【フッキング率アップ】レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドの使い分け!【アジング】

      2017/06/03

 

今回は土肥富/odzから発売中のアジングジグヘッド、レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドの使い分けの話。

2017年フィッシングショー大阪の時に、ブースに来て頂いたお客さんの質問で、「レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドをどのように使い分けたらいいのか?」と言う内容がありました。

ありがたい事に最近レンジクロスヘッドやフロードライブヘッドを知って、使い始めてくれた方も多いみたいなので、私がやっている使い分けを紹介します。

最初にレンジクロスヘッド、フロードライブヘッド、レンジクロスフックの開発ストーリーを見た事が無い方は、まずそちらをご覧ください!

【究極の刺さりを追求】土肥富 レンジクロスフック開発ストーリー

【超鋭利な針先を持つアジングジグヘッド】 レンジクロスヘッド開発ストーリー

【アミパターン、小アジにおすすめ】アジングジグヘッド フロードライブヘッド開発ストーリー

※注 今回は15cm~30cmくらいまでのサイズのアジを対象とした使い分けになり、ワームサイズやジグヘッドの重さなどの細かい条件は考慮していません。



一番はアジのサイズで使い分ける!

レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドを使い分ける一番の基準は釣れるアジのサイズですね。

レンジクロスヘッド、フロードライブヘッド共に、究極の刺さりを追求したレンジクロスフックを使用しています。

それぞれのジグヘッドに付いているレンジクロスフックのサイズは、レンジクロスヘッドはMサイズフロードライブヘッドがSサイズになります。

アジのサイズが変わると当然ですが口の大きさも変ってきます。

「20cm以上のアジなら簡単に掛ける事ができるけど、20cm以下のアジになったら掛かりが悪くなった!」といった経験をされた方もたくさん居られるはず!

これは単純にフックサイズが合ってない事が多く、釣れるアジのサイズに合ったフックサイズに合わせてやると掛かりが良くなることが多いですね!

特に20cm以下のサイズになると口も小さいので、フックサイズをきちんと合わせてやることが重要になってきます。

逆に大きいアジの方は口が大きいのでフックサイズが多少合ってなくても、20cm以下のアジに比べたら掛かりが悪いというのは少なくなりますね。

しかし小さすぎるフックを使用していると、アジの口にフックが触れずに吐き出されてしまい、アタリが感知できない場合があるので注意!

私がやっているアジのサイズによる使い分けは、レンジクロスヘッドが20cm~のアジを釣る時に使用。

フロードライブヘッドが~20cmまでのアジを釣る時に使用しています。

 

最初に投げるジグヘッドは?

私は基本的にレンジクロスヘッドからスタートする場合が多いですね。

フロードライブヘッドだとアジのサイズが良い時や活性が高い時などに、フックサイズが小さくてアジの口に触れずに吐き出される場合があります。

そうなるとアタリがあるという事に気が付かずに、「ここにアジは居ない」となってしまいます(笑)

逆にレンジクロスヘッドだとフロードライブヘッドと比較してフックサイズが大きいので、掛からなくてもアジの口に触れずに吐き出されるという事が少なくなります。

となると「掛からなかったけど何かアタリがあるからアジ、もしくは何かが居る!」となり、正体を見る為に色々と工夫するようになります(笑)

ネンブツダイだった時はテンション下がりますがw

明るい外灯のポイントでジグヘッドを見ながらアジングをやっていると、アジが食ってきても知らない間に吐き出されて、手元に感知できてないアタリって結構多かったりするんですね。

17~8cmくらいのアジでも活性が高い時は、フロードライブヘッドでも口に触れずに吐き出されたり、すっぽ抜けたりする場合もあったりするので注意が必要です。

ライズの仕方などでアミパターンと予測して、最初からフロードライブヘッドを投げる時もありますが、基本的にレンジクロスヘッドからスタートする場合がほとんどです。

アジの活性(ベイト等)で使い分ける!

次はアジの活性やベイトなどで使い分ける方法です。

アジのサイズに合わせてフックサイズを変える方法で対応できる場合が多いのですが、アジの活性やベイトによっては、上記の方法では対応できない場合もあります。

秋のハイシーズンによくあるのですが、カタクチイワシ、キビナゴなどの小魚系のベイトを追っている時は、アジの活性も高くて捕食の際の吸い込みも強い場合が多いです。

このような状況で20cm以下のアジでもフロードライブヘッドを使っていると、フックサイズが小さくてすっぽ抜けて掛かりが悪くなることがあります。

釣れているアジのサイズが20cm以下の場合でも、ベイトなどを追って高活性な時はレンジクロスヘッドを選択してやると、フックを吐き出しにくくなりフッキング率が高くなることが多いですね。

画像は秋にレンジクロスヘッドで釣った17~18cmのアジ。

 

逆にアミパターン、冬の低水温期、夏の高水温期の酸欠状態などの時

このような状況だと口も大きく開けずに吸い込みも弱い場合が多い。

そしてアタリの出方もカサカサッ、モゾモゾ、ツッという感じ、ムッっとティップにもたれる感じで出る場合が多いですね。

このような場合は20cm以上のサイズにレンジクロスヘッドを使っていても、吸い込みが弱いなどの影響で掛かりが悪くなる場合があります。

なので釣れるサイズが20cm以上でもフロードライブヘッドを選択してやると、掛かりが良くなることが多いです。

アジのサイズに合わせる以外にも、このような使い分けをしてやるとフッキング率が上がったりします!

レンジクロスヘッド、フロードライブヘッド実釣動画!

昨年にレンジクロスヘッド、フロードライブヘッドを使用した動画の撮影をやっていますので、よろしければご覧ください!

【フッキング率アップ】レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドの使い分け!まとめ

一番はアジのサイズによる使い分け、次にベイトやアジの活性などで使い分けるようにしています。

この2つを意識していれば大体の状況はカバーできると思います。

フックサイズが小さすぎてもダメ、大きすぎてもダメ。

その時の状況に合ったフックサイズを選択してやることで、フッキング率が大きく変わったりもします。

フックサイズを合わせるというのを覚えると、より多くのアジを掛けれるようになってくると思いますので是非やってみてください。

当然ですが針先の鋭さのチェックも忘れずに!!

 

 - アジング攻略法 , ,