この記事を書いた人

あおむし/矢野。愛媛県在住。国内最古の針屋、土肥富のテスター。レンジクロスフック、レンジクロスヘッド、フロードライブヘッド、ラッシュヘッドの設計、テストを担当。アジングで累計20000匹以上のアジを釣った経験を元に、より多くのアジを釣るための情報を発信しています。

>>管理人の詳しいプロフィールはこちら<<

アジングロッド

【自作チタンティップアジングロッドインプレ】マグナムクラフト8626

今回はマグナムクラフト8626のブランクを使用した、チタンティップの自作アジングロッドのインプレです。

 

自作のロッドということで作り方や、接着剤の量、各パーツなどの違いで性能が変わってきます。

すべての自作チタンティップにこのインプレが当てはまるわけではなく、今回使用したロッドのみのインプレということを理解した上でお読みください。




■仕様

TFL-63S 

長さは5フィート5インチ。重量約45g。

ブランクはマグナムクラフトの8626を使用しています。

このブランクは40tカーボンらしいですが、ウエダのTFL-63Sと振り比べると「ホントに40tなの??」と思わず首をかしげるくらいベロンベロンに柔らかいですね。

レジンの量や、ボロンの違いで張りが出てないのかなと思います。

「チタンティップがカーボンソリッドに比べて重たいので先重りするかな?」と思ってたけど、バランサーなどの余計なモノを付けずに、きれいにバランスを取るように作られています。

■感度、操作性は??

チタンティップの柔らかさのおかげで、1g以下のJHでも操作感が非常にわかりやすい。

レンジクロスヘッド1gにアジリンガーProで使用した際に、あまりに操作感が大きくてワームが絡まったと、何度か勘違いしてしまうくらいでした(笑)

1g以下を多用する人には大きなアドバンテージになりそうですね。

 

15cm位の豆アジから30cm前後のアジのバイトまで感知でき問題はない、というか反響感度や、潮の流れをよく感知する事ができました。

 

特にティップがかなり入った状態で、反響のアタリが明確に出るということに驚きました。

カーボンソリッドでチタンティップの操作感を出そうとすると、かなり柔らかくしなければいけないけど、そこまで柔らかくしてチタンティップと同じ反響が出るか?というとちょっと疑問が残りますね。

 

そういった点で軽量リグの操作感を出しつつ、反響のアタリもしっかり伝えるバランスが取れているのがチタンティップのメリットであるかなと感じました。

反響音はウエダ(TFL-63S 07モデル)だとキィ~ンという感じで音が高く長く響くが、チタンはカンッという感じで若干響く音が短く低く感じでした。

■キャスト

ブランクの柔らかさに加えて、ティップにカーボンよりも重量のあるチタンが付いている事により、キャストした際にロッドがぶれてキャストがしにくいですね。

風がある場合は特に変な方向に飛んだりして投げにくさを感じました。

これは、自分が高弾性の棒みたいなロッドに慣れているので、慣れの問題でしょう(笑)

 

■ロッドパワー

チタンティップが柔らかいので、ベリーの部のパワーでフッキングさせるかなと思ってたけど、明らかにパワー不足ですね。

ただパワー不足と言っても、魚体重が関係しているみたいで、サイズが23cm、120gくらいまでのサイズだとパワー不足は感じなかったが、それ以上のサイズになるとフッキング時のパワー不足が顕著に表れました。

合わせを入れた際にティップが入って、そこからさらにベリーが入ってしまい、合わせの力がうまく伝わってない事が結構多かったです。

愛媛のアジ(特に宇和海)は魚体重が重いのでこういった現象が起きやすいのかもしれないですが。

23cm以下のサイズだと特にパワー不足は感じず問題ないでしょう。

■チタンティップアジングロッドインプレ、マグナムクラフト8626まとめ!

今回のロッドの個人的な使いどころとして、1g以下を使用して120g以下のアジを釣る場合に一番力を発揮しそうな感じかなと思います。

特に0,5gなどの軽量ジグヘッドを使用する際にはカーボンで作られたロッドよりもチタンティップで作られたロッドの方が感度と操作性の両方を高いレベルで出せていると感じました。

使いどころを間違えなければ大きな武器になりそうだけど、まぁこれはどんなロッドにでも言える事ですね(笑)

 

個人的に最終的な課題は、やはりブランクの性能かなと感じました。

というのを製作者に伝えましたので、どのように進化させていくのか楽しみです(笑)



PS、

アジングで悩んでいる方の

お役に立てればと思い、

僕がアジングで2万匹以上釣ってきた

ブログでは書けない

実釣テクニックやポイント選びの

ノウハウをまとめたコンテンツを

作成しました。



無料体験版のダウンロードはこちらをクリック!




予想以上に多くの方に

参加していただいており、


・過去に何度か挑戦したけど

難しくて挫折したアジングで

初めてアジを釣ることができました!



・アジング歴3ヶ月だけど、

コンテンツで学んだ直後のアジングで

いきなり尺アジが釣れました!



・今まで大きなアジが釣れないと

言われてきたエリアだけど、

コンテンツの内容通りに

ポイントを選択すると

47cmのギガアジが釣れました!



などなど、

たくさんの釣果アップした

喜びの感想をいただいてます。



自分の手の内を明かすことで、

ライバルが増え、

自分の釣果にも影響が出るので、

最後まで公開を迷った

コンテンツも正直あります。



しかし、参加者していただいた方からの

喜びの感想を見て、

リスクがあったとしても

思い切って公開して

よかったと思ってます。



もしあなたが

アジングで自分だけ釣れない

と悩んでいたり、



他の人よりも早くアジングで

釣れるようになりたい

と思っているなら、

このアジングイノベーションのコンテンツが

きっとお役に立てるでしょう。



また、無料体験版として、

即効性の高い実釣テクニック動画

公開しています。



この無料コンテンツを見るだけでも

普段やっているアジングから

レベルアップできますので、

ぜひ下記リンクよりご覧ください。



無料体験版のダウンロードはこちらをクリック!

 


 

YouTubeもやってます



ブログのテキストでは伝えにくい内容を動画で紹介できたらと思い、YouTubeで矢野のアジングチャンネルを運用しています。

累計20000匹以上のアジを釣った経験をもとに、釣果アップするためのタックル選定や釣り方などの、初心者から経験者まで楽しめるマニアック内容をお話していますので、ぜひチャンネル登録お願いします。

 

>>矢野のアジングチャンネル<<

注目記事一覧

1

こんにちは、矢野です。   今回は僕がアジングで 2万匹以上のアジを釣った 基本的な釣り方を ロッドワークを交えながら 動画で紹介します。   今回の記事は YouTubeに公開し ...

2

こんにちは、矢野です。   今回は予算2万円で揃える アジング初心者向けの おすすめタックルを 紹介します。   僕のところに届く 問い合わせ内容で多いのが アジングロッドなどの ...

3

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

4

こんにちは、矢野です。   今回はアジングジグヘッドの 選び方のコツについて かなり深い部分まで掘り下げて 紹介します。     アジングが流行り始めて、 多くのメーカー ...

5

こんにちは、矢野です。   今回は産卵期のアジング釣行記と 産卵のアジの釣り方を紹介します。   前回のアジング釣行では いい感じの群れを見つけて、 久しぶりにいい釣りが出来ました ...

6

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

7

こんにちは、矢野です。   今回はアジングのメインラインとして よく使われるようになった、 エステルラインのメリット、デメリットと おすすめのエステルラインを紹介します。   ジョ ...

8

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

9

こんにちは、矢野です。   今回は僕が1万匹以上のアジを釣った おすすめのワームを紹介します。   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、 もうかなりの種類が発売されています ...

10

こんにちは、矢野です。   今回は20コルトUX 612L-HSのインプレになります。   2020フィッシングショー大阪で触った 20コルトUXの各シリーズ。   発売 ...

-アジングロッド
-,

© 2021 あおむしの釣行記4