愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

本日よく読まれている記事

アジングロッド メバリング

自作トルザイトリング搭載ロッドの欠点とプロトフックテスト

投稿日:2015年6月21日 更新日:

今回はトルザイトリングを搭載した自作のアジングロッドの欠点と土肥富のフックテスト話。

メバルシーズンもそろそろ終了ということで、フックテストも追い込みをきちんとやっておきたいところ。

友人に借りているトルザイトリングを搭載した自作ロッドのテストも兼ねて、メバル狙いに行ってきました。




まずはプロトフックのテストから

wbnsuhyxrygkn7w2ho78_480_320-0b12c5a4

最近は多数のプロトを持ち込んで、色々なシチュエーションでキャストしては針先の持ちなどの耐久性の確認テスト。

特に魚を釣るのが目的ってわけじゃなく、地道にコツコツと色々なデーターを取る作業。こういうの好きなんです。

その合間にちょいと潮のタイミングがよかったのでメバル釣りへ。

潮も高く特に場所を絞らなくてもいいかな?と思ってたけど明かりにはメバルどころか小アジも付いてない状態。

なら闇かなと暗い場所に行くとポツポツメバルがヒット。

しばらくしていると1発良いサイズを掛けたんだけど、藻に巻かれてバラシ。

特にサイズを狙ってたわけじゃなかったので構えてなかったんだけど、こういう魚を確実に取れない所がまだまだだな~と。

 

愛媛メバル

■タックル

ロッド:マタギブランク76
リール:05イグジスト2004、07ソアレ2500HGS
ライン:シンカーアジング、PE各種
リーダー:バスザイル6lb
フック:odz プロト各種
ワーム:ネジネジ、アジリンガー

 

トルザイトリング搭載の自作ロッドを使って気になった点

最近テストに使ってるロッドは借り物の自作ロッド。

ブランクはマタギの76だったかな?にトルザイトリングを搭載したもの。

感度も張りもいい感じで出てて個人的には好きな感じに仕上がってます!

 

SICガイドと比較して「何か違うな~」と感じたのは飛距離の低さと糸鳴りの大きさ。

まずは飛距離。

キャストしてからガイドの抵抗が大きいのか急激に失速していくことがありました。

ラインの真円が出ていないのでガイドの接地面積が増えた分、抵抗が大きくなって失速しているのかと思い、PEラインなどを色々と試してみたけどそれほど大きな違いは感じられず。

PEなどの編糸だと真円度の高さに変わらず、ガイドの接地面が大きくなった影響を受けて失速するのかなと。

もしくはガイドセッティングの問題のどちらかでしょう。

 

もう1つは糸鳴り。

最初はSiCと比較してちょっとノイズ(糸鳴り)が大きいかなと思う程度だったけど、途中から「ギィ~」とバイオリンを弾いてるような強烈な糸鳴りと振動が右手に伝わる時がありました(笑)

ロッドの先からリグの位置までの縦の角度、キャストした後に構えてるロッドの向きとリグの位置の横の角度がある一定の時に潮の抵抗が加わるとそのような糸鳴りの現象が起きる事が多かったような気が。

巻きの釣りをすると「ギイ~」と糸鳴りがするとは聞いてたのですが、巻かなくてロッドを立てながら食わせの間を入れるだけでも「ギィ~」と、かなりの糸鳴りがする事もあったのでびっくり。

これだけ糸鳴りがすると実釣ではかなりストレスを感じます。

自作トルザイトリング搭載ロッドの欠点とプロトフックテストまとめ!

これらの2つ現象がトルザイトの影響なのか、自作ロッドのガイドセッティングの問題なのか気になるところだけど、明らかにこれらはSICのガイドと比較してデメリットになる部分ですね。

市販品のロッドでもトップガイドだけSICを採用しているロッドもあったりするので、今回感じたようなトルザイトを使うデメリットもあるのでしょう。

市販品のトルザイト搭載ロッドをまだ使った事がないので、使ってみて比較してみたいですね。







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。それから7年ほ ...

2

今回は通常のアジングワームにガルプの匂いを付ける話。   低水温期や産卵期など、アジの活性が低い時によく効果があるのがワームの匂い。現在発売されているアジングワームには、一部を除いてほとんど ...

3

  【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。ほんと色んな種類のアジングジグヘッド ...

4

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

  今回は産卵期のアジングへ行った話。   前回のアジング釣行ではいい感じの群れを見つけて、久しぶりにいい釣りが出来ました。定番の刺身や寿司にしたりして食べたのですが、脂も良く乗っ ...

7

今回はオリムピックさんのアジングロッド、ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのインプレ記事。 頑張って書いたインプレ記事よりも【アジングロッドを買いました!!】という記事の方がアクセスが良い場合も ...

8

今回はアジを美味しく食べる為に欠かせない、アジの締め方の話。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1匹きちんと締め ...

9

  数年前からヨツアミさんのカタログに「シンキングPEラインを開発中」と出ていたのを見つけていて、気になっていたオードラゴン。今まで編み糸で比重が1,4くらいあるのは、フジノラインさんから発 ...

10

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】 アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品のアジングワーム ...

-アジングロッド, メバリング
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.