愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

この記事を書いた人



あおむし/矢野。愛媛県在住。釣り、革靴が好きな30代。国内最古の針屋、土肥富(どひとみ)のテスター。アジング歴10年超、累計10000匹以上アジを釣ってきた経験を元に、よりアジを釣るための情報発信をしています。

>>さらに詳しいプロフィールをみる
 

アジングロッド

【アジング】史上最高感度の伝説のロッド TFL-63Sの封印を解く!

投稿日:2013年12月25日 更新日:

今まで触ってきたロッドの中で、一番感度が出ているロッドといえば、ウエダのPro4EXシリーズ。

残念ながら数年前に解散してしまい今はもう生産されてないが、現在のアジングロッドに大きな影響を与えたロッドだ。




アジのアタリはもちろん潮の僅かな流れも感じることができ、情報量が多くて戸惑ってしまうくらい。

このシリーズのロッドに慣れてしまうと他のロッドを使えなくなってしまうという欠点があるくらい素晴らしい感度が出ている。

そのPro4EXシリーズの中でも高感度のモデルがTFL-63S。

ウエダ TFL-63S

ウエダ TFL-63S

そのTFL-63Sの中でも最高感度と評判の年式のモデル。

重量は60g後半と最近のアジングロッドと比べたら少し重たいが、ロッドバランスがとても綺麗に取れていて、160gというとても軽量のリールでもバランスをきれいに取ることができる。

反響感度は40tソリッドのおかげで、史上最高と言っても過言ではないくらい出ている。

この感覚に慣れてしまうと他のロッドでは物足りなくなってしまうので長い間封印していたけど、この素晴らしいロッドの感覚を忘れないようにするために定期的に使って手の感覚を調整している。

折れたらもう手に入らないので恐る恐る使っているけど(笑)

年明けから色んな地域のエキスパートな方達と一緒に釣りをする機会が多いので今から感覚を磨いて準備しておきます。

 







注目記事一覧

1

今回は、釣行の際にかかるガソリン代をお得に支払う方法の話。     先日の釣行の際に友人に車を出してもらい、釣り場に向かってました。助手席は楽です♪   その途中、ガソリ ...

2

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

3

冬のアジング。 北西の季節風が吹き、海が荒れるたびに水温が下がってアジの活性も低くなっていく。秋のハイシーズンのような激しい食い方とは一転して、シビアな状況が多くなる時期。   アジが付きや ...

4

【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。アジングが流行る前、アジングに適したジグヘッドがな ...

5

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

6

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。   フロートは色んなメーカーさんから発売されている ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

9

アジングをやっていて、「アタリがあるけど掛からね~」って時ありますよね!! でもアタリがあるけど掛からないからと言って、落ち込まないでください。   アタリがあるってことは釣り方は合っている ...

10

ジグヘッドを激安で自作したい人必見!! 今回は土肥富(どひとみ)のジグフックを使って、ヒラメ、マゴチ、メバリング、アジングに使うジグヘッドを激安で自作する方法を紹介します。   「土肥富(ど ...

-アジングロッド
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved.