愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

タックル関係

土肥富のジグフックを使ってマゴチ、ヒラメ用にジグヘッドを自作してみた!

投稿日:2016年5月30日 更新日:

注目記事一覧

1

  【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】 アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。   ほんと色んな種類のアジングジグヘッ ...

2

今回はアジングに使っている超オススメの防寒グローブの話。   例年どおり寒くなってきて、防寒具の用意を始めるこの時期。 手の防寒でグローブを付けるようになるんですが、アジングの際に通常の防寒 ...

3

今回はモーリスさんのアジングロッドTFL-63Sの話。   ついに待望のTFL-63Sがモーリスさんから発売になりました! ウエダ時代のTFL-63Sは現在各メーカーさんから出ているアジング ...

4

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年 ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。   色んなメーカーさんからフロートリグが発売されているけど、市販のフロートリグはいい値段。   なの ...

6

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】 アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。 新製品のアジングワー ...

7

数年前からヨツアミさんのカタログに「シンキングPEラインを開発中」と出ていたのを見つけていて、気になっていたオードラゴン。 今まで編み糸で比重が1,4くらいあるのは、フジノラインさんから発売されている ...

 

一部の自作ジグヘッドマニアの方以外にはあまり知られてないんですが、実は色んな種類の自作ジグヘッド用のフックが土肥富にはあるんです。

しかもかなりお得な価格で!!

 

 

今年は時間があれば、久しぶりにマゴチやヒラメも狙ってみたいな~と思い、ちょっとジグヘッドを自作することに。

ホームページで大きさや線径などを調べてみてフラットフィッシュに使えそうなやつを送ってもらいました。

 

IMG_4625

選択したのはJig Hook140 №5340 大きさは3種類。

 

大きさや線径などを見て、3/0のサイズがちょうどいいかな?と感じたのでとりあえず3/0のサイズで作ることにする。

 

まず作りたい重さのガン玉を用意ってことで、3号~5号(約12g~20g)までの重さを用意する。

 

今回用意した鉛、それそれ表示されてある重さで作ってから割りを入れてあるみたいで、割りの部分の重さが削れて無くなっているので実際よりもちょっと軽めになっている。(3号が10gしかないといった感じ)

ガン玉大

 

このサイズの鉛はさすがにペンチでは力が足りないのでバイスで締めていく。

 

自作ジグヘッド マゴチ

バイスで締めたら、かなりきつくしまって動きそうになかったので、接着剤は無しでやってみる。

 

使っていて鉛が動いたり外れたりするようなら、今度から接着剤で固定する予定。

 

結構力がいる作業で疲れたけど、とりあえず3号、4号、5号の重さで10個作ってみた。

 

 

土肥富 ジグフック

ワームキーパーなど付けた方がよさそうだけど、とりあえずこれで使ってみて気になる点が出てきたら色々と改良してみる予定。

このくらいの線径と針先だとおそらくエギングタックルでも使えそうな感じ。

というかフラットのタックルを持ってないので使えないと困る(笑)

 

さてフックの準備もできたところで、後は釣るだけだ!!







-タックル関係
-

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.