愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

この記事を書いた人



あおむし/矢野。愛媛県在住。釣り、革靴が好きな30代。国内最古の針屋、土肥富(どひとみ)のテスター。アジング歴10年超、累計10000匹以上アジを釣ってきた経験を元に、よりアジを釣るための情報発信をしています。

>>さらに詳しいプロフィールをみる
 

アジング釣行

大雨+風の日のアジング=雨粒がロッドに当たった感触とアタリの違いを感じる修行だった件

投稿日:2019年3月26日 更新日:

3月に入って一気に春めいてきました。

 

例年通り1月末辺りからフィッシングショーや諸々の用事で、長時間の釣行時間が取りにくくなってきます。

 

その代わりに短時間ではありますが、テーマを決めて土肥富のプロトフックのデータ取りに時間を使うようにしています。

 

そんな日々の中、先日は爆風、大雨というテストに最適な?気象条件だったので、気合入れてテストのアジングに行ってきました。




ジグヘッド単体ならもっと釣れる気がしたけど・・・・

夕マズメのタイミングが終わった頃にポイントに到着。

 

ポイントに行く道中は雨が降っていたけど、ポイントに付くころにはすっかり小降りになっていた。

 

一応カッパを着て長靴を履いてから、車のトランク内を雨よけにして道具を準備する。

 

ロッドはソルセンの78T、リールは07ソアレ2500HGS。

 

シンキングタイプのフロートリグを付けて、プロトフックをセットする。

 

明かりも十分効いていて、アジも寄ってきているはず!!沖の明暗付近を狙って投げて、表層付近から探ってくる。

 

 

「1投目から釣れるかな~」と密かに期待するも、残念ながら反応なし。

 

1投目からアタリがあるとテンションあがるんだけど、なかったら一気にテンションが下がる今日この頃w

 

今回はすぐに移動せずに、表層から底の方までじっくり探っていく。

 

投げる方向を変えたり、探る深さを変えたりして、丁寧に丁寧にアジの付き場を探っていくと、手前の掛けあがり付近で「コッ」と待望のアタリ!!

 

反射的に合わせを入れると、合わせが強すぎたようでアジが海面から飛び上がってきてしまった・・・・・・。

 

とりあえず1匹目が釣れてくれて一安心!!

 

しかし1gのジグヘッドでも届くような手前で釣れたから、もしかして沖にはアジが入っていないかもしれない。

 

「嫌な予感がするな~」と思いつつ、同じところに投げて同様に探ってくるも、アタリがなく再現性がない。

 

しばらく投げ続けてネチネチと探っていくも、手前の掛けあがり付近で釣れた1匹のみで、沖の明暗付近ではアジを見つけることができず。

 

「ジグヘッド単体で探ったらなんか釣れそうな気がするな~」と思うも、テストに集中するためにジグヘッド単体用の道具は持ってきてない。

 

これ以上粘っても時間がもったいないので、他の場所に移動です。

 

雨がロッドに当たる感触とアジのアタリを見極めろ!

2か所目に入った場所では、表層~底付近まで丁寧に探ったけど全くアタリがない。

 

早々に見切って次の場所に移動です。

 

3か所目に入った場所で道具を準備していると、雨が強くなってきた。

 

「雨が強いとロッドに雨粒が当たって、アタリが取りにくいんだよな~」と思いながら道具を準備していると、表層付近でライズあり!!

 

「いやいや、雨強いけどテンションあがちゃうよ♪」

 

期待を膨らませた1投目!!

 

雨粒がロッドに当たった感触をアタリと間違えそうになりながらも、チョンチョン~食わせの間~で「カツッ」と言う明確なアタリ!!

 

すかさず合わせを入れてヒット!!

 

安定のゴリ巻で寄せてきて抜きあげてキャッチ!!

 

 

うん、なんかライズの感じがアジっぽくなかったんだよねw

 

まぁ美味しいからいいんだけど、そういや去年のこの時期もヒラスズキをたくさん釣ったな・・・・。

 

嫌な予感がしつつも、ヒラスズキを締めてクーラーに入れる。

 

 

「今日は雨だし風も強いけんヒラスズキの日かな?」

 

と思ったら、ライズがなくなったw

 

 

そして風も強くなってきた。

 

まぁよくあることなんだけど、こんな日こそプロトフックのテスト日和・・・・のはずw

 

投げた後にラインが風で流されないように、しゃがんでロッドを海面に近づけて対応。

 

投げる方向、フロートの重さを変えたり、探る深さを変えたりしながら、アジの付き場を探していく。

 

大粒の雨がロッドやラインに当たった感触をアタリと間違えそうになりながらも、集中して探っていく。

 

しばらくアタリがない時間が続いて、「そろそろ移動しようかな~」と思った頃に、ようやく魚からのコンタクト!!

 

カサカサッというアタリだったので、雨がロッドに当たった感触との違いがよくわかったw

 

なんか雨がロッドに当たった感触と、アジのアタリの違いを感じる修行になってる気がする・・・・・。

 

それから数投して、またまたアジのアタリがあってもう1匹追加!!

 

「地合いに入って連発か?」

 

 

と思ったけど気のせいだったようで・・・・・。

 

お、おう。

またお前かよ。

 

そしてこのヒラズスキを釣ってから、30分ほどアタリがない時間が続く。

 

「なんかアタリないし、雨がカッパの中に入ってきたし、手もふやけてしわしわになったし、この1投でアタリなかったら帰ろう」

 

そのラスト1投目・・・・・。

 

釣れたので帰れなくなったというオチではなく、アタリなしで潔く終了して帰宅w

 

久々に修行のようなプロトフックのテストアジングになりました。

 

 

まとめ

というわけで、雨風の中でのアジング。

 

プロトフックのテストしたというよりは、雨がロッドに当たった感触とアタリの違いを見極める修行の釣りになりましたw

 

まぁそんな雨風強い状況でも魚を掛ける事ができるプロトフック、少しずつですが完成に近づいているのを実感しています。

 

良いものができるように1歩1歩確実に、地道なテストを進めていきます。

 

■タックル

ロッド:ソルティセンセーション PSSS-78T
リール:07ソアレ2500HGS
ライン:ソルトウォーターフィネスPE0,4号
リーダー:バスザイル8lb
飛び道具:シャローフリーク、自作フロート
フック:土肥富プロトフック各種
ワーム:アジリンガー、アジアダー、マッカムなど







注目記事一覧

1

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

2

今回は夏のアジングのポイント選びのコツと、夏アジングでジグヘッドの重さを選ぶときの注意点のお話です。   夏のアジング。一部エリアではまだ産卵のアジも釣れますが、産卵から回復したアジやベイト ...

3

【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。アジングが流行る前、アジングに適したジグヘッドがな ...

4

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

5

ジグヘッドを激安で自作したい人必見!! 今回は土肥富(どひとみ)のジグフックを使って、ヒラメ、マゴチ、メバリング、アジングに使うジグヘッドを激安で自作する方法を紹介します。   「土肥富(ど ...

6

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。   フロートは色んなメーカーさんから発売されている ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品の ...

9

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

10

長年、虫よけスプレーで悩んでいましたが、めっちゃいい虫除けスプレーがありました。 夏の夜釣り、カブトムシ、クワガタ取りなどの山遊びなどの時に、この虫よけスプレーを使ったら蚊、ブヨなどに悩まされる事がな ...

-アジング釣行
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2019 All Rights Reserved.