愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

アジング

【爆釣100匹超え】産卵のシビアなアジを釣った後は、産卵後の回復したアジで癒される!

投稿日:2015年4月30日 更新日:

 

産卵アジングを満喫して土産も出来たので帰ろうかと思うも、まだまだ時間も早い。

このエリアで20cm位のサイズが産卵しているということは、もうワンランク上のサイズは産卵を終えて回復している個体もいるんじゃないかなと。

密かに期待してたヒラスズキなどの外道に備えて用意していた予備のクーラーに魚を移してから、回復しているアジ探し。

 

最初に寄ったポイント。

この時期にアジングをやってるとアオリが回遊してくる事がよくあるので、素早く浮気が出来るようにエギングタックルも用意するw

いつもよりレンジを刻んで丁寧に探っていくも反応がない。

「もう少し潮が効いてる場所の方がいいかな?」なんて考えてたらゆらゆら~とアオリが3匹泳いできた!!!

すぐさまエギングロッドに持ち代えて少し離れた場所にキャスト!3回ほどしゃくってイカの反応を見る。

 

・・・・・・・・無視w

「う~ん、残念ながら反応しないやつか~。」

 

激しく左右にダートさせながら近づけていくも無視w

と思ったらキラッと反転して泳ぐ方向を変えた!

 

 

「あれっ、イカじゃなくてアジじゃん。しかもデカいし(笑)」

 

1人突っ込みを入れながらエギを高速で回収してすぐさまアジングタックルに持ち替える。

サイズは目測で40cm位。

このクラスの射程範囲に入る位置にキャスト・・・・すぐさまベールを返しラインスラックを取って軽くトゥイッチを入れる。

そしてアジが・・・・・・・・・反応しない。

釣りながら観察していると食い気より色気な産卵のアジのようで残念ながら口を使わせることはできず、しばらく粘ったけど去っていった。





 

ここでこの場所を見切ってもう少し潮が流れるポイントを選択。

到着して海面を見ているとベイトの小魚がかなり入っている。

これはもらったかも・・・・とテンション上げ上げでキャストするも反応がなくすぐにテンションが下がる(笑)

少しずつ立ち位置を変えて探っていくもアタリがなく、ブレイクに潮が当たってヨレができやすい闇の部分も打っていく。

表層付近でトゥイッチ後のテンションフォールでカサッとアタリ。

p5keh6nrh6z8op6p9a6k_480_360-6f4090f8

 

レンジクロスヘッド1,3g×ラグ

ちょいと苦労したけどようやく付場を発見。明かりよりも闇の潮が効いている部分に付いているようだ。

ここからキャストするたびにアタリがあり連発するけど、バイトの出方がモソっやカサッなどと明確でなくイマイチ合ってない。

ここで1,5gに重さを上げてやって、ワームもキビキビ動かすようにアジリンガーヴィクトリーに変更。

2回トゥイッチを入れてロッドを立てながらのテンションフォールで・・・・・・・・コンッ!!

hnpxc8t6fydiw6ryveiv_480_360-714d8e0b

レンジクロスヘッド1,5g×アジリンガーヴィクトリー

この場所ではこの組み合わせが合っているようで、今までとは違って明確にアタリが出るようになった。

気持ちよい吸い込みアタリが手元に伝わり、合わせを入れてフッキングが決まった時にロッドに乗る重量感。たまりませんw

ちょいと気になってたアジリンガーヴィクトリーとアジアダーの使い分けを試してみたけどどちらも同じ釣れ方で特に変わらず(笑)まぁ予想はしてたけど

ah773ets8hpdponi4zx3_480_360-1f808b32

hgf4dfv6d7fxcx3jsaak_480_360-69189a67

 

665yxg5fe7n4xbztoxkg_480_360-91ab1d48

 

Maxサイズはアイスクリーム的な31cmまで。

闇場だったので魚もスレにくくて延々釣れてしまいそうな勢いだったけど、予備の22リッタークーラーが満タンになって氷も溶けて無くなってきたので強制的に終了。30リッターのクーラーを買おうか真剣に悩み始めましたww

shgdj3tub36a7ej5cvn5_480_360-b787054f

 

久しぶりの3ケタ150匹超え&20キロ超えw

地道に魚を探すことをやっていたらたまにはいい事もあるもんです♪

色々と検証もできたし大満足でした!

■タックル

ロッド:ufm IR-64S
リール:05イグジスト1003×ソルティーバ
ライン:141シンカーアジング0,2号
リーダー:バスザイル4lb
フック:レンジクロスヘッド1,3g~1,5g、プロトフック
ワーム:アジリンガー、アジリンガーヴィクトリー、アジアダー、ラグ、ペケリング、スクリューテール







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 フロロ、PE ...

2

今回は新しく発売になったニューガルプのインプレ、アジの種類によるガルプの効果の違いの紹介という、ちょっとマニアックな話です。     汁物系ワーム代表のガルプ。アジがめっちゃ釣れる ...

3

長年、虫よけスプレーで悩んでいましたが、めっちゃいい虫除けスプレーがありました。 夏の夜釣り、カブトムシ、クワガタ取りなどの山遊びなどの時に、この虫よけスプレーを使ったら蚊、ブヨなどに悩まされる事がな ...

4

今回は夏のアジングのポイント選びのコツと、夏アジングでジグヘッドの重さを選ぶときの注意点のお話です。   夏のアジング。一部エリアではまだ産卵のアジも釣れますが、産卵から回復したアジやベイト ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン「141シンカーアジング」   現在、アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えば、ポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロ ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

9

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品の ...

10

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

-アジング
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.