愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

メバリング

竿抜けポイントを探せ!フロートリグで遠投メバリング!

投稿日:2017年3月27日 更新日:

今回もメバリングへ行った話。

朝晩に冷え込みも柔らかくなってきて、そろそろアジングに行きたいな~と思う今日この頃。

しかし今年は納得いくメバル釣りが出来てないので、予定を延長してもう少しメバル狙い。

最近はジグヘッド単体で狙うメバルポイントばかり行っていたので、気分転換を兼ねて遠投するポイントへ行ってきました。




自作フロートリグで遠投!

とある遠浅のサーフを選択。

自作のフロートリグを装着して狙うは沖の藻場の竿抜けポイント。

沖の藻場のピュアなメバルをホイホイ釣ろう作戦ですw

フロートの下にはラッシュヘッドLサイズの1gを選択して、沖にある藻場を集中的に狙います。

自作フロートをフルキャスト!!

藻の密集地帯を通過して反応がなければ即回収。

扇状に投げて反応がなければ数m歩いて移動を繰り返して、メバルの付場を探していきます。

スタート地点から10mほど移動して、藻を越えてすぐの位置でヒット!!

 

藻の検問に引っかからないようにゴリゴリ巻きまくって、海面を滑らしながら寄せてきてキャッチ!

メバルの付場を見つけたか?と思うも連続ヒットとはいかず。

少しずつ歩いて移動しながら探っていき、ポツポツ拾っていく展開。

1投に時間が掛かって効率が悪いけど、遠投の竿抜けポイントとあってメバルの反応はいい。

予想していたよりサイズは伸び悩んだけど、予定していた範囲を探って最後にカサゴが釣れた所で終了でした。

竿抜けポイントを探せ!フロートリグで遠投メバリング!まとめ

久しぶりのフロートリグを使った遠投メバリング。

あまり人が投げない竿抜けポイントだったので、メバルの反応もすこぶる良かって楽しめました。

正直サイズはもう少しいいサイズが出ると思ったけど、そうでもなかったですね。

藻に巻かれないように超必死にゴリ巻きをするような魚が欲しかったのですが・・・。

桜も開花してそろそろ春本番、アジにするかメバルにするか悩みますな~。

■タックル

ロッド:ソルティセンセーション PSSS-78T
リール:16ナスキー2500HGS
ライン:G-Soul PE0,3号
リーダー:バスザイル8lb
飛び道具:自作フロートリグ
フック:土肥富/odz ラッシュヘッドLサイズ1g
ワーム:ベビーフィッシュ、ビームスティックなど







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 フロロ、PE ...

2

今回は新しく発売になったニューガルプのインプレ、アジの種類によるガルプの効果の違いの紹介という、ちょっとマニアックな話です。     汁物系ワーム代表のガルプ。アジがめっちゃ釣れる ...

3

長年、虫よけスプレーで悩んでいましたが、めっちゃいい虫除けスプレーがありました。 夏の夜釣り、カブトムシ、クワガタ取りなどの山遊びなどの時に、この虫よけスプレーを使ったら蚊、ブヨなどに悩まされる事がな ...

4

今回は夏のアジングのポイント選びのコツと、夏アジングでジグヘッドの重さを選ぶときの注意点のお話です。   夏のアジング。一部エリアではまだ産卵のアジも釣れますが、産卵から回復したアジやベイト ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン「141シンカーアジング」   現在、アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えば、ポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロ ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

9

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品の ...

10

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

-メバリング
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.