【安い!よく釣れる!】アジングおすすめワーム!

      2017/08/29

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】

アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。

新製品を色々試すのも大変です(笑)

最近初心者の方に「色んな種類のワームがありすぎて、何を選んだらいいか分からない。どのようなワームを持っておいたらいいですか?」とメッセージを頂きました。

最近は昔と違い色んな種類のワームあって、何を選んだらいい分かりにくいと思います。

そこで今回は、私が安くてよく釣れるっていう理由で使っている、アジングにおすすめなワームを紹介します。



①アジリンガー

 

 

小ぶりなボディに深めのリブの効果で、光の反射を作り出してアミパターンからコイカ、小魚などが餌の時にも幅広く対応。

動かした時の操作感も分かりやすい。

深めのリブの恩恵で波動がよく出るので、光の効果が少ないディープエリアでも使える。

アジリンガーで反応がなければ、アジアダーに変えて探る事が多い。

ワームの固さも固すぎず柔らかすぎずといい感じで、さらに匂いも付いていてアジに効果的。

ただ3投くらいしたら匂いの効果が薄れる。

価格も安くて経済的で年間通じて持っておきたいワーム。

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッドフロードライブヘッドどちらでもいい。

ただアミパターンなどの時はフロードライブヘッドの方がよく、逆に小魚やコイカなどに付いたアジを狙う時はレンジクロスヘッドの方がいいでしょう。

 

②ブリリアント1,2in

ブリリアント

 

 

コイカ、アミパターンの時に強いワーム。ボディに入ったリブにより光の屈折がおき、アジにアピールする。

活性が低い時やサイズが小さい時などアジリンガーで吸い込みが悪い時、低水温期のアミパターンの時に使うと特に効果がある。

 

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッド、フロードライブヘッドどちらでも使えるが、ワームのサイズ的にフロードライブヘッドに合わせて使う方が多くなるでしょう。

 

③スクリュテールグラブ

スクリューテールグラブ

 

 

メバルのイメージが強いワームだけどアジもよく釣れる。

とくに春先に雑魚などの小さい魚が餌の時などに、アジリンガーよりも効果がある時が多いので、持っておきたいワーム。

夏場などアジが高活性の時はボディが細くなるので、アジが吐き出しやすいのでフッキングが悪くなる時がある。

そのような時の対処法として、スクリューテールよりもボディが太いネジネジに変えてやると吐き出しにくくなってフッキング率があがるようになる。

逆に春先の雑魚に付いたアジなどを狙う時は、ネジネジよりもスクリューテールの方が吸い込みも良く、フッキング率が上がる場合が多い。

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッド、フロードライブヘッドどちらでもいい。

アジのサイズが18cm~で活性が高い状況ならレンジクロスヘッドを選択、~20cm位までで活性が低ければフロードライブヘッドを選択するといいでしょう。

 

④ネジネジ

ブリーデン ネジネジ

 

 

スクリュテールよりも若干ボディが太くてテールがねじってあるので光の反射によるアピールが強い。

夏場のアジの活性が高い時、スクリューテールではワームのボリュームが小さくてアジが吐き出すスピードが速くなる。

そのような場合にネジネジに変えてやると、ボディが太い分アジの吐き出すスピードが遅くなり、フッキング率が上がったりする。

スクリューテールとはそのような使い分けをしてやるといいでしょう。

 

逆に春先などの雑魚に付いたアジを狙う時はボディの太さが吸い込みの邪魔になるので、スクリューテールの方が吸い込みがよくなる。

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッドフロードライブヘッドどちらでもよいが、夏場の活性の高いアジを狙う時に出番が多くなるので、レンジクロスヘッドに合わせて使う事が多い。

 

⑤アジアダー、アジリンガーヴィクトリー

アジアダー

 

 

ベイトが小魚などの時、ダートさせる時によく使う。

▲になっているダート専用のワームと違いボディ全体に薄いリブが入っているので、光の屈折によるアピールもあり、よく釣れる。

アジリンガーでは反応ない場合のフォローで使う時が多い。

アジアダー、アジリンガーヴィクトリーではボディの扁平、テールの形が違うが、特に使い分けするほど差がないのでどちらでもいい。

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッドフロードライブヘッドどちらでもいい。

狙っているアジのサイズに合わせてレンジクロスヘッド、フロードライブヘッドを使い分けるといいでしょう。

 

⑥ガルプ ベビーサーディン

ベビーサーディン

 

 

汁物系ワーム代表のガルプ ベビーサーディン。

通常のワームで釣って反応が悪くなった時に使うと、効果的に多くの魚を釣ることができる。

フグもよく釣れるので注意(笑)

また1g以下の軽量ジグヘッドを使う時は、1g以上を使った時と比べてアクションを入れても動きが遅くなるので、ワームの性能により釣果に差が出やすく、匂いが特に効果がある場合が多い。

匂いは低水温期などの活性が低い時に効果がある場合が多いけど、夏でもガルプが圧倒的に強い場合があるので、釣行の際は必ず持っておきたい。

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッドフロードライブヘッドどちらでもいい。これも狙うアジのサイズに合わせてジグヘッドを選択してやるといいでしょう。

 

⑦アジリンガーpro

アジリンガープロ

 

 

良く釣れるけど売れないワーム代表のアジリンガープロ。

「ギガアジ狙いにはこのワーム」っていうくらいよく釣れる。

他にはイワシなどのちょっとベイトが大きい時やワームを目立たせたい時に使用。

一見ワームが大きいように感じるけど、高活性のアジなら17,8cmくらいからのアジでも十分吸い込み可能。

このワームに限らずロングワームは、リトリーブの釣りで使うよりも、リフト&フォールで使いアジにヘッド部から食わせるようにすると、吸い込みも良くてフッキングも良くなる。

合わせるジグヘッドはワームサイズや狙うサイズも考慮して、レンジクロスヘッドを使うといいでしょう。

 

⑧アジングビーム

アジングビーム

 

 

アジリンガープロよりも若干細身のボディで、イワシなどがベイトの時によく使う。

細身だけどリブが深く入っているのでアピールもよく、さらによく折れ曲がって吸い込みもいい。

このワームの素材は高耐久性なので、活性の高い時は1本のワームで50匹以上釣る事も可能。

さらにフグなどにも強い。

他の素材と一緒に混ぜて保管すると、溶けてしまうので注意が必要!!

このワームもアジリンガープロと同じくリフト&フォールで使って、ヘッド部から吸い込ませるとフッキング率が良くなるでしょう。

 

合わせるジグヘッドは3,5インチならレンジクロスヘッド。

2インチならレンジクロスヘッド、フロードライブヘッドを使用するといいでしょう。

【安くてよく釣れる!】アジングおすすめワーム!まとめ

現在たくさんの種類のアジングワームが発売されている中で、全く釣れないワームは無いけど、正直あまり釣れないというワームはあります(笑)

年中アジが狙える愛媛だとすぐに検証できて差がよくわかるんですね。

今回紹介したワームが性能(釣れる)と価格を考慮して私がアジングで年間通じてよく使っていておすすめできるワーム。

初心者の方やアジング経験が浅い方など、どのワームを選んだらいいか分からない方は是非使ってみてください!

 - アジングロッド、アジングタックル, アジング攻略法 ,