnさんに誘って頂いて、連れて行ってもらいました。

狙いはアカハタ、オオモンハタですが、個人的にはオニカサゴが食べたい(笑)

普段釣らない魚を狙うという事で、テンション上がりまくりなボートロックフィッシング!

さて、どうなるのでしょうか?



まずはエギングでお土産釣り!

ほぼ毎週沖に出ているmtnさんが、滅多にないと言うくらいのベタ凪!!

秋のエギングシーズンという事で、アカハタ狙いに行く前にエギングからスタート!!

秋の小イカ相手のボートエギングなので、ファーストフォールで抱いてくるくらい超イージーなエギングを期待する(笑)

しかし期待とは裏腹に、エギを投げても全く反応がないw

1杯くらいはエギについてくるだろうと思ってたら、まったくついてこずに無の時間が続くw

数か所回るも、イカの姿は全く見えずに心折れて、秋イカのボートエギングでまさかのボーズ。

やっぱりエギングは向いてないと思いつつ、アカハタ狙いのポイントへ移動です。

オオモンハタ、マハタ、ヤミハタの3種登場!!

ハタ狙い最初のポイントでは、mtnさんがオオモンハタを1匹釣ったのみ。

私はエソが釣れただけw

アタリが無くなったので他のポイントへ移動です。

ベタ凪おかげで、潮を被らずに移動できます(笑)

移動した先でもmtnさんがオオモンハタをキャッチ!!

続いて私も投げて底まで沈めてから、チョンチョンとやってからのカーブフォールでゴンッとアタリ!!

合わせを入れてから、根に入られないようにゴリ巻きで寄せてきて無事にキャッチ成功♪

 

良いサイズのオオモンハタでした♪

ジグヘッドは土肥富で開発中の、ロックフィッシュ用ジグヘッドのプロトを使用。

次に釣れてくれたのはマハタさん。

横でmtnさんはオオモンハタ、ヤミハタなど色々な種類を釣って行きます。

しばらくしてアタリが遠のいたので、カンパチ狙いに移動するも不発。

アカハタをまだ釣ってなかったので、次はアカハタ狙いに移動です。

アカハタ連発!!

最初に移動した先でmtnさんがオニカサゴをキャッチ!!

「いいな~いいな~」と連呼していたら私のクーラーに入れてくれましたw

しかし潮の流れが複雑で釣りにくく、早々に見切って別の場所に移動。

移動した先でファーストフォールでアカハタをキャッチ!!

どうやらこの場所にアカハタが居るようで、いい感じで連発します♪

投げて着底してからチョンチョンとやって巻くだけ。

そしてゴンッとアタリ!!

土肥富のプロトジグヘッドもいい感じで貫通しているので、掛けたあともバレにくくて安心感があります。

強度も50アップのアカハタ、オオモンハタが掛かっても余裕との事。

 

エギングタックルでPE0,6号を使用。

40mほど沖にキャストして水深約25mの底でアタリがあり、合わせを入れてもいい感じで貫通してくれています。

その後、リリースサイズを含めてアカハタを釣っていき、時合が過ぎてアタリが無くなった所で終了でした。

アカハタ、オオモンハタ狙いで愛媛ボートロックフィッシングを満喫♪まとめ

mtnさんに操船してもらったおかげて、オオモンハタ、アカハタ、マハタなど色んな種類のロックフィッシュを釣らせてもらいました。

mtnさん的にはイマイチな釣果だったようですが、私的には大満足で満喫できました!ありがとうございました♪

年に1度食べる機会があるアカハタやオニカサゴ!

どう料理して食べようかなという贅沢な悩みが続きそうです(笑)

 

今回、ずっとテストしてもらっていたロックフィッシュ用のジグヘッドを使ったのですが、とてもいい感じで仕上がってました。

50アップのハタ、不意の青物が掛かっても安心な太軸だけど、PE0,6号のエギングタックルでもきちんと刺さり込んでくれる。

きちんと刺さって貫通してくれるから、針ハズレによるバラシも少なくなる。

個人的にロックフィッシュだけでなく、フラットフィッシュでも使ってみたいですね。

発売はまだ来年以降になりますが、とても楽しみなジグヘッドです♪

■タックル

ロッド:スパイス86WR
リール:06セフィア2500SDH
ライン:PE0,6号
リーダー:ホンテロン4号
フック:土肥富/odz ロックフィッシュ用プロト15g~22g

 - ライトゲーム、フラット&ロックフィッシュ , , ,