この記事を書いた人

あおむし/矢野。愛媛県在住。国内最古の針屋、土肥富のテスター。レンジクロスフック、レンジクロスヘッド、フロードライブヘッド、ラッシュヘッドの設計、テストを担当。アジングで累計20000匹以上のアジを釣った経験を元に、より多くのアジを釣るための情報を発信しています。

>>管理人の詳しいプロフィールはこちら<<

アジングロッド メバリング

自作トルザイトリング搭載ロッドの欠点とプロトフックテスト

今回は、トルザイトリングを搭載した自作のアジングロッドの欠点と土肥富のフックテスト話。

 

メバルシーズンもそろそろ終了ということで、土肥富のフックテストも追い込みをきちんとやっておきたいところ。

友人に借りているトルザイトリングを搭載した自作ロッドのテストも同時にやっておこうと思い、メバル狙いに行ってきました。

 




まずはプロトフックのテストから

wbnsuhyxrygkn7w2ho78_480_320-0b12c5a4

最近は多数のプロトを持ち込んで、色々なシチュエーションでキャストしては針先の持ちなどの耐久性の確認テストをやってます。特に魚を釣るのが目的ってわけじゃなく、地道にコツコツと色々なデーターを取る作業。こういうの好きなんです。

 

その合間にちょいと潮のタイミングがよかったので、メバル釣りへ。

 

潮も高く「特に場所を絞らなくてもいいかな?」と思ってたけど、明かりにはメバルどころか小アジも付いてない状態。

「ならば闇に付いているかな?」と暗い場所に行くとポツポツメバルがヒット。

 

しばらくしていると1発良いサイズを掛けたんだけど、藻に巻かれてバラシ。特にサイズを狙ってたわけじゃなかったので構えてなかったんだけど、こういう魚を確実に取れない所がまだまだだな~と。

 

愛媛メバル

■タックル

ロッド:マタギブランク76
リール:05イグジスト2004、07ソアレ2500HGS
ライン:シンカーアジング、PE各種
リーダー:バスザイル6lb
フック:土肥富 プロト各種
ワーム:ネジネジ、アジリンガー

 

※このプロトフックはすでにテスト完了。ラッシュヘッドとして発売中です!

 

関連記事 【土肥富 ラッシュヘッド開発ストーリー】~ライトゲーム究極のスタンダードを追求~

 

トルザイトリング搭載の自作ロッドを使って気になった点

最近テストに使ってるロッドは、借り物の自作ロッド。

 

ブランクはマタギの76だったかな?にトルザイトリングを搭載したもの。感度も非常によく、張りのあるブランクもいい感じで、個人的には好きな感じに仕上がってます!

 

その自作のトルザイトリングを搭載したロッドと、市販品のSICガイド搭載のロッドと比較して「何か違うな~」と感じたのは飛距離の低さと糸鳴りの大きさ。

 

まずは飛距離。

キャストしてからガイドの抵抗が大きいのか急激に失速していくことがありました。

「ラインの真円が出ていないのでガイドの接地面積が増えた分、抵抗が大きくなって失速しているのか?」と思い各メーカーのPEラインなど試してみたけど、それほど大きな違いは感じられず。

PEなどの編糸だと真円度の高さに変わらず、ガイドとの接地面が大きくなった影響を受けて失速するのかなと。

もしくはガイドセッティングの問題のどちらかでしょう。

 

もう1つは糸鳴り

 

最初はSiCと比較してちょっとノイズ(糸鳴り)が大きいかなと思う程度だったけど、途中から「ギィ~」とバイオリンを弾いてるような強烈な糸鳴りと振動が右手に伝わる時がありました(笑)

 

ロッドの先からリグの位置までの縦の角度、キャストした後に構えてるロッドの向きとリグの位置の横の角度がある一定の時に潮の抵抗が加わるとそのような糸鳴りの現象が起きる事が多かったような気が。

 

巻きの釣りをすると「ギイ~」と糸鳴りがするとは聞いてたのですが、巻かなくてロッドを立てながら食わせの間を入れるだけでも「ギィ~」と、かなりの糸鳴りがする事もあったのでびっくり。

 

これだけ糸鳴りがすると実釣ではかなりストレスを感じますし、糸鳴りがしていると魚が嫌がっているのか、アタリが遠のきます。

糸鳴りが発生している場合はアタリが無し。糸鳴りが無い場合はアタリがある、といった状況がよくありました。

 

今回の検証結果をビルダーさんに伝えたので、今後どのように進化させるのか楽しみです!

アジングで釣果アップする為のノウハウ、アジングイノベーション販売中

矢野が2万匹以上のアジを釣って研究した、ブログでは書けないもっと多くのアジを釣るための実釣テクニック」、「ポイントの選び方などのコツ」など、アジングで釣果アップするためのノウハウを纏めたコンテンツを販売しております。

即効性のある実釣テクニックを紹介した無料体験版もダウンロードできますので、興味のある方はこちらからどうぞ!!

アジングイノベーション【無料体験版あり】

 

YouTubeもやってます



ブログのテキストでは伝えにくい内容を動画で紹介できたらと思い、YouTubeで矢野のアジングチャンネルを運用しています。

累計20000匹以上のアジを釣った経験をもとに、釣果アップするためのタックル選定や釣り方などの、初心者から経験者まで楽しめるマニアック内容をお話していますので、ぜひチャンネル登録お願いします。

 

>>矢野のアジングチャンネル<<

注目記事一覧

1

こんにちは、矢野です。   今回は僕がアジングで 2万匹以上のアジを釣った 基本的な釣り方を ロッドワークを交えながら 動画で紹介します。   今回の記事は YouTubeに公開し ...

2

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

3

こんにちは、矢野です。   今回はアジングジグヘッドの 選び方のコツについて かなり深い部分まで掘り下げて 紹介します。     アジングが流行り始めて、 多くのメーカー ...

4

冬のアジング。 北西の季節風が吹き、海が荒れるたびに水温が下がってアジの活性も低くなっていく。秋のハイシーズンのような激しい食い方とは一転して、シビアな状況が多くなる時期。   アジが付きや ...

5

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

6

アジングで防寒グローブを使うと、 「手の感度が落ちてアタリが取りにくくなって釣果が落ちる」と 悩んでいるアジンガーのあなた!   実は感度を落とさずに防寒もできる、 アジングに超おすすめの防 ...

7

こんにちは、矢野です。   今回はアジングのメインラインとして よく使われるようになった、 エステルラインのメリット、デメリットと おすすめのエステルラインを紹介します。   ジョ ...

8

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

9

こんにちは、矢野です。   今回は僕が1万匹以上のアジを釣った おすすめのワームを紹介します。   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、 もうかなりの種類が発売されています ...

10

こんにちは、矢野です。   今回は20コルトUX 612L-HSのインプレになります。   2020フィッシングショー大阪で触った 20コルトUXの各シリーズ。   発売 ...

-アジングロッド, メバリング
-,

© 2020 あおむしの釣行記4