愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

この記事を書いた人



あおむし/矢野。愛媛県在住。釣り、革靴が好きな30代。国内最古の針屋、土肥富(どひとみ)のテスター。アジング歴10年超、累計10000匹以上アジを釣ってきた経験を元に、よりアジを釣るための情報発信をしています。

>>さらに詳しいプロフィールをみる
 

ライトゲーム、フラット&ロックフィッシュ

土肥富のジグフックで作った自作ジグヘッドでマゴチ&ヒラメに挑戦してみた!!

投稿日:2016年6月6日 更新日:

 

新しいフックテストを開始する前に、ちょっと昼間に時間が取れたのでマゴチ狙いで海へ。

 

その前にタックルの準備を・・・と思ったけど、年間通じてほとんどやることのないマゴチ、ヒラメなので専用タックルは当然持ってない(笑)

 

以前はエギングロッドで代用していたけど、今回は気分的に家に眠っていた15年ほど前に購入したシーバスロッドを引っ張りだしてくる。

リールは去年ボートで釣りをする時に購入してた、ダイワさんの3500番のリールにする。

巻いてあるラインがPEの2,5号でかなり太いけどまぁいいや(笑)

 

ジグヘッドは、先日土肥富のジグフックでフラットフィッシュ用に自作したジグヘッド。

土肥富のジグフックを使ってマゴチ、ヒラメ用にジグヘッドを自作してみた!




ワームは以前マゴチ狙いで買ってたバス用のワームやヒラメ用のワームなどがたくさんあったので、あるもので頑張ることにした。

 

個人的に一番マゴチを釣ったワームはフラットフィッシュ用のワームではなくバス用のワームだったりする(笑)

 

 

道中は小雨がパラついてたけどポイントに着く頃には止んでくれた。

太陽も出てないので、人間にとっては涼しくて釣りやすい。

 

自作ジグヘッド3号にバス用のワームを装着して釣り開始。

思い切り投げるもラインが太いのでびっくりするくらい飛ばない(笑)

頑張って扇状に投げて地形の変化があるところを重点的に探るも反応がないので、ここで重さを一気に5号に上げる。

 

そしてワームもダイワさんのヒラメ狂?に交換する。

 

土肥富自作ジグヘッド×フラットジャンキー

 

40mほど沖に掛けあがりがあって、底質が砂からゴロタ石に変わる部分があり、その地点を重点的に狙う。

その数投目でコンッ!!とアタリがあった。

即合わせを入れずに竿をさびいて魚が食っているのか聞いてみると、重さがあったので思いっきり合わせを入れる!!

ズシン!!と一気にロッドに重さが乗る!!

なんかマゴチにしては水の抵抗??が大きいな~と思いつつゴリゴリ巻いて寄せてきて獲物を見たらなんとヒラメ!!

慎重に網に入れて無事にキャッチ♪

 

土肥富自作ジグヘッド×ヒラメ

このサイズのヒラメを釣ったのは初めてだったのでうれしかったりする♪

 

自作ジグヘッド ヒラメ

 

自作ジグヘッドもバッチリ貫通していていい感じ・・・と思いきや今回選択したサイズではちょっと強度不足だったようでゲイプが開いていた。

 

マゴチ用自作ジグヘッド

 

タックルがオーバースペックだったのもあるけど、きちんと貫通した状態でゲイプが開いてしまうということは、ちょっと選択したサイズと線径が細かったようで・・・・。

マゴチ、ヒラメ狙いならNO5340の4/0以上のサイズで自作した方がよさそうですな。

 

 

このヒラメで気を良くして投げ続けるも1度もアタリがない時間が続き、腕も疲れてきたので2時間ほどで心折れて終了。

普段はアジングタックルばかり使ってるので、たまに重たいタックルで釣りをすると疲れるのが早いです(笑)

 

■タックル

ロッド:シーバスロッド96L
リール:ダイワ3500番
ライン:PE2.5号×フロロ6号
フック:土肥富自作ジグヘッド5号
ワーム:バス用ワーム、ヒラメ狂?







注目記事一覧

1

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

2

アジングで防寒グローブを使うと、 「手の感度が落ちてアタリが取りにくくなって釣果が落ちる」と 悩んでいるアジンガーのあなた!   実は感度を落とさずに防寒もできる、 アジングに超おすすめの防 ...

3

【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。アジングが流行る前、アジングに適したジグヘッドがな ...

4

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

5

ジグヘッドを激安で自作したい人必見!! 今回は土肥富(どひとみ)のジグフックを使って、ヒラメ、マゴチ、メバリング、アジングに使うジグヘッドを激安で自作する方法を紹介します。   「土肥富(ど ...

6

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。   フロートは色んなメーカーさんから発売されている ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品の ...

9

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。   ...

10

冬のアジング。 北西の季節風が吹き、海が荒れるたびに水温が下がってアジの活性も低くなっていく。秋のハイシーズンのような激しい食い方とは一転して、シビアな状況が多くなる時期。   アジが付きや ...

-ライトゲーム、フラット&ロックフィッシュ
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2019 All Rights Reserved.