愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

この記事を書いた人

あおむし/矢野。愛媛県在住。国内最古の針屋、土肥富(どひとみ)のテスター。アジング歴10年超、年間1000匹以上アジを釣ってきた経験を元に、よりアジを釣るための情報発信をしています。

詳しいプロフィールはこちら

アジング メバリング

俺のトキメキを返せ!春のランガンアジング!

投稿日:2017年4月4日 更新日:

今回はアジングへ行った話。

メバルとアジを平行して狙うと言いつつ、ここ1ヶ月ほどはメバルを追いかけていて、アジはほぼ放置状態でした。

メバルばかり追いかけていた割に追い切れなかった感がありますが、そろそろアジの状態が気になる所。

と言うわけでアジを探しにアジングへ行ってきました。

ランガンしてアジを探す!

久しぶりのアジングという事で、アジがどこに入って居るかさっぱり分からない状態。

というわけでアジ探しからスタートです。

大まかに入るエリアを決めて、その中で潮位などを考慮して回っていくポイントを決めていく。

そして潮があまり流れない港湾部のポイントを選択。

ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSラッシュヘッドM1gで開始。

時間もないのでいきなり明暗の境付近のいい場所に投げて探っていく。

「産卵を意識した個体が入っていたらいいんだけどな~」と思いながら釣っていくも残念ながら反応無し。

産卵の食いが悪い魚の可能性があったので、少しずつ横に移動して丁寧に探っていくも、アジどころかネンブツダイからの反応もなかったので見切る事にする。

ベイトは居るけど・・・・・

最初の場所は全くアタリ無しで終了して、すぐに次のポイントへ向かう。

明かりの中には雑魚などが見えるが、アジのライズが無いので厳しそう。

表層を探って反応無し。少しずつ深く探って底までいくも反応無し。

見切って次々予定したポイントを打っていく。

予定していたポイントの半分ほど打ってみてアジからの反応が全くない。

「これはエリアの選択ミスしたな~」と思いながら一応最後に予定していたポイントまで打って完全試合。

帰り際にメバルで気になっていたポイントがあったので、そこに寄り道してから帰る事にする。

3度のトキメキを返せ!

とあるゴロタのサーフ。

潮位の高いので、「もしかしたらいいサイズのメバルが入っているかも?」と密かに期待する。

アジングロッドしか持ってきてなかったので、ヌーボコルトプロトタイプ612L-TにPE0,2号を巻いた05イグジストをセット。

ジグヘッドはロッドパワーを考慮してラッシュヘッドM1,3g。

潮上に投げて表層付近をチョンチョンと動かしながら巻いてくるとコンッとイイアタリ!

 

いいサイズが釣れたものの、沖から回遊してきてるメバルではない。

案の定1匹釣れたのみで反応がない。

少し立ち位置を変えて、大きい岩の際を狙っていく。

表層を通して反応がないので、少し深く沈めて通してくるとコンッ!と気持ちいいアタリ!!

合わせた瞬間にドンッ!!とロッドに重さが乗る!!

「これは尺メバルキター!!」

ウキウキで根に持って行かれないようにスプールを抑えて走りを止めて、ドラグを少し締める。

ロッドを水平より少し上に構えて、リールをゴリゴリ巻いてリールの力で魚を寄せてやる。

「この重さは尺メバルどころじゃないな~」と疑問に思い始めた時、根とは反対の方に走り始めた。

と思ったら少し前でバシャっと海面から獲物が出てきた。

「ヒラスズキじゃん!!」

パッと見た感じ60cmくらいのヒラスズキっぽく見えた。

アジングやメバリングでスズキさんを掛けると大体飲み込まれてるので、歯でラインを切られないようにドラグを緩めてやる。

先ほどと同様にゴリゴリ巻きながら寄せてくると、ヒラスズキにしてはなんか体高がある。

「こ、これは鯛じゃないですか!!!」

獲ってもないのに刺身にしようか鯛飯にしようか迷いながら、幾度かの突っ込みを凌いで寄せてくる。

最後は波に乗せてずり上げてキャッチ!!!

赤い鯛と思ってたら黒かった・・・。

尺メバルと思いトキメキ、ヒラスズキと思いトキメキ、真鯛と思ってときめいたのに・・・・・。

ジグヘッドはラッシュヘッドMサイズ。

フックに粘りが出るように焼き入れ焼き戻しをしている恩恵で、不意の大物も獲る事が出来ました。

ただこのような獲物にはLサイズがおすすめです(笑)

もう少し粘るもこのチヌで場が荒れて、その後は一切反応なくなったので終了でした。

俺のトキメキを返せ!春のランガンアジング!まとめ

厳しいかな~と思ってましたが、「出直してこいよ」って感じでボーズ食らいましたw

しかしアジの代わりにメバルやチヌが釣れてくれたのでよかったですが・・・。

それにしてもアジングで1匹も釣れなかったのは超久しぶりで、なんか新鮮な感じでした。

次は別のエリアを回ってアジを探すことにします。

■タックル(アジング)

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HS
リール:04ステラ1000PGSDH
ライン:シンカーアジング0,2号
リーダー:バスザイル4lb
フック:土肥富/odz ラッシュヘッドM1g
ワーム:アジリンガー、アジアダーなど

■タックル(メバリング)

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ612L-T
リール:05イグジスト1003
ライン:アップグレードPE0,2号
リーダー:リバージ6lb
フック:土肥富/odz ラッシュヘッドM1,3g
ワーム:ベビーフィッシュなど







  • この記事を書いた人

あおむし/矢野

あおむしの釣行記の管理人。愛媛県在住の30代。 釣り(アジング)、革靴、美味しいものが好きな30代♂。国内最古の針屋、土肥富(どひとみ)のテスター。アジング歴10年超、年間1000匹以上アジを釣ってきた経験を元に、よりアジを釣るための情報発信をしています。革靴や愛媛のグルメ情報も今後増やす予定。

注目記事一覧

1

今回は新しく発売になったニューガルプのインプレ、アジの種類によるガルプの効果の違いの紹介という、ちょっとマニアックな話です。     汁物系ワーム代表のガルプ。アジがめっちゃ釣れる ...

2

アジングで防寒グローブを使うと、「手の感度が落ちてアタリが取りにくくなって釣果が落ちる」と悩んでいるアジンガーのあなた!   感度を落とさずに防寒もできる、アジングに超おすすめの防寒グローブ ...

3

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

4

今回はオリムピックさんのアジングロッド、ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのインプレ記事。 頑張って書いたインプレ記事よりも【アジングロッドを買いました!!】という記事の方がアクセスが良い場合も ...

5

  今回は宵姫 華 S66MLのインプレの話。 がまかつさんのアジングロッドと言えば、4,5年前に「宵姫の66、69のどちらかが、一番売れているロッド」という話を聞きました。理由は「1g以下 ...

6

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

7

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

8

今回は通常のアジングワームにガルプの匂いを付ける話。   低水温期や産卵期など、アジの活性が低い時によく効果があるのがワームの匂い。現在発売されているアジングワームには、一部を除いてほとんど ...

9

今回はアジングをやっていて、【アタリがあるけど掛からない】という原因の1つを5秒で見つけられる方法を紹介します。   目次1 アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないで ...

10

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン「141シンカーアジング」   現在、アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えば、ポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロ ...

-アジング, メバリング
-, ,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved.