【タチウオワインド用フック】ワインドクローが土肥富から登場!!

   

関西を中心に老若男女問わず大人気のタチウオワインド。

私は過去に挑戦したけど、筋肉痛になってすぐに挫折した苦い経験があります(笑)

 

しかしそんな私とは違って土肥富の社員さん達は、タチウオワインドをかなりやり込んでいます。

そしてタチウオワインドをやり込んでいる社員さんたちが開発した、タチウオワインドがもっと楽しくなるフックが、土肥富より数年間のテストを経てついに発売になります。




タチウオワインド用フック ワインドクローとは?

ワインドクローとはタチウオワインド用に開発されたフックです。

 

タチウオワインドはワインド用のジグヘッドのフロントにトリプルフックが付いたものが一般的ですが、ワインドクローはフロントフックを外して、リアにダブルフックを付けるようになります。

ワインドクロー開発コンセプト

朝、夕方のマズメ時にタチウオを効率よく釣る為のフック。

そして女性や子供の力でもフッキング率が高く、刺さりやすいフックをコンセプトに開発をスタートしました。

 

特にこだわったポイントは3つ。

 

1、セッティングが簡単

2、軽い力でフックアップが可能

3、バレ難い形状

 

特にこの3つのポイントに重点を置いて開発、テストを繰り返してきました。

 

1、簡単セッティングでタチウオの短い時合を逃さない!!

市販されているワインド用のジグヘッドに標準で付いているスプリットリングで装着できて、ワインドクローのフックキーパーである小針をワームに刺すだけで、セットが完了します。

 

このフックキーパーになる小針の工夫した点は、まず「発光体」「ワインドヘッドの軸」に干渉しない位置、高さに設計。

次に角度をアクション時にはワームから外れることは無く、タチウオが掛かったときに外れる様に設計しています。

この「ワームからフックが外れる」という事が大切で、自在にフックが動くことでタチウオの動きに追従しやすくなりバラシの軽減に繋がりました。

また、ワームへのダメージが少なくて長持ちするように、何度も何度も角度調整を繰り返し、しっかりと固定されながらも刺し込み部のワームへのダメージを軽減する事に成功しました。

 

そして、キーパーを刺すだけのワンタッチセッティングで手返しが良くなり、タチウオの短い時合いを逃すことなく釣りを楽しむことが出来ます。

 

2「軽い力でフックアップが可能」

 

従来のワインド用フックより「細軸」+「マイクロバーブ」の組み合わせにしたことで、フッキング時の抵抗を減らし抜群の貫通性能を実現。

軽い力でもフックアップが可能になりました。

焼き行程にもこだわり強度を確保、細軸ながらも強く粘り強いフックに仕上がりました。(現代の主流であるPE0.8号前後のタックルを想定)

テスト釣行ではショアからドラゴンサイズF5サイズを抜き上げています。

この中にある、焼き工程にも拘りの強度を確保とありますが、フックを作る時の工程で、焼き入れ、焼き戻しという工程があります。

最初は手で簡単に曲げれるくらい柔らかい状態から形にしていくのですが、フックの強度を出す工程が、焼き入れ、焼き戻しという作業になります。

 

焼き入れの工程で鉄に焼きを入れて硬くして強度を出す。

焼き入れで硬くするだけでは、簡単に折れてしまうので、焼き戻しという工程でフックに粘りが出るように調整する。

この工程が非常に難しくて、熟練の職人さんによる経験が重要になってきます。

 

日本には四季があり、季節によって気温、湿度などが変わってきます。

その日の気温や湿度、また材料の質などに合わせて、素材の能力を最大限に引き出せるように、焼き入れ、焼き戻しの温度、時間など微調整が必要になってきます。

その部分を何度も調整して、ワインドクローの能力を最大限引き出すことに成功しています。

 

3「バレ難い形状」

何度も現場へ足を運びテストを行いました。

ファーストプロトから始まり、アタっても弾いてしまって乗らない。

フッキングが決まりやすくなったが、ファイト中や抜き上げ時にバレる等々…。

それなら、ダブルフック間の角度は?線形は?ゲイプ幅は?数々の課題が生まれる度に意見をまとめ、それを元にプロトを作製し改善を繰り返していき、今の形状へ辿り着きました。

 

そのフックの特徴ですが、下図を見てもらうと伝わりやすいかと思います。

針先をストレート先(1)にし、フックのボトムから針先に対しての角度を鋭角(2)に設計。

ダブルフック間の角度を狭め、ワイドゲイプにし針先を内へ入れたことでフッキングパワーを伝えやすくフックの奥深くへスムーズに刺すことが可能になりました。

針先部全体をストレートにせず角(3)を作ったことで、ワームから小針が外れテンションが掛かっている状態の時、タチウオをボトム部で保持しやすくなりホールド力が向上。

ファイト中のバレを激減させることが出来ました。

このフック形状はフィッシングショーの時に、開発を担当していた方から話を聞きましたが、本当に苦労したみたいですね。

力をスムーズに伝えて、スパッとタチウオに刺さるための針先の角度などの形状。

ダブルフックの間の感覚の調整。

エギングロッドや1号以下のPEラインのパワーでも刺さる線径。

フッキング率が高くなるゲイプ幅や形状。

 

などなど、テストを開始して問題点が出てくる。

その問題点を解決したら、また次の問題点がでてくる。

どんどん出てくる問題点に頭を悩ませながらも、試行錯誤を繰り返して作り込みをしていったそうです。

 

フロントフックがないけどフッキングは?

フロントフックが無く、フックが2本しかないのでタチウオに刺さり難いんじゃないか?と思われると思いますが、ワイドゲイプにしたことでタチウオの口先から目に近いところまでフックが当たる面が増えたことで高確率でフックアップさせることが可能になっています。

針が少ないので、タチウオを外し易く手間にならない事も手返しの良さに繋がっています。

小さいサイズから大きいサイズ、低活性な時でもフックアップさせやすいフックになりました。

 

 

ワインドクローのセッティング方法

①市販されているワインド用ヘッドに付属しているトリプルフックを取り外し、2本の針が下を向くようにワインドクローを取り付けます。(トリプルフックが付いていなければスプリットリングにワインドクローをセットしてください!)

②ワームを装着し、上を向いているワームキーパーをワームに刺して固定します。

※この時、スプリットリングとフックが弛んだ状態になっているとダートアクションのキレが悪くなるので、適当なテンションを保って接するようにセットしてください。

 

セット時のコツですが、下図のようにワームを少し曲げてセットするとフックが弛まないようにセットできます!

タチウオワインド用フック ワインドクローの発売時期は?

ワインドクローの発売は10月中旬を予定しています。

土肥富の製品は全国どの釣具店様でも取扱い可能です。

もし行きつけの店に置いてない場合は、店員さんに聞いてみてください。

 

参考サイト

文章、画像引用、参考にしたサイトです。

 

土肥富スタッフブログ

 

 - イベントのお知らせ、雑記, タックル関係, ライトゲーム、フラット&ロックフィッシュ ,