愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

この記事を書いた人

あおむし/矢野。愛媛県在住。国内最古の針屋、土肥富(どひとみ)のテスター。アジング歴10年超、年間1000匹以上アジを釣ってきた経験を元に、よりアジを釣るための情報発信をしています。

詳しいプロフィールはこちら

アジング アジング攻略法

【ついに達成なるか?】セグロのギガアジとヒラアジのギガアジを狙ってギガアジング!

投稿日:2013年1月19日 更新日:

 

今回はセグロとヒラアジのギガアジを狙った話。

 

前回のセグロとヒラアジのギガアジを釣るmission失敗の後、攻めているポイントが機能するタイミングなどをチェックする調査の釣りをしばらく続けてデーター収集。

「いつも釣ってるね」ってよく言われるけど、実際はいつも釣ってるわけではなく、このように地道にポイント開拓をしてデーターを取ったりしています。

あまりブログには書いてないけど、人よりもボーズの回数は圧倒的に多いのではないかなと(笑)

 

ただ努力して狙った魚が獲れた時の感動を味わいたいから、何度もボーズを繰り返しながらもデーター収集や開拓も地道に継続出来ているのかなと思っています。

今回の調査も、いつも通り釣れなかった時の方が圧倒的に多かったけど、ギガサイズもある程度捕獲することが出来て、そのポイントが機能するタイミングも絞れてきた。

 

というわけで再度セグロとヒラアジのギガアジを釣るmissionスタートです。




まずはギガヒラアジの捕獲からスタート!

潮でポイントが機能するタイミングを考慮して、前回同様にスタートは南のヒラアジから。

夕マズメの活性が上がった個体を狙うのでJHは1、8gからスタート。

1、8gで届く所の掛け上がり部分を重点的に攻めるも数投して反応がなかったので少しずつ立ち位置を変えていく。

しばらくすると海面に潮目が見えてきて掛け上がり部分に重なる。

「出るならこのタイミング。」

潮目付近にキャストしてカウント10。

大きめにトゥイッチをいれたあとの食わせの間で「スコ~~~~ン」っといいアタリ!!!

間髪入れずに鬼合わせを入れた瞬間、「ドンッ」とロッドに重量感が伝わる。

すかさずリールをゴリ巻きして主導権を取り、アジに反転させる間を与えない。

あっという間によってきてあらかじめ用意していたネットで掬ってキャッチ。

「うん、いったなこれは」メジャーを当てなくてもわかるサイズのヒラのギガを捕獲。

マズメの恩恵で40程のサイズをポツポツ追加したところで時合い終了。

一気にセグロポイントまで大移動してセグロのギガアジを狙う。

 

セグロのギガアジ釣って達成なるか??

セグロポイントに到着して潮の効き具合を確認。

狙いのブレイク周辺はまだ潮が効いてなくてギガが出る気配がない。

試しに数投するも反応がないので、ブレイク周辺は外してほかの場所を打って時合いを待つ。

1時間ほど経った頃から潮が効き始めてブレイク付近をいい感じで潮が流れていく。

ギガが回ってくるのはこのタイミングのはず。

リグはJH1、8gのままでワームを光量の関係でグロー系のワームに変更。

ブレイクより沖にキャストしてボトムをとって通常のサーチアクションでチェックしていく。

居たら出るはずなんだけど出ない。

レンジ、アクションを変えたりして色々と試すもまったく反応がない。

「入って来ているなら出るはずだ。もしかして入ってきてないのか??」

心に余裕があったはずなのに焦りが出始めたので、ひとまず茶を飲んで少し考える。

「最近の寒波や雪の影響による水温低下によって早いテンポのリフト&フォールの釣りではなく、一定層をスローにリトリーブするのがパターンか??」

「過去にもそういった経験はあったけど、時期的に今ぐらいだったはず。」

ここでJHをブレイクに届くギリギリの1gにチェンジしてブレイクの上を長く通せるように斜めにキャスト。

カウント1刻みで細かくレンジを刻んで探っていく。

そのカウント9。

ブレイクの上を通過するくらいの位置で、かすかな吸い込みを右手が感知するも予想以上に小さいアタリだったため反応できなかった。

「居る・・・・。」

ロッドから伝わった繊細なバイトでそう確信した。

 

集中力を高めて再びキャスト。そしてカウント9。

レンジを外さないようにスローにリトリーブをする。

先ほどと同じブレイクの上を通過するくらいの位置でかすかな吸い込みを感知したと同時に右手が合わせを入れていた。

「ジッ」とドラグが鳴りロッドに重量が乗る。

「いった・・・・・。」

そう一言だけ呟き、ひたすらゴリ巻きで寄せる。

主導権を一切渡さずにあっという間に寄せてきて無事にキャッチ。

サイズは41cmほど。

どうやら時合いに突入したようで同様のスローリトリーブでギガサイズが連発する。

しかし若干風が出てきてブレイク付近までキャストすることが困難になったので、ここでSキャリーに変更して同様の釣り方で再びパターンに嵌めて追加。

パターンには嵌めたけど、レンジに非常にシビアでカウントが1でもズレたら全く当たらない。

活性の高い群れに当たるとファーストフォールで食ってくるようなイージーな釣りを体験できるけど、今回のはなかなかシビアで面白い。

潮、風の影響を考慮しながらレンジに送り込み食わせる。

時合いが終わるまでの1時間程度の時間だったが色々と検証してデーター収集することができ、釣果以上にとても濃い内容の釣りを経験することが出来た。

 

 

ギガサイズのアジをガーグリップで胴体を挟むと滑って持ちにくかったので、口の中に突っ込んで挟むといい感じでバッチリ♪

そしてついにセグロとヒラアジのギガアジを釣るmissionを達成!!

 

【ついに達成】セグロのギガアジとヒラアジのギガアジを狙ってギガアジング!まとめ

いや~ついにセグロとヒラアジのギガアジを狙って釣る事に成功しました!

苦労しただけあってめっちゃうれしいですね!

こうやって地道に努力して魚にたどり着けたら楽しいのでやめられません♪

セグロとヒラアジのギガアジを釣るmissionも達成できたので、しばらくはゆっくりしてから新しいmissionを考えてやってみようかなと思います。







  • この記事を書いた人

あおむし/矢野

あおむしの釣行記の管理人。愛媛県在住の30代。 釣り(アジング)、革靴、美味しいものが好きな30代♂。国内最古の針屋、土肥富(どひとみ)のテスター。アジング歴10年超、年間1000匹以上アジを釣ってきた経験を元に、よりアジを釣るための情報発信をしています。革靴や愛媛のグルメ情報も今後増やす予定。

注目記事一覧

1

今回は新しく発売になったニューガルプのインプレ、アジの種類によるガルプの効果の違いの紹介という、ちょっとマニアックな話です。     汁物系ワーム代表のガルプ。アジがめっちゃ釣れる ...

2

アジングで防寒グローブを使うと、「手の感度が落ちてアタリが取りにくくなって釣果が落ちる」と悩んでいるアジンガーのあなた!   感度を落とさずに防寒もできる、アジングに超おすすめの防寒グローブ ...

3

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

4

今回はオリムピックさんのアジングロッド、ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのインプレ記事。 頑張って書いたインプレ記事よりも【アジングロッドを買いました!!】という記事の方がアクセスが良い場合も ...

5

  今回は宵姫 華 S66MLのインプレの話。 がまかつさんのアジングロッドと言えば、4,5年前に「宵姫の66、69のどちらかが、一番売れているロッド」という話を聞きました。理由は「1g以下 ...

6

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

7

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

8

今回は通常のアジングワームにガルプの匂いを付ける話。   低水温期や産卵期など、アジの活性が低い時によく効果があるのがワームの匂い。現在発売されているアジングワームには、一部を除いてほとんど ...

9

今回はアジングをやっていて、【アタリがあるけど掛からない】という原因の1つを5秒で見つけられる方法を紹介します。   目次1 アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないで ...

10

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン「141シンカーアジング」   現在、アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えば、ポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロ ...

-アジング, アジング攻略法
-

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved.