愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

この記事を書いた人



あおむし/矢野。愛媛県在住。釣り、革靴が好きな30代。国内最古の針屋、土肥富(どひとみ)のテスター。アジング歴10年超、累計10000匹以上アジを釣ってきた経験を元に、よりアジを釣るための情報発信をしています。

>>さらに詳しいプロフィールをみる
 

アジング釣行

夏のドシャローアジング~フックサイズの重要性を再認識

投稿日:

気が付けばもう9月。

 

今年の夏は去年よりも暑い日が少なく、

過ごしやすかったですね。

 

 

アジングを涼しくするために、

空調服を購入しようか迷ったのですが、

今年も購入せずに済みそうです(笑)

 

 

8月も土肥富のプロトフックのテストをメインに

アジングをしつつ、テストと平行して

色々なワームも使って遊んでました。

 

 

アジング製品も飽和状態と言われてますが、

ワームは次々と新製品が出ていますね。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

色んなワームを比べるのは楽しい。 #アジング #土肥富 #土肥富プロトフック #18レガリス #ajing #アジスケ

Toru Yanoさん(@toru.yano)がシェアした投稿 -

 

そういえば珍しく8月は

複数で釣行することもよくありました。

 

 

 

やっぱりガルプは強かったw

 

 

まぁガルプが強いポイントを選んだってのもありますが、

初のアジングでたくさん釣ってもらえてよかったです。

 

 

そんな感じで複数での釣行も数回あったのですが、

その中の釣行の内容が濃かったので、

その1つを今回は記事にします。

 

夏の愛媛アジングを楽しむ

今回ピックアップしたのはMさんとの釣行。

 

 

今年のフィッシングショーでお会いした、

兵庫県在住のMさんですが、

なんと奥さんの小学校、中学校が僕と同じで、

まさかのご近所さんでした。

 

 

いや~どこで繋がるか分からないもんですねw

 

 

そんなMさんとのアジングですが、

アジが入っている場所は大体把握していたけど、

潮、月のタイミングがイマイチ。

 

 

「厳しい釣りになるかも知れないな~」と思い、

数釣りよりも刺身にできるサイズを狙おうってことで、

潮などを考慮したプランを立てる。

 

 

 

最初に入ったポイント。

今回入ったエリアの中では比較的潮通しがいい場所。

 

 

普段は1g以下のジグヘッド(0,6g前後)で

釣りをすることが多いMさんですが、

今回は1,5g前後を使ったアジングをやってもらいました。

(0,6g前後だとアジが見切ってほぼ食わない)

 

 

 

レンジクロスヘッド1,5gから開始。

 

「潮が高いうちがチャンスですよ~」と言ったところ

すぐにMさんが釣ってくれました。

 

 

ゲストさんに釣ってもらえて

とりあえずボーズはなくなったので

僕の肩の荷も下りて一安心。

 

 

僕もいいサイズをいただきました。

 

しかし潮位が低く、

1か所のポイントに入っているアジが少ないので、

ランガンして数を稼ぎます。

 

 

潮位の関係で水深1M未満のシャローを

釣ることが多くなりましたが、

それでもポツポツと釣れてくれます。

 

 

このエリアはボリュームのある大き目のワームよりも、

アジアダーなどの細めのピンテールが良かったですね。

 

 

水深1m未満のポイントを

1,5g前後のジグヘッドで釣るのは難しいかな?と思いましたが、

Mさんも上手に釣っています(笑)

 

 

ランガンしてポツポツ追加していったけど、

潮位がかなり下がってきて、

アジングから潮干狩りした方がよさそうになってきたので、

見切って他の場所に移動です。

 

アジングでフックサイズを合わせるのはやはり重要

潮干狩りした方がよさそうなポイントから脱出して

次に入ったポイントは・・・またまたシャローなポイント。

 

 

とはいっても先ほどまでやっていたポイントよりは

水深があるので釣りやすいかなと。

 

 

釣れたらクーラー持ってこようと思ってたら、

1投目から釣れたので車に戻ってクーラーを持ってくる。

 

 

「これで釣れなくなるのがアジングあるあるだよな~」

と思ってたら、2投、3投と連発する。

 

 

これは単発ではなく群れが入っているかも?

 

 

期待しまくりで釣り続けると、

アタリがあるけど掛からないという現象が起き始める。

 

 

夏らしくスコンっと気持ちいい食い方ではなく、

チッ、カサカサっというようなアタリ。

 

 

掛かっても口の浅い場所で、

抜きあげたらポロっと落ちたり、

掛けてもすぐにバレたりと

何か改善しないといけない状況。

 

 

レンジクロスヘッド1,3gにアジリンガーを使っていたけど、

おそらくワームのボリュームがあって吸い込みが悪いというよりは、

アジのサイズ(18cm前後)に対してフックサイズが合ってない感じ。

 

 

そこでレンジクロスヘッド1,3gから

フロードライブヘッド1,2gに変更する。

 

【アミパターン最強】土肥富 フロードライブヘッド開発ストーリー

 

 

 

すると今まで掛からなかったのがウソのように、

ほぼ100%に近い数値で掛かるようになりました。

 

 

Mさんにもフロードライブヘッドに変えてもらうと、

同様にフッキング率がアップ。

 

 

アタリが合っても掛からない、

掛けてもすぐにバレるストレスから解放されて、

釣れるペースが一気に上がりました。

 

 

とはいっても月明かり、潮位が低い影響で

次第にアタリの数が減ってくる。

 

 

「あと1匹釣れたら帰りましょう」と言ってたのに、

いつまでも帰れそうになかったので、

「あと5投したら帰りましょう」

に変更して、潔く終了としました(笑)

 

 

まとめ

というわけで8月は

ガルプ使ったアジング初心者の友人にボッコにされたりするなど、

色々な方とアジングにいく機会が多かったです。

 

 

普段単独釣行が多いので、

他の方の釣りを見るのは勉強になりますね。

 

 

特にMさんとの釣行は、

水深1M未満のポイントで

1、5g前後のジグヘッドで釣るアジングや、

フックサイズを変えるとフッキング率が変わることなど、

色々な内容が詰まった釣りになり、

僕自身もめちゃ楽しめました。

 

【フッキング率アップ】レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドの使い分け!【アジング】

 

ワームの色も他県の方と釣りをすると、

自分が持ってないような色が出てくるので、

地域性や好みの違いを感じて面白いです。

 

あっという間に8月も終わり。

 

 

1日1日が過ぎるのが早く感じますが、

9月も引き続きプロトフックのテストなど、

アジングを楽しみます。

 

■タックル①

ロッド:宵姫華 S66-ML
リール:17スティーズタイプⅰハイスピード
ライン:シンカーアジング0,2号
リーダー:バスザイル4lb
フック:土肥富 レンジクロスヘッド、フロードライブヘッド
ワーム:アジリンガー、アジアダー、ガルプなど

 







注目記事一覧

1

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

2

アジングで防寒グローブを使うと、 「手の感度が落ちてアタリが取りにくくなって釣果が落ちる」と 悩んでいるアジンガーのあなた!   実は感度を落とさずに防寒もできる、 アジングに超おすすめの防 ...

3

【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。アジングが流行る前、アジングに適したジグヘッドがな ...

4

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

5

ジグヘッドを激安で自作したい人必見!! 今回は土肥富(どひとみ)のジグフックを使って、ヒラメ、マゴチ、メバリング、アジングに使うジグヘッドを激安で自作する方法を紹介します。   「土肥富(ど ...

6

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。   フロートは色んなメーカーさんから発売されている ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品の ...

9

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。   ...

10

冬のアジング。 北西の季節風が吹き、海が荒れるたびに水温が下がってアジの活性も低くなっていく。秋のハイシーズンのような激しい食い方とは一転して、シビアな状況が多くなる時期。   アジが付きや ...

-アジング釣行
-, , , ,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2019 All Rights Reserved.