愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

新製品、イベントのお知らせ

【土肥富新製品初公開】2017年フィッシングショーのお知らせ!

投稿日:

早いものでもう今年のフィッシングショーの季節がやってきました。

今週末のジャパンフィッシングショーを皮切りに、2月は大阪フィッシングショーと全国各地で開催されます。

土肥富(どひとみ)もジャパンフィッシングショー、大阪フィッシングショー共に出展しますので、今回はそのお知らせになります。

 

ついに公開!ライトゲーム用ジグヘッド!

現代のライトゲームシーンに合わせて開発を進めてきたライトゲーム用ジグヘッド。

ついにジャパンフィッシングショーで初公開になります!

フックサイズはS、M、Lサイズの3種類。

ジャパンフィッシングショーでヘッド部まで鋳込みした製品を初公開します!!

ヘッド部の鋳込みがすべて完成しているのはLサイズのみになり、M、Sサイズは一部重さのみ完成品の展示になります。

アジングに特化したレンジクロスヘッド、フロードライブヘッドに続いて登場するライトゲーム用ジグヘッド!

土肥富のアジング、メバリングのライトゲーム用ジグヘッドのラインナップが揃ってきました!

開発ストーリーは後日公開予定となっています!

ジギング用新製品も多数公開!!

私が担当したライトゲーム用ジグヘッドの他にも、ジギングフックの新製品が多数公開されます。

2年前に発売されたスライスエンドを使用したアシストフックの完成品。

新しく開発されたジギング用フック、アシストフック。

などなどオフショア用の製品も色々と新製品を展示しています!

オフショアメインでやられている方もぜひ土肥富ブースへ遊びに来てください♪

 

【土肥富新製品初公開!】2017年フィッシングショーのお知らせ!まとめ

去年のフィッシングショーが終わったと思えば、もう今年のフィッシングショーが始まります。

時が経つのは早いですね~(笑)

昨年も大阪フィッシングショーに参加してたくさんの方とお話し出来て、とても楽しい時間を過ごすことができました。

私は今年も大阪フィッシングショーのみ参加となり2月4日、5日共に土肥富ブースにいる予定です。

土肥富製品についてやフック開発秘話、アジング、メバリングの事など、何か気になる事ありましたらお気軽に聞いてください!

たくさんの皆様のご来場お待ちしています!







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 フロロ、PE ...

2

今回は新しく発売になったニューガルプのインプレ、アジの種類によるガルプの効果の違いの紹介という、ちょっとマニアックな話です。     汁物系ワーム代表のガルプ。アジがめっちゃ釣れる ...

3

長年、虫よけスプレーで悩んでいましたが、めっちゃいい虫除けスプレーがありました。 夏の夜釣り、カブトムシ、クワガタ取りなどの山遊びなどの時に、この虫よけスプレーを使ったら蚊、ブヨなどに悩まされる事がな ...

4

今回は夏のアジングのポイント選びのコツと、夏アジングでジグヘッドの重さを選ぶときの注意点のお話です。   夏のアジング。一部エリアではまだ産卵のアジも釣れますが、産卵から回復したアジやベイト ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

フジノラインから発売されてる超高感度アジングライン「141シンカーアジング」   現在、アジングのジグヘッド単体に使用されているラインと言えば、ポリエステルが主流になり、他にPEライン、フロ ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

9

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品の ...

10

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

-新製品、イベントのお知らせ

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.