愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

アジング

春の産卵アジング攻略~釣り方に迷ったら、とりあえず投げて巻くのだw

投稿日:2017年4月14日 更新日:

注目記事一覧

1

  【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。ほんと色んな種類のアジングジグヘッド ...

2

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年 ...

3

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】 アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。 新製品のアジングワー ...

4

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。   色んなメーカーさんからフロートリグが発売されているけど、市販のフロートリグはいい値段。   なの ...

5

  今回は産卵期のアジングへ行った話。   前回のアジング釣行ではいい感じの群れを見つけて、久しぶりにいい釣りが出来ました。定番の刺身や寿司にしたりして食べたのですが、脂も良く乗っ ...

 

今回は産卵期のアジングへ行った話。

 

前回のアジング釣行ではいい感じの群れを見つけて、久しぶりにいい釣りが出来ました。定番の刺身や寿司にしたりして食べたのですが、脂も良く乗ってめっちゃ美味しかったです♪

 

そんな脂がたっぷり乗って美味しいんだけど、ちょいと手ごわい産卵期のアジ。またまた食べたくなったので行ってきました。




産卵期のアジの釣り方に迷った時は?

選択したポイントは潮の流れの緩い港湾部。産卵のアジは潮の流れが緩い場所に入ってくるので、港湾部の湾奥などの潮が緩い場所を選択します。

 

到着してアジが居るか海面を確認すると、小さなライズがあります。産卵真っ最中だと全く口を使ってくれないので、さっさと移動した方が賢明ですが、ライズの感じから「産卵真っ最中~」ではなさそうなので多分釣れるでしょう。

 

ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSに04ステラをセット。ラインはシンカーアジングにジグヘッドはラッシュヘッドMサイズ1g

 

ワームはアジリンガーを選択して釣り開始。アジリンガーは食い渋り対策に、ガルプマリネードで匂いチューンをしています。表層付近に浮いているのを確認しているので、投げてすぐにアクションを入れて探っていく。

 

2回ほどチョンチョンと動かしてやって、食わせの間を2秒ほど入れてアタリを待つ。これを表層から50cmくらいの範囲を外さないように繰り返し釣っていく。

 

モゾッと微かなアタリを掛けて1匹目。サイズが小さいけど、釣れてくれたので一安心。

 

先ほどと同じように表層付近を大きく上下に動かさずに、一定の層を外さないようにして探っていく。ジグヘッドの重さは別に0,4gとかの超軽量でなくてもいい。1g前後のジグヘッドで一定の深さを、きちんと引いてくるように意識する方が大事です。

 

投げて巻くだけをやっているアジング初心者が、フォールの釣りを多用するベテランをボッコにすることが多いパターンですね。

そして初心者の人が「アジって投げて巻くだけで釣れて簡単じゃん」と言うんです。で、夏場などのリフト&フォールの方がよく釣れる時期に、経験者にボッコにされて「なんで?」となるのをよく見ました(笑)懐かしい思い出ですw

パターンに嵌めて連発・・・・といきたかったけどアタリが小さくて掛け損ないもポツポツと。アジのサイズと食い方からラッシュヘッドSかフロードライブヘッドが合ってそう。しかし20cm以上が釣れると思ってたから、家に置いてきてしまった(笑)

 

苦戦しながらもポツポツと釣っていくと、イカが入ってきたみたいでアジが散ってしまい一気に食わなくなった。このまま粘っても仕方ないので少し移動する。

雑魚に付いたアジを発見!

先ほどより潮通しのよい場所に移動して、海面を観察しているとライズあり。同じ場所で何度もライズするのではなく、色んな位置でライズをするので雑魚などのベイトを追ってるようだ。

 

先ほどと同様にラッシュヘッドM1gで釣っていくと、アタリがあっても掛かりが悪い。

ややフォール気味で釣っていて掛りが悪かったので、これはアジの食い方に対してフックが合ってないと判断。レンジクロスヘッド1gに交換して釣っていく。

コンッと気持ちいいアタリがあって釣れてくれました。

同様に探ってくるとパターンに嵌まったようで連発!

使用タックルに対してサイズがちょいと物足りないけど、贅沢は言いません(笑)

 

雑魚に付いたアジだけかと思いきや産卵のアジも混ざっているようで、たま~にモゾッという小さいアタリもあったりして面白い。時間を忘れて夢中になって釣っていたら、またまたイカが登場してアジを散らす。

おかげでアジが釣れなくなってしまったので、終了としました。

春の産卵アジング攻略~釣り方に迷ったら、とりあえず投げて巻くのだwまとめ

サイズが前回より小さくなってたのが残念だったけど、数釣れてくれたので楽しめました。

釣り方は、投げて一定の深さを引いてくるように意識する事が重要。これだけでも結構アタリの数が変わってきます。0,4gの軽量ジグヘッドじゃないと釣れないって状況ってほとんどないので、まずは1gのジグヘッドで一定の深さを探れるようにするといいですよ。

「軽いジグヘッドじゃないと釣れない」って思いこまずに、1gほどのジグヘッドを使ってみることも大切です。

 

今回釣ったアジは小さかったけど脂がかなり乗っていたので、これから本格的に産卵に入りそうな感じ。よく釣れたからと言って同じ場所に通うと、痛い目に合うパターンになりそうですw

 

■タックル

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HS
リール:04ステラ1000PGSDH
ライン:シンカーアジング0,2号
リーダー:銀鱗1号
フック:土肥富/odz ラッシュヘッドM1gレンジクロスヘッド1g
ワーム:アジリンガーなど







-アジング
-, , , ,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.