【夏アジング】 アジがライズしているけどアタリがない時に最初に試したい事

   

だいぶ前に梅雨も明けて夏本番。高活性なアジが、スコ~ンという気持ちいいアタリがでる食い方をしてくれる時期ですね。

今回はそんな高活性な夏アジを狙ってアジングへ。

夏の高水温期にアジが付きやすい場所は酸素量が多い潮通しのよい場所が多いので、数か所ピックアップして回っていく。

最初の場所は全く反応がなく残念ながらアジが入ってない様子。時間がもったいないのですぐに見切って移動する。

次に入ったポイントで準備していると海面で何かがライズした。少し見ているとまたまたライズ。いや~テンション上がっちゃうよ(笑)

同じ場所でライズするのではなく、広範囲でライズするのでアジ(たぶん)が小魚などの餌を追って回遊しているっぽい。

レンジクロスヘッド1.5gにスクリューテールを付けて投げる。

表層付近でチョンチョンとやってから食わせの間を入れてやり、レンジを外さないように引いてくる。

「活発に餌を追って跳ねてるので楽勝でしょう」と思いきやアタリが無い。

数投して全く反応がないけどライズは景気よく続いてる(笑)何かが合ってないのでちょっとリグを変更してやる。

 

ワームの種類を変えたりカラーを変えたりするのも1つの手段ではあるけど、私が最初にやるのはジグヘッドの重さを変えることが多い。

高水温期でアジも活発に動けるこの時期。1,5gだと動きが遅すぎて見切られていると仮定して、ジグヘッドの重さを1,5gから1,8gに上げてやる。ワームはスクリューテールのまま。

1,8gに上げてやることで1,5gよりも同じ層を早いスピードで引いてくる事が出来るようになり、動きが遅すぎてアジに見切られにくいようになる。

この狙いが的中して1投目からスコ~ンという気持ちいいアタリが出てアジをキャッチ!!

 

レンジクロスヘッド

レンジクロスヘッド1,8g(プロト)×スクリューテール

ようやく釣れて一安心。その後数匹追加するけどアタリの出方が最初のスコ~ンという気持ちいいアタリではなくカサカサッというような感じのアタリが続く。

アタリが出るようになったけど、まだ重さが合ってない感じだったのでレンジクロスヘッド2g(プロト)に変更。

これ正解でスコ~ンという気持ちいいアタリで連発!!

もっと重たいのはどうかとレンジクロスヘッド2,3g(プロト)も投げてみるけど、アタリの数は2gよりも減少。

この場所では2gが合っていたようで、レンジクロスヘッド2gに戻してパターンに嵌めて連発!!

 

レンジクロスヘッド2g

 

ジグヘッドの重さは軽すぎてもダメ、重たすぎてもダメ。きちんとその時に合った重さを選択する事が重要なわけで、今回はきちんとジグヘッドの重さを調整してやることで最初は口を使わせることが出来なかったアジのライズを攻略する事に成功!!

夏アジングらしい気持ちいいアタリを満喫できました♪

 

愛媛夏アジング

 

■タックル

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ 612UL-HS
リール:04ステラ1000PGSDH×ソルティーバライト
ライン:シンカーアジング0,2号
リーダー:バスザイル4lb
フック:土肥富/odz レンジクロスヘッド1,5g~2,3g(1,8g~2、3gはプロト)
ワーム:スクリューテール、ネジネジ

 

 - アジング, アジング攻略法 , ,