愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

アジングロッド

【ギガアジにおすすめ】ソルティセンセーション PSSS-73Tのインプレ!

投稿日:2016年6月1日 更新日:

注目記事一覧

1

今回はアジングに使っている超オススメの防寒グローブの話。 寒くなってくるこの時期、釣りの時の手の防寒でグローブを付けるようになるんですが、アジングの際に通常の防寒グローブを付けると感度が落ちてしまって ...

2

ラッシュヘッド開発経緯~ライトゲームタックルの進化~ ラッシュヘッドを製作するにあたって、「国内最高峰の技術を持つフックメーカー土肥富から見た近代ライトゲームにおいて必要なフックとはなにか??」という ...

3

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。 ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年ほど経ちました ...

4

ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが連発するようになったまではよかったけど、アタリがあっても思うように合わせが決まらずに、フッキング率が約50%と非常 ...

5

アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないですか? ある程度経験を積んでいくとアタリの感じ方で、「なぜアタリがあるけど掛からない?」という原因がわかってくると思います。 しかしアジ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン 「141シンカーアジング」 現在アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えばポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロロ、ナイロンなど ...

今回はエバーグリーンさんから発売のソルティセンセーション、ワードレシーバー、PSSS-73Tのインプレになります。

 

ワイドレシーバー

 




 

■第一印象

7フィート3インチのチューブラロッドで重量約70g。

ティップは約1mmくらいと細いがバット部分はしっかりとしている。

ジョイント部分が薄くなっているので取扱いには気を付けないと折れてしまいそう。

全体的に張りが強く出来ているのでロッドを下げて巻く釣りに使うより、斜め上に構えてリフト&フォールの釣りに使うのに向いている。

 

■バランス(ロッドの持ち方はリールフットに指を挟まないノーフィンガー(前持ち)での感想。)

装着リールは07ソアレ2500HGSにリブレウイング98装着(約240g)

この組み合わせで若干先重りするくらいのバランスになるが、あまり気にならずに使用できている。

リールフットに指を挟む人だともっと持ち重りを感じるかなと。

このロッドのバランスに合うリールの重さは240g~260gあたりを選ぶとちょうど良いバランスで使用できると思う。

 

■キャスト

風が強い時などでもブランクが風を切り裂く感じで投げることができた。

愛媛は風が強い地域なのでこのように風に負けずに投げることが出来るロッドとうのは非常にありがたい。

同じチューブラでもティクトのUTR-58Tなどの柔らかめのロッドを使ってる人には投げにくいかもしれないけど、慣れの問題でしょう。

 

■感度、操作感

豆アジ~ギガアジ、アミなどに付いた吸い込みが弱いアジのアタリも感知でき、反響感度も良く出ていると感じた。

逆にリールとの組み合わせで全体の重量が重たくなっているのでコンッと出る反響のアタリは取りやすくても、テンション抜けなどの手元にコンッと出ないタイプのアタリは感知しにくかった。

全体的に張りが強いおかげで水深20m超のディープのボトムでも水圧に負けることなくジグヘッドを操作でき、アジやネンブツダイのアタリも感知できた。(ラインは141シンカーアジング、PEラインを使用した場合)

張りが強いので使いやすいのは1g以上の重さになってくる。

慣れればアンダー1gでも使えない事はない。

しかしアンダー1gでゆっくり動かす釣りは、このロッドで無理にやる必要はなく他に適したロッドがあるでしょう。

個人的にこのロッドでジグヘッド単体でよく使う重さは1,3g~3gあたり。

キャロだと10gくらいまでならストレスなく使用できた。

底が荒い場所ではボトム感知力が高いので根掛かりを回避しやすかったり、藻場などもティップが弱くて藻を切れずに絡まるといった事が少なくて、もっと柔らかいロッドと比較して使いやすかった。

 

※注意事項として使用フックはレンジクロスフック、ラインはシンカーアジング、PEラインを使用した場合に上記の感じ方をしました。フックが変わったりラインが変わると上記とは違った結果になる場合もあります。

いつもながら反響に関しては自分の手の感度というか感覚なので、参考程度にしてください。

 

■ロッドパワー

アジを釣るのに特に不満に感じる事はなく全く問題なし。というかレギュラーサイズのアジを釣るのにはオーバースペックかなと。

7gもタングステンキャロをフルキャストした25mほどのボトムでもフッキングできるパワーがある。

当然ながら3gのジグヘッド単体をフルキャストしてすぐにアタリがあった時でも問題なく掛けることができた。

ロッドの長さによるフッキングストロークも十分ありパワー不足で掛けれないという不満は今の所ない。

アジの抜きあげは38cm(約450g)までならやってみた。ただロッドをあまり立てずに、横にそっと抜きあげないと折れる可能性があるしロッドも痛むのでおすすめはしない。

このロッドに限らず無理に抜きあげをしているとロッドに負担が掛かってしまうので、ロッドのパワーにもよるけどある程度の大きさ以上の魚は網ですくった方がロッドへのダメージも少なくなり長く使えるでしょう。

【ギガアジにおすすめ】ソルティセンセーション PSSS-73Tのインプレ!まとめ

個人的には夏~初冬あたりの小魚などを追っていて1,3g以上のジグヘッド単体で早いテンポで釣る時にとても適したロッドだと思います。

逆に低水温期な産卵期などの1g前後のジグヘッドを使用してゆっくり釣る場合にはこのロッドの性能はあまり発揮できずに他に適したロッドがあるでしょう。

アジのサイズは20cmくらいではパワーがあり過ぎでちょっと釣味に欠ける部分があり、25cmくらいからがこのロッドで楽しめるサイズかなと感じました。

ジグヘッド単体でギガアジ狙い用に使うのに購入したロッドですが、強風にも負けない張りの強さやパワーがあるので、ギガアジ狙いに非常に使いやすくて重宝しています♪

ジグヘッド単体でギガアジ狙いにおすすめのロッドです。

 

 







-アジングロッド
-

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.