愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

本日よく読まれている記事

釣魚料理

オジサン(ウミヒゴイ)を刺身にして食べてみたw

投稿日:2014年10月1日 更新日:

先日のボートロックでオジサンを釣った時の会話

矢「オジサンって食べれるんですか~?」

mtn「ん?食べれると思うよw」

矢「じゃあ持って帰って食べてみます。」

帰り際の会話

mtn「オジサン食べたら感想教えてや(笑)」

矢「やっぱり食べた事なかったんですねwわかりました~w」

と言う会話があって、どうやら人柱にされたようだ(爆)

そんなこんなで見た目が奇抜な色をしたオジサン。

どう食べたらいいか分からなかったのでネットで調べたら、刺身が美味しいらしいのでやってみた。

 

かなり肥えて美味しそうだけド、鱗1つ1つが大きくて捌きにくい。

すぐに流しが鱗でいっぱいになってしまうw

なんとか3枚に下ろして刺身にする。

ハタと比べたら味は若干劣るけど、臭みもなくてタイに近いような味。

うちの親はコイみたいな味がすると言ってたけど、コイを食べたことがないのでよく分からんww

脂もいい感じで乗って普通に美味しくて、持って帰って正解でした♪

冥加などを薬味にして、タタキにすると美味しいと教えて頂いたので、次釣れたらやってみます♪

と言うわけでオジサンは次回からお持ち帰り決定です(笑)







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。それから7年ほ ...

2

今回は通常のアジングワームにガルプの匂いを付ける話。   低水温期や産卵期など、アジの活性が低い時によく効果があるのがワームの匂い。現在発売されているアジングワームには、一部を除いてほとんど ...

3

  【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。ほんと色んな種類のアジングジグヘッド ...

4

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

  今回は産卵期のアジングへ行った話。   前回のアジング釣行ではいい感じの群れを見つけて、久しぶりにいい釣りが出来ました。定番の刺身や寿司にしたりして食べたのですが、脂も良く乗っ ...

7

今回はオリムピックさんのアジングロッド、ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのインプレ記事。 頑張って書いたインプレ記事よりも【アジングロッドを買いました!!】という記事の方がアクセスが良い場合も ...

8

今回はアジを美味しく食べる為に欠かせない、アジの締め方の話。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1匹きちんと締め ...

9

  数年前からヨツアミさんのカタログに「シンキングPEラインを開発中」と出ていたのを見つけていて、気になっていたオードラゴン。今まで編み糸で比重が1,4くらいあるのは、フジノラインさんから発 ...

10

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】 アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品のアジングワーム ...

-釣魚料理
-

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.