愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

アジングワーム アジング攻略法

【安い!よく釣れる!】アジングおすすめワーム!

投稿日:2016年7月11日 更新日:

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】

 

アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品のアジングワームが出るたびに、色々試すのも大変です(笑)

多種多様なアジングワームがあるので、初心者の方に「色んな種類のワームがありすぎて、何を選んだらいいか分からない。どのようなワームを持っておいたらいいですか?」といった問い合わせをよく頂きます。

最近は昔と違い色んな種類のワームあって、何を選んだらいい分かりにくいですね。一応どのアジングワームでも釣れないことはないですが、アジングワームの種類によってはあまり釣れないワームもあるのも事実。

 

そこで今回は、私が安くてよく釣れるっていう理由で使っている、アジングにおすすめなワームを紹介します。




アジリンガー

 

小ぶりなボディに深めのリブの効果で、光の反射を作り出してアミパターンからコイカ、小魚などが餌の時にも幅広く対応。深めのリブの恩恵で波動がよく出るので、光の効果が少ないディープエリアでも使える。

 

水受けのいい形状をしているので操作感も非常にわかりやすい。1g以下の軽量ジグヘッドと組み合わせて使うと、軽いジグヘッドでも操作感がわかりやすくなって非常に使いやすい

 

私はアジリンガーでスタートして反応がなければ、アジアダーに変えて探る事が多い。ワームの固さも固すぎず柔らかすぎずといい感じで、さらに匂いも付いていてアジに効果的。価格も安くて経済的。初心者からベテランまで使いやすくて、年間通じて絶対に持っておきたいワーム。

たくさんのカラーがあるが、おすすめはグローオキアミパワー。強めのグローにオキアミの粉が入っていて、匂いも他のカラーよりも強くて長持ちする。このカラーでアタリがなければ「アジが居ない」と、言う人もいるくらいよく釣れるカラー。

私もクリアとグローオキアミパワーの2種類をよく使っています。

 

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッドフロードライブヘッドどちらでもいい。ただアミパターンなどの時はフロードライブヘッドの方がよく、逆に小魚やコイカなどに付いたアジを狙う時はレンジクロスヘッドの方がいいでしょう。

 

ブリリアント1,2in

ブリリアント

コイカ、アミパターンの時に強いワーム。ボディに入ったリブにより光の屈折がおき、アジにアピールする。活性が低い時やサイズが小さい時など、アジリンガーで吸い込みが悪い時、低水温期のアミパターンの時に使うと特に効果がある。

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッド、フロードライブヘッドどちらでも使えるが、ワームのサイズ的にフロードライブヘッドに合わせて使う方が多くなるでしょう。

スクリュテールグラブ

スクリューテールグラブ

メバルのイメージが強いワームだけど、アジもよく釣れる。とくに春先に雑魚などの小さい魚が餌の時などに、アジリンガーよりも効果がある時が多いので、持っておきたいワーム。

 

夏場などアジが高活性の時は、ボディが細くてアジが吐き出しやすいので、フッキングが悪くなる時がある。そのような時の対処法として、スクリューテールよりもボディが太いネジネジに変えてやると吐き出しにくくなってフッキング率があがるようになる。逆に春先の雑魚に付いたアジなどを狙う時は、ネジネジよりもスクリューテールの方が吸い込みも良く、フッキング率が上がる場合が多い。

 

 

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッド、フロードライブヘッドどちらでもいい。アジのサイズが18cm~で活性が高い状況ならレンジクロスヘッドを選択、~20cm位までで活性が低ければフロードライブヘッドを選択するといいでしょう。

 

ネジネジ

ブリーデン ネジネジ

 

 

スクリュテールよりも若干ボディが太くてテールがねじってあるので光の反射によるアピールが強い。夏場のアジの活性が高い時、スクリューテールではワームのボリュームが小さくてアジが吐き出すスピードが速くなる。

そのような場合にネジネジに変えてやると、ボディが太い分アジの吐き出すスピードが遅くなり、フッキング率が上がったりする。スクリューテールとはそのような使い分けをしてやるといいでしょう。

アジングワームを変えたらフッキング率が50%から90%に上がった話!

 

逆に春先などの雑魚に付いたアジを狙う時はボディの太さが吸い込みの邪魔になるので、スクリューテールの方が吸い込みがよくなる。

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッドフロードライブヘッドどちらでもよいが、夏場の活性の高いアジを狙う時に出番が多くなるので、レンジクロスヘッドに合わせて使う事が多い。

 

アジアダー、アジリンガーヴィクトリー

アジアダー

 

 

▲になっているダート専用のワームと違い、ボディ全体に薄いリブが入っているので、光の屈折によるアピールもあり、よく釣れる。ベイトが小魚などの時、ダートさせる時によく使う。

私のアジアダーの使いどころは、アジリンガーでは反応ない場合のフォローで使う時が多い。アジリンガーで反応がないけどアジアダーに変えたらアタリが出るようになった!という事のよくありましたね。

アジアダー、アジリンガーヴィクトリーではボディの扁平、テールの形が違うが、特に使い分けするほど差がないのでどちらでもいい。アジリンガー同様に年間通じて絶対に持っておきたいワームの1つ。

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッドフロードライブヘッドどちらでもいい。狙っているアジのサイズに合わせてレンジクロスヘッド、フロードライブヘッドを使い分けるといいでしょう。

ニューガルプ ベビーサーディン

 

汁物系ワーム代表のガルプ ベビーサーディンの新しく匂いが変わったタイプ。旧タイプだとセグロのアジの方が効果があり、養殖筏に付いたヒラアジにはあまり効果がないことが多かった。しかしこの新しいタイプのガルプは匂いが変わったので、セグロ、ヒラアジともに効果がある。

そしてパッケージも新しくなって汁漏れしなくなった、そのおかげでナルゲンなどのケースに移し替えて持ち運びしなくても、パッケージのまま持ち運びすることができるようになっている。「バックの中で汁漏れしたらどうしよう」という恐怖感から解放された!

 

ガルプは通常のワームで釣って反応が悪くなった時に使うと、効果的に多くの魚を釣ることができる。フグもよく釣れるので注意(笑)

また1g以下の軽量ジグヘッドを使う時は、1g以上を使った時と比べてアクションを入れても動きが遅くなるので、ワームの性能により釣果に差が出やすく、匂いが特に効果がある場合が多い。匂いは低水温期などの活性が低い時に効果がある場合が多いけど、夏でもガルプが圧倒的に強い場合があるので、釣行の際は必ず持っておきたい。

合わせるジグヘッドはレンジクロスヘッドフロードライブヘッドどちらでもいい。これも狙うアジのサイズに合わせてジグヘッドを選択してやるといいでしょう。

アジリンガーpro

アジリンガープロ

 

良く釣れるけど売れないワーム代表、アジリンガープロ。「ギガアジ狙いにはこのワーム」っていうくらいよく釣れる。他にはイワシなどのちょっとベイトが大きい時や、ワームを目立たせたい時に使用。

一見ワームが大きいように感じるけど、高活性のアジなら17,8cmくらいからのアジでも十分吸い込み可能。このワームに限らずロングワームは、リトリーブの釣りで使うよりも、リフト&フォールで使いアジにヘッド部から食わせるようにすると、吸い込みも良くてフッキングも良くなる。

合わせるジグヘッドはワームサイズや狙うサイズも考慮して、レンジクロスヘッドを使うといいでしょう。

アジングビーム

アジングビーム

 

 

アジリンガープロよりも若干細身のボディで、イワシなどがベイトの時によく使う。細身だけどリブが深く入っているのでアピールもよく、さらによく折れ曲がって吸い込みもいい。

このワームの素材は高耐久性なので、活性の高い時は1本のワームで50匹以上釣る事も可能。さらにフグなどにも強い。他の素材と一緒に混ぜて保管すると、溶けてしまうので注意が必要!!

このワームもアジリンガープロと同じくリフト&フォールで使って、ヘッド部から吸い込ませるとフッキング率が良くなるでしょう。

合わせるジグヘッドは3,5インチならレンジクロスヘッド。2インチならレンジクロスヘッド、フロードライブヘッドを使用するといいでしょう。

 

【安くてよく釣れる!】アジングおすすめワーム!まとめ

現在たくさんの種類のアジングワームが発売されている中で、全く釣れないワームは無いけど、正直あまり釣れないというワームはあります(笑)年中アジが狙える愛媛だとすぐに検証できて、ワームの差がよくわかるんですよね。

 

今回紹介したワームが性能(釣れる)と価格を考慮して、私がアジングで年間通じてよく使っているおすすめワーム。初心者の方やアジング経験が浅い方など、どのワームを選んだらいいか分からない方は是非使ってみてください!







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 フロロ、PE ...

2

今回は新しく発売になったニューガルプのインプレ、アジの種類によるガルプの効果の違いの紹介という、ちょっとマニアックな話です。     汁物系ワーム代表のガルプ。アジがめっちゃ釣れる ...

3

長年、虫よけスプレーで悩んでいましたが、めっちゃいい虫除けスプレーがありました。 夏の夜釣り、カブトムシ、クワガタ取りなどの山遊びなどの時に、この虫よけスプレーを使ったら蚊、ブヨなどに悩まされる事がな ...

4

今回は夏のアジングのポイント選びのコツと、夏アジングでジグヘッドの重さを選ぶときの注意点のお話です。   夏のアジング。一部エリアではまだ産卵のアジも釣れますが、産卵から回復したアジやベイト ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン「141シンカーアジング」   現在、アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えば、ポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロ ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

9

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品の ...

10

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

-アジングワーム, アジング攻略法
-, , , , , , ,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.