愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

アジング

赤潮による濁りアジング、ちょいと遠投してなんとかボーズ回避

投稿日:2016年8月22日 更新日:

お盆は例年通り釣りはお休みして、過去記事をちょいちょいまとめて引っ越ししたり、釣り道具を片付けしたりとのんびり過ごしてリフレッシュ。

片付けついでにちょいとアジングロッドを水洗い♪

最近買ったヌーボコルトプロトタイプは初洗いで鱗を丁寧に落としていく。

 

ロッドに鱗がこびり付いていると、なんか妙な安心感があるのであまり除けたくないんだけど。夏は匂いがちょっと気になる(笑)

 

そしてお盆明け。

ロッドもきれいになった所でちょいとアジングへ。

 

比較的潮が流れる場所に入ってみるも思いのほか水の色が悪く、赤潮のような感じで生命感が全く感じられない。

 

案の定全くアタリがない。

念のためジグヘッドの重さを変えてワーム変えたりして丁寧に探ったけどアタリが何もないので見切って移動。

 

しかしこのエリアのほとんどが赤潮っぽい濁りになってて釣れる気がしない(笑)

一番潮通しが良い場所に入るもここも同じような濁り。

 

とりあえず投げてみるもアタリが全くない。

もう潔くボーズで帰ってもよかったけど、ちょいと沖の潮が通ってる場所を狙うためにジグヘッドを約3gに上げてやる。

 

レンジクロスフック

1投目でスコンとアタリがあってようやく1匹目を釣る事に成功。

しかし連発するわけでもなくポツリポツリ釣れる程度。

 

水深の浅いポイントなので月の影響をもろに受けて魚が散ってるんだろうけど、回ってきたタイミングで釣れる感じ。

ただ活性は高いので豆でもこの重さを丸のみで食ってくる!

 

R0023139

レンジクロスヘッド

愛媛アジング

なんとかツ抜けは達成!自作の3gを持って行ってなければボーズだったので危ない所だった。

 

どうも海の酸素量が足りてないようなので一荒れきて海をかき混ぜて欲しいですな。

■タックル

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HS
リール:04ステラ1000PGSDH×ソルティーバ
ライン:シンカーアジング0,2号
リーダー:バスザイル4lb
フック:土肥富/odz レンジクロスヘッド1,0g~2,3g(プロト)レンジクロスフック
ワーム:アジリンガー、アジアダー、アジリンガーPro、ベビーサーディン

 







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 フロロ、PE ...

2

今回は新しく発売になったニューガルプのインプレ、アジの種類によるガルプの効果の違いの紹介という、ちょっとマニアックな話です。     汁物系ワーム代表のガルプ。アジがめっちゃ釣れる ...

3

長年、虫よけスプレーで悩んでいましたが、めっちゃいい虫除けスプレーがありました。 夏の夜釣り、カブトムシ、クワガタ取りなどの山遊びなどの時に、この虫よけスプレーを使ったら蚊、ブヨなどに悩まされる事がな ...

4

今回は夏のアジングのポイント選びのコツと、夏アジングでジグヘッドの重さを選ぶときの注意点のお話です。   夏のアジング。一部エリアではまだ産卵のアジも釣れますが、産卵から回復したアジやベイト ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン「141シンカーアジング」   現在、アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えば、ポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロ ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

9

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品の ...

10

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

-アジング
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.