愛媛アジング、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報など

あおむしの釣行記4

アジングロッド

【アジング】史上最高感度の伝説のロッド TFL-63Sの封印を解く!

投稿日:2013年12月25日 更新日:

注目記事一覧

1

  【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。ほんと色んな種類のアジングジグヘッド ...

2

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 それから7年 ...

3

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】 アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。 新製品のアジングワー ...

4

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。   色んなメーカーさんからフロートリグが発売されているけど、市販のフロートリグはいい値段。   なの ...

5

  今回は産卵期のアジングへ行った話。   前回のアジング釣行ではいい感じの群れを見つけて、久しぶりにいい釣りが出来ました。定番の刺身や寿司にしたりして食べたのですが、脂も良く乗っ ...

今まで触ってきたロッドの中で、一番感度が出ているロッドといえば、ウエダのPro4EXシリーズ。

残念ながら数年前に解散してしまい今はもう生産されてないが、現在のアジングロッドに大きな影響を与えたロッドだ。




アジのアタリはもちろん潮の僅かな流れも感じることができ、情報量が多くて戸惑ってしまうくらい。

このシリーズのロッドに慣れてしまうと他のロッドを使えなくなってしまうという欠点があるくらい素晴らしい感度が出ている。

そのPro4EXシリーズの中でも高感度のモデルがTFL-63S。

ウエダ TFL-63S

ウエダ TFL-63S

そのTFL-63Sの中でも最高感度と評判の年式のモデル。

重量は60g後半と最近のアジングロッドと比べたら少し重たいが、ロッドバランスがとても綺麗に取れていて、160gというとても軽量のリールでもバランスをきれいに取ることができる。

反響感度は40tソリッドのおかげで、史上最高と言っても過言ではないくらい出ている。

この感覚に慣れてしまうと他のロッドでは物足りなくなってしまうので長い間封印していたけど、この素晴らしいロッドの感覚を忘れないようにするために定期的に使って手の感覚を調整している。

折れたらもう手に入らないので恐る恐る使っているけど(笑)

年明けから色んな地域のエキスパートな方達と一緒に釣りをする機会が多いので今から感覚を磨いて準備しておきます。

 







-アジングロッド
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.