愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

アジングロッド メバリング

自作トルザイトリング搭載ロッドの欠点とプロトフックテスト

投稿日:2015年6月21日 更新日:

今回はトルザイトリングを搭載した自作のアジングロッドの欠点と土肥富のフックテスト話。

 

メバルシーズンもそろそろ終了ということで、土肥富のフックテストも追い込みをきちんとやっておきたいところ。

友人に借りているトルザイトリングを搭載した自作ロッドのテストも同時にやっておこうと思い、メバル狙いに行ってきました。

 




まずはプロトフックのテストから

wbnsuhyxrygkn7w2ho78_480_320-0b12c5a4

最近は多数のプロトを持ち込んで、色々なシチュエーションでキャストしては針先の持ちなどの耐久性の確認テストをやってます。特に魚を釣るのが目的ってわけじゃなく、地道にコツコツと色々なデーターを取る作業。こういうの好きなんです。

 

その合間にちょいと潮のタイミングがよかったのでメバル釣りへ。

 

潮も高く特に場所を絞らなくてもいいかな?と思ってたけど明かりにはメバルどころか小アジも付いてない状態。

ならば闇に付いているかなと暗い場所に行くとポツポツメバルがヒット。

 

しばらくしていると1発良いサイズを掛けたんだけど、藻に巻かれてバラシ。特にサイズを狙ってたわけじゃなかったので構えてなかったんだけど、こういう魚を確実に取れない所がまだまだだな~と。

 

愛媛メバル

■タックル

ロッド:マタギブランク76
リール:05イグジスト2004、07ソアレ2500HGS
ライン:シンカーアジング、PE各種
リーダー:バスザイル6lb
フック:土肥富 プロト各種
ワーム:ネジネジ、アジリンガー

 

トルザイトリング搭載の自作ロッドを使って気になった点

最近テストに使ってるロッドは、借り物の自作ロッド。

 

ブランクはマタギの76だったかな?にトルザイトリングを搭載したもの。感度も非常によく、張りのあるブランクもいい感じで、個人的には好きな感じに仕上がってます!

 

その自作のトルザイトリングを搭載したロッドと、市販品のSICガイド搭載のロッドと比較して「何か違うな~」と感じたのは飛距離の低さと糸鳴りの大きさ。

 

まずは飛距離。

キャストしてからガイドの抵抗が大きいのか急激に失速していくことがありました。

ラインの真円が出ていないのでガイドの接地面積が増えた分、抵抗が大きくなって失速しているのかと思い各メーカーのPEラインなど試してみたけど、それほど大きな違いは感じられず。

PEなどの編糸だと真円度の高さに変わらず、ガイドの接地面が大きくなった影響を受けて失速するのかなと。

もしくはガイドセッティングの問題のどちらかでしょう。

 

もう1つは糸鳴り

 

最初はSiCと比較してちょっとノイズ(糸鳴り)が大きいかなと思う程度だったけど、途中から「ギィ~」とバイオリンを弾いてるような強烈な糸鳴りと振動が右手に伝わる時がありました(笑)

ロッドの先からリグの位置までの縦の角度、キャストした後に構えてるロッドの向きとリグの位置の横の角度がある一定の時に潮の抵抗が加わるとそのような糸鳴りの現象が起きる事が多かったような気が。

巻きの釣りをすると「ギイ~」と糸鳴りがするとは聞いてたのですが、巻かなくてロッドを立てながら食わせの間を入れるだけでも「ギィ~」と、かなりの糸鳴りがする事もあったのでびっくり。

これだけ糸鳴りがすると実釣ではかなりストレスを感じますし、糸鳴りがしていると魚が嫌がっているのか、アタリが遠のきます。

糸鳴りが発生している場合はアタリが無し。糸鳴りが無い場合はアタリがある、といった状況がよくありました。

 

 

トルザイトの糸鳴りは市販のロッドでも起こる(追記)

この記事を書いた後に市販品のトルザイト搭載のアジングロッドを色々と使いました。

 

結論からいうと、市販品でもトルザイトを搭載したロッドで糸鳴り、飛距離低下するものがあります。酷いものでは5万円を超えるロッドでも、糸鳴りが激しくするロッドもありました。

そのメーカーさんに「糸鳴りが激しいんですけど・・・」と聞いたら、そんな事ないですと認めませんでしたね。でもそのメーカーさん、いつの間にかトルザイトリングをやめてSIC-Sに変更していますね(笑)

 

糸鳴り以外にも、トルザイトリングを搭載したロッドだとライン劣化が早いですね。ラインとガイドが当たる面積が多くなったので熱を持ちやすくなり、それが原因でラインの劣化が早くなっているのかなと。

特にトップガイドがトルザイトになっているロッドは、エステル、PEラインなどSICと比べて劣化が早いと感じます。

エステルはチリチリになったり白濁しやすかったり。最初はなんでかな?と思いましたが、SICのロッドと使い比べたら、劣化のスピードが違ってよくわかりました。

 

ガイドセッティングやブランクとの相性で、糸鳴り、飛距離低下、ラインの劣化が早いもの、そうでないものがあると思いますが、最近ではトップガイドだけSICを搭載したロッドなどもあり、ロッドメーカーもトルザイトリングが悪さをしていると感じているみたいですね。

 

トルザイトリングの登場で、ライトゲーム関係のロッドはすべてトルザイトリングになるかな?と最初は思いましたが、デメリットの要因が大きいので、今のところそうでもなさそうです。

 







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 フロロ、PE ...

2

今回は新しく発売になったニューガルプのインプレ、アジの種類によるガルプの効果の違いの紹介という、ちょっとマニアックな話です。     汁物系ワーム代表のガルプ。アジがめっちゃ釣れる ...

3

長年、虫よけスプレーで悩んでいましたが、めっちゃいい虫除けスプレーがありました。 夏の夜釣り、カブトムシ、クワガタ取りなどの山遊びなどの時に、この虫よけスプレーを使ったら蚊、ブヨなどに悩まされる事がな ...

4

今回は夏のアジングのポイント選びのコツと、夏アジングでジグヘッドの重さを選ぶときの注意点のお話です。   夏のアジング。一部エリアではまだ産卵のアジも釣れますが、産卵から回復したアジやベイト ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン「141シンカーアジング」   現在、アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えば、ポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロ ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

9

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品の ...

10

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

-アジングロッド, メバリング
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.