愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

タックル関係

土肥富のジグフックを使ってボートロックフィッシュ用のジグヘッドを自作してみた

投稿日:2016年7月19日 更新日:

注目記事一覧

1

  【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】 アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。   ほんと色んな種類のアジングジグヘッ ...

2

今回はアジングに使っている超オススメの防寒グローブの話。   例年どおり寒くなってきて、防寒具の用意を始めるこの時期。 手の防寒でグローブを付けるようになるんですが、アジングの際に通常の防寒 ...

3

今回はモーリスさんのアジングロッドTFL-63Sの話。   ついに待望のTFL-63Sがモーリスさんから発売になりました! ウエダ時代のTFL-63Sは現在各メーカーさんから出ているアジング ...

4

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年 ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。   色んなメーカーさんからフロートリグが発売されているけど、市販のフロートリグはいい値段。   なの ...

6

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】 アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。 新製品のアジングワー ...

7

数年前からヨツアミさんのカタログに「シンキングPEラインを開発中」と出ていたのを見つけていて、気になっていたオードラゴン。 今まで編み糸で比重が1,4くらいあるのは、フジノラインさんから発売されている ...

 

毎年夏恒例?になっているボートロックフィッシュに今年もお誘いして頂きました。

 

過去2回ボートロックフィッシュに連れてってもらった時は、1人エサを使っておかず釣りに励んでいたけど、ルアーで釣るほうがサイズもいいのが多くなるので、今年はルアーでも狙ってみます(笑)

 

ということで土肥富さんに送ってもらっていた、マゴチ、ヒラメやボートロックフィッシュに使えそうなジグヘッドを自作するためのフックを使って、かなり重ためのジグヘッドを自作してみました。

 

土肥富 ジグフック

マゴチ、ヒラメなどのフラットフィッシュに使用したフックはジグフックの5340、3/0。

今回はボートロックフィッシュ用にそれよりも線径を太くしてさらに平打ち加工をしたジグフック5360の1/0、2/0、3/0の3種類を選択。

 

自作ジグヘッド 錘

自作ジグヘッド製作

 

錘は水深20m以上の場所などでも釣りになるように5号~12号までを用意。

ペンチでは力が足りないので今回もバイスで締めていく。

フックと鉛の部分に隙間が少し残ってしまったけど、前回マゴチ、ヒラメ用で作ったやつは実釣でも鉛が外れたりすることがなかったので、今回も大丈夫かなと。

 

自作ジグヘッド ボートロックフィッシュ

 

ワームキーパーもあったほうがよかったので、セキ糸を巻きつけて瞬間接着剤で固定して完成。

 

自作ジグヘッド ボートロックフィッシュ

 

 

水深が深いポイントが多いので10号前後をメインで作ったけど、5号前後の重さもあればよかったような気が・・・・。

とりあえず今回作った重さで試してみることにします!

 







-タックル関係

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.