【ブレードチューン】超簡単にジグヘッドに取り付ける方法!

      2017/09/19

今回は下アイが付いてないジグヘッドに、超簡単にブレードチューンをする話。

去年辺りからボートロックなどでジグヘッドで釣っている時に、アピールアップの目的でブレードを付けています。

そのブレードですが、ジグヘッドに取り付け用の下アイが付いていれば簡単に付けれるのですが、下アイがないと簡単に取り付けが出来ない。

ワームにねじ込んで使う物もありますが、魚にワームだけ持って行かれると一緒にブレードも持って行かれてしまうので経済的ではないんですよね。

何かいい方法はないかな~と考えたら、下アイのないジグヘッドにも簡単にブレードチューンできる方法を思い付きました。

早速昨年から実践してみたら使い勝手が良かったので、記事にしてみます。




簡単ブレードチューンに必要な物

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【コーモラン】ウィローブレード[ネコポス:1]
価格:209円(税込、送料別) (2017/9/17時点)

まずはブレード。コーモランさんのブレードを使用しています。

ウイローブレード、コロラドブレードがあるので、好きなのを選んでください。

個人的にアカハタやオオモンハタには、ブラス製のウイローブレード、大きさは#3~#3,5が実績が高かったので、好んで使っています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【釣り】【PROTRUST】ローリングWスナップ付 PT-249【110】
価格:216円(税込、送料別) (2017/9/17時点)

もう1つ用意するのはダブルスナップのサルカン。

大きさはを選択していますが、使用するジグヘッドの針の線径合わせてサイズを変えるといいでしょう。

ワームキーパーが付いているジグヘッドなら、もっと大きいサイズの方がよさそうですね。

超簡単!作り方!

作り方は超簡単!

このような感じでブレードにサルカンを取り付けるだけです(笑)

スプリットリングで取り付けるよりも超簡単!

あとはこの完成した物をジグヘッドに取り付けるだけ!

このようにヘッド部とワームの間に装着するだけでオッケーです。

これでもきちんとブレードが回転して、アカハタ、オオモンハタなどにアピールしてくれます。

絡まるトラブルもほとんどなく、快適に使えています。

ブレードチューンのメリット、デメリット!

ブレードチューンによるメリット

ブレードチューンの一番のメリットと言えばアピールが強くなる事。

水深20m以上、時には30m以上の水深で釣ったりすることもあるボートロックフィッシング。

ワームだけではアピールが足りずに、魚にワームの存在を気づかれにくいんですね。

ワームだけで釣っていてもアタリがないけど、ブレードチューンをしたら連発した!という事もありました。

ブレードチューン前と比べて明らかにアタリの数も違い、ブレードチューンによる効果を実感できました。

 

ブレードチューンによるデメリット。

ブレードを付ける事で、抵抗が増えて飛距離が落ちる、潮の抵抗を受けやすくなりフォールスピードが遅くなる。

潮の流れが速い所では、抵抗が大きいので沈みにくい。

アピールが強すぎて、魚が嫌がる場合もあるのでブレードが無い方がいい時もある。

使用して感じたデメリットはこのくらいですね。

今回の取り付ける方法だと簡単に取り外しができるので、それぞれ状況に合わせて使い分けるといいでしょう。

【ブレードチューン】超簡単にジグヘッドに取り付ける方法!まとめ

去年にこの方法を思いついて、試してみたら使い勝手がとてもよかったです。

作るのも簡単、取り付けるもの超簡単、そして値段も安く作れる!

当然、ブレードを付ける事によるメリット、デメリットありますが、使い分けをして、釣果もいい感じで出ています。

ジグヘッドにブレードチューンをやってみようと思っている人は、是非お試しください!

 - タックル関係 , , ,