この記事を書いた人

あおむし/矢野。愛媛県在住。国内最古の針屋、土肥富のテスター。レンジクロスフック、レンジクロスヘッド、フロードライブヘッド、ラッシュヘッドの設計、テストを担当。アジングで累計20000匹以上のアジを釣った経験を元に、より多くのアジを釣るための情報を発信しています。

>>管理人の詳しいプロフィールはこちら<<

アジングロッド

スキャッドウォール、夢鯵、コルトRV、スーパーコルトをフィッシングショーでチェック!

今回は2017年フィッシングショー大阪でチェックしたアジングロッドの話。

 

今年のフィッシングショーではライトゲームの新製品はあまりなかったように感じました。

 

しかし、そんな中でもアジングロッドなどの新製品は少し出ていましたね。

 

だいぶ出尽くした感があるアジングロッドですが、それでも新製品はどんな感じのロッドなのか振って確認しておきたいところ。

というわけで少しだけ時間を頂いて、気になっていたアジングロッドをチェックしてきました!




まずは夢鯵から!

最初はニッシンさんのアジングロッド、夢鯵から。

この写真見て気が付いたんですが自重は90gなんですね(笑)

振った時はそこまで重たいとは感じませんでした。

4軸を採用したブランク。

ティップは白に塗装してあるので、ティップを見てアタリは取りやすそうですね!

柔らかめのティップがついてあり、軽量ジグヘッドの操作感が良く分かりそうでした。

 

各所に金属パーツを配置。

自重は90gと6フィート代のアジングロッドとしては重めだったけど、90gよりもっと軽く感じるバランスになってました。

 

次はスキャッドウォール!

お次はジャッカルさんのアジングロッド、スキャッドウォール。

ホームページにロッドの重量などが記載されてないので詳しいスペックが気になるところ。

56のモデルで67g。

62のモデルで73g。

610のロッドで79gでした。

グリップ周りやロッドエンドにメタルパーツを多く配置していました。

全体的に張りが強めのロッドで、グリップ周りに重心があるので軽めのリールでもバランスが取れそうな感じでした。

 

次はオリムピックのアジングロッド!

次はオリムピックさんへ。

ヌーボコルトプロトタイプ612L-T612UL-HSをよく使っているのですが、何やらスーパーコルトと言う新しいアジングロッドも出るとの事!

まず最初に目に付いたのはコルトRV。

価格は安いけど振り抜け、バランスも良く作られていました!

予備ロッドにいいかも?

そして持ってるけど一応ヌーボコルトプロトタイプも振ってみる。

やはりバランス、感度などやっぱり素晴らしい仕上がりですね!

このロッドが登場した事で、アジングロッドのハードルが一気に上がった感じがします。

そういやオリムピックの社員さんに、とある竿の事で面白い事聞いたけど・・・どうなるのかな?

 

 

 

 

 

そして今回気になっていた新製品のスーパーコルト!

 

展示されていたのは1機種だけでしたが、まさかのソリッドではなくてチューブラ(笑)ブランクスルーの構造で感度もヌーボコルトプロトタイプよりも良いとか?

まだプロトという事で、これからどう変わっていくのか楽しみですね!

 

スキャッドウォール、夢鯵、コルトRV、スーパーコルトをフィッシングショーでチェック!まとめ

とりあえず気になっていたアジングロッドを振り比べてきました。

最近のアジングロッドの傾向として、軽さを追求したロッド。

メタルパーツなどを付けて自重を重たくしてバランスを取っているロッドの2極化になっている感じですね。

 

たまに重たくてバランスも取れてないアジングロッドもあったりしますがw

今は昔と違いアジングロッドもたくさんの種類があり、どんどん進化しています。

最終的に道具は個人の好みになってくるのですが、色々選択肢が多いと選ぶのも苦労しそうですね(笑)

 

他にシマノさんなどのアジングロッドも気になっていたのですが、時間がなくて回れず。

ソアレのエクスチューンは釣具店でタグが付いた状態では振ったけど、タグも何も付いてない状態で振りたかったな~。

 

ブースがご近所だったティクトさんのロッドは振ってきたのですが、それは次回にでも紹介します。


PS
アジングには初心者でも
釣れる【型】がある?

 
 



ルアー釣り未経験からアジングを始め、
1年近くアジがあまり釣れずに
周りにバカにされてきた矢野が、

2万匹以上のアジを釣るきっかけとなった
初心者でも釣れる【アジングの型】を
電子書籍化しました。



【アジングの型】電子書籍



もしあなたが、
ネット上のアジングの情報を
集めて挑戦したけど、


糸はプチプチ切れるし、

アクションを入れても
何やっているかさっぱり分からず、
全然アジが釣れなくて心が折れそう


というのであれば、
この【アジングの型】電子書籍が
きっと役に立つでしょう。



アジング初心者でも釣れる【型】を
この電子書籍にまとめました。



現在、初心者応援企画として、
このアジングの【型】を
期間限定でプレゼントしています。



電子書籍のプレゼントは
予告なく終了する場合もありますので、

もしあなたが他のライバルよりも
早くアジングが上達したいと
強く思うのであれば、

今すぐ下記リンクをクリックして、
電子書籍を手に入れてください。




【アジングの型】電子書籍

 
PPS,

アジングタックルの種類が多くて
何を買ったら失敗しないか
悩んでいるあなたのために、

矢野が買って使ってよかった
おすすめのアジングタックルを
軽くインプレを添えてまとめました。


この一覧を見れば、
自分で色々な竿を買ってみて
実際に使って調べなくても
最短で優秀なタックルが分かります。


(おすすめタックルは随時更新しますので、
リンク先の楽天ルームでフォローすると
新しいおすすめがすぐに分かります。)

おすすめのアジングタックル一式を見る


僕はアジング専門のアイテムが
全くなかった時代から現在まで

500万円以上の金額を使って
ロッドやリールにライン、
ワームにジグヘッドなどを試し、

より多くのアジを釣るための
タックルを追求してきました。


その中でも、
より多くのアジを釣るための
優秀な性能を持った製品のみ
厳選して紹介しています。


もしあなたが

どの竿を買えばいいか分からない。

リールはどれが使いやすいのかな?

タックル選びで失敗したくない。

とお悩みでしたら

矢野が買って使ってよかった
オススメのアジングタックルを
ぜひ一度ご覧ください。



おすすめのアジングタックル一式を見る

 

YouTubeもやってます



ブログのテキストでは伝えにくい内容を動画で紹介できたらと思い、YouTubeで矢野のアジングchを運用しています。■登録者1万人超

累計2,5万匹以上のアジを釣った経験をもとに、釣果アップするためのタックル選定や釣り方などの、初心者から経験者まで楽しめるマニアック内容をお話していますので、ぜひチャンネル登録お願いします。

 

>>矢野のアジングch<<

注目記事一覧

1

こんにちは、矢野です。   今回は、僕がアジングで使っている、 アジング初心者でもめっちゃ釣れる シークレットワームを紹介します。   シークレットワームは YouTubeでも実釣 ...

2

こんにちは、矢野です。   今回は冬のアジングのポイント選びと 釣り方のコツ、ジグヘッド重さ選びの際の 注意点を紹介します。   冬のアジングになると、 北西の季節風が吹き、 海が ...

3

こんにちは、矢野です。   今回は予算2万円で揃える アジング初心者向けの おすすめタックルを 紹介します。   僕のところに届く 問い合わせ内容で多いのが アジングロッドなどの ...

4

こんにちは、矢野です。   今回はアジングリールの 選び方の4つのコツと 僕が使っているおすすめの アジングリールを紹介します。     アジングリールは、 竿、糸、針、 ...

5

こんにちは、矢野です。   今回は僕が以前監修した アジングバッグMXの進化版、 アジングバッグMX PROについて 詳しく紹介します。     以前、紹介した 釣り初心 ...

6

こんにちは、矢野です。   今回はアジングジグヘッドの 選び方のコツについて かなり深い部分まで掘り下げて 紹介します。     アジングが流行り始めて、 多くのメーカー ...

7

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

8

こんにちは、矢野です。   今回はアジングのメインラインとして よく使われるようになった、 エステルラインのメリット、デメリットと おすすめのエステルラインを紹介します。   ジョ ...

9

こんにちは、矢野です。   今回はアジングで釣ったアジを 簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   基本的にキャッチ&イートな僕は アジングで釣ったアジを 美味しく食べたい! ...

10

こんにちは、矢野です。   今回は20コルトUX 612L-HSのインプレになります。   2020フィッシングショー大阪で触った 20コルトUXの各シリーズ。   発売 ...

-アジングロッド
-, , ,

© 2022 あおむしの釣行記4