この記事を書いた人

あおむし/矢野。愛媛県在住。国内最古の針屋、土肥富のテスター。レンジクロスフック、レンジクロスヘッド、フロードライブヘッド、ラッシュヘッドの設計、テストを担当。アジングで累計20000匹以上のアジを釣った経験を元に、より多くのアジを釣るための情報を発信しています。

>>管理人の詳しいプロフィールはこちら<<

アジングジグヘッド

【フッキング率アップ】レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドの使い分け!【アジング】

今回は土肥富/odzから発売中のアジングジグヘッド、

レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドの使い分けの話。

 

2017年フィッシングショー大阪の時に、

ブースに来て頂いたお客さんの質問で、

「レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドをどのように使い分けたらいいのか?」

と言う内容がありました。

 

 

ありがたい事に、

レンジクロスヘッドやフロードライブヘッドを知って、

使い始めてくれた方も多くなってきました。

 

そこで今回は僕がやっている

フッキング率をアップするための

レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドの使い分けを紹介します.

 

今回紹介するレンジクロスヘッドと

フロードライブヘッドの使い分けをすることで、

フッキング率をより高くすることができるので、

是非やっていただければと思います。

 

※注 今回は15cm~30cmくらいまでのサイズのアジを対象とした使い分けになり、

ワームサイズやジグヘッドの重さなどの細かい条件は考慮していません。




一番はアジのサイズで使い分ける!

レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドを使い分ける一番の基準は

釣れるアジのサイズですね。

 

レンジクロスヘッド、フロードライブヘッド共に、

究極の刺さりを追求したレンジクロスフックを使用しており、

それぞれのジグヘッドに付いている

レンジクロスフックのサイズは、

レンジクロスヘッドはMサイズ

フロードライブヘッドがSサイズ

になります。

 

 

アジのサイズが変わると

当然ですが口の大きさも変ってきます。

 

「20cm以上のアジなら簡単に掛ける事ができるけど、

20cm以下のアジになったら掛かりが悪くなった!」

 

といった経験をされた方もたくさん居られるはず!

 

これは単純にフックサイズが合ってない事が多く、

釣れるアジのサイズに合ったフックサイズに合わせてやると

掛かりが良くなることが多いですね!

 

特に20cm以下のサイズになると口も小さいので、

フックサイズをきちんと合わせてやることが重要になってきます。

 

逆に大きいアジの方は口が大きいので

フックサイズが多少合ってなくても、

20cm以下のアジに比べたら掛かりが悪いというのは

少なくなりますね。

 

 

しかし小さすぎるフックを使用していると、

アジの口にフックが触れずに吐き出されてしまい、

アタリが感知できない場合があるので注意!

 

 

 

私がやっているアジのサイズによる使い分けは、

レンジクロスヘッドが

20cm~のアジを釣る時に使用。

 

フロードライブヘッドが

~20cmまでのアジを釣る時に使用しています。

 

最初に投げるジグヘッドは?

 

 

私は基本的に

レンジクロスヘッドからスタートする場合が多いですね。

 

フロードライブヘッドだと、

アジのサイズが良い時や活性が高い時などに、

フックサイズが小さくてアジの口に触れずに

吐き出される場合があります。

 

 

そうなるとアタリがあるという事に気が付かずに、

「ここにアジは居ない」となってしまいます(笑)

 

逆にレンジクロスヘッドだと、

フロードライブヘッドと比較してフックサイズが大きいので、

掛からなくてもアジの口に触れずに吐き出されるという事が

少なくなります。

 

となると「掛からなかったけど何かアタリがあるからアジ、もしくは何かが居る!」となり、

正体を見る為に色々と工夫するようになります(笑)

 

 

ネンブツダイだった時は

テンション下がりますがw

 

 

明るい外灯のポイントで、

ジグヘッドを見ながらアジングをやっていると、

アジが食ってきても知らない間に吐き出されて、

手元に感知できてないアタリって結構多かったりするんですね。

 

 

17~8cmくらいのアジでも活性が高い時は、

フロードライブヘッドでも口に触れずに吐き出されたり、

すっぽ抜けたりする場合もあったりするので注意が必要です。

 

ライズの仕方などでアミパターンと予測して、

最初からフロードライブヘッドを投げる時もありますが、

基本的にレンジクロスヘッドからスタートする場合がほとんどです。

 

アジの活性(ベイト等)で使い分ける!

次はアジの活性やベイトなどで使い分ける方法です。

 

アジのサイズに合わせて、

フックサイズを変える方法で対応できる場合が多いのですが、

アジの活性やベイトによっては、

上記の方法では対応できない場合もあります。

 

秋のハイシーズンによくあるのですが、

カタクチイワシ、キビナゴなどの小魚系のベイトを追っている時は、

アジの活性も高くて捕食の際の吸い込みも強い場合が多いです。

 

このような状況で20cm以下のアジでもフロードライブヘッドを使っていると、

フックサイズが小さくてすっぽ抜けて掛かりが悪くなることがあります。

 

釣れているアジのサイズが20cm以下の場合でも、

ベイトなどを追って高活性な時はレンジクロスヘッドを選択してやると、

フックを吐き出しにくくなり

フッキング率が高くなることが多いですね。

 

 

 

逆にアミパターン、

冬の低水温期、

夏の高水温期の酸欠状態などの時

 

このような状況だと口も大きく開けずに、

吸い込みも弱い場合が多い。

 

そしてアタリの出方もカサカサッ、モゾモゾ、ツッという感じ、

ムッっとティップにもたれる感じで出る場合が多いですね。

 

このような場合は、

20cm以上のサイズにレンジクロスヘッドを使っていても、

吸い込みが弱いなどの影響で掛かりが悪くなる場合があります。

 

 

 

なので釣れるサイズが20cm以上でも、

フロードライブヘッドを選択してやると、

掛かりが良くなることが多いです。

 

アジのサイズに合わせる以外にも、

このような使い分けをしてやることで、

フッキング率を上げることが可能です。

レンジクロスヘッド、フロードライブヘッド実釣動画!

レンジクロスヘッド、フロードライブヘッドを使用した動画の撮影をやっていますので、

よろしければご覧ください!

 

【フッキング率アップ】レンジクロスヘッドとフロードライブヘッドの使い分け!まとめ

一番はアジのサイズによる使い分け、

次にベイトやアジの活性などで使い分けるようにしています。

 

この2つを意識していれば大体の状況はカバーできると思います。

 

フックサイズが小さすぎてもダメ、大きすぎてもダメ。

その時の状況に合ったフックサイズを選択してやることで、

フッキング率が大きく変わります。

 

アジのサイズ、活性に合わせてフックサイズを合わせるというのを覚えると、

より多くのアジを掛けれるようになりますので、

是非お試しください!



PS、

アジングで悩んでいる方の

お役に立てればと思い、

僕がアジングで2万匹以上釣ってきた

ブログでは書けない

実釣テクニックやポイント選びの

ノウハウをまとめたコンテンツを

作成しました。



無料体験版のダウンロードはこちらをクリック!




予想以上に多くの方に

参加していただいており、


・過去に何度か挑戦したけど

難しくて挫折したアジングで

初めてアジを釣ることができました!



・アジング歴3ヶ月だけど、

コンテンツで学んだ直後のアジングで

いきなり尺アジが釣れました!



・今まで大きなアジが釣れないと

言われてきたエリアだけど、

コンテンツの内容通りに

ポイントを選択すると

47cmのギガアジが釣れました!



などなど、

たくさんの釣果アップした

喜びの感想をいただいてます。



自分の手の内を明かすことで、

ライバルが増え、

自分の釣果にも影響が出るので、

最後まで公開を迷った

コンテンツも正直あります。



しかし、参加者していただいた方からの

喜びの感想を見て、

リスクがあったとしても

思い切って公開して

よかったと思ってます。



もしあなたが

アジングで自分だけ釣れない

と悩んでいたり、



他の人よりも早くアジングで

釣れるようになりたい

と思っているなら、

このアジングイノベーションのコンテンツが

きっとお役に立てるでしょう。



また、無料体験版として、

即効性の高い実釣テクニック動画

公開しています。



この無料コンテンツを見るだけでも

普段やっているアジングから

レベルアップできますので、

ぜひ下記リンクよりご覧ください。



無料体験版のダウンロードはこちらをクリック!

 


※2021年7月現在

僕が当初予想してたよりも、

多くの方に参加していただき、

釣果アップした喜びの感想を

たくさん頂きました。



  僕としても喜びの声が届くたびに、

アジングイノベーションを

作ってよかったな~と

心から思います。



  しかし、多くの方が

釣果アップに成功しているのを、

嬉しいと思う反面、

正直これ以上参加者が増えると、

ライバルが増えすぎて、

自分の釣果に影響が出る可能性が、

高くなりました。



そこで、色々と検討した結果、

アジングイノベーションの販売を

2021年8月15日をもちまして、

一旦終了とさせていただきます。



8月15日の23時59分を過ぎると、

当ページから購入できなくなるので、

購入をお考えの方は、

今すぐご参加ください。

無料体験版のダウンロードはこちらをクリック!



 

YouTubeもやってます



ブログのテキストでは伝えにくい内容を動画で紹介できたらと思い、YouTubeで矢野のアジングチャンネルを運用しています。■登録者6900人超

累計20000匹以上のアジを釣った経験をもとに、釣果アップするためのタックル選定や釣り方などの、初心者から経験者まで楽しめるマニアック内容をお話していますので、ぜひチャンネル登録お願いします。

 

>>矢野のアジングch<<

注目記事一覧

1

こんにちは、矢野です。   今回は、 夏のアジングのポイント選びのコツと、 夏アジングでジグヘッドの重さを 選ぶときの注意点について 紹介します。   夏のアジング。   ...

2

こんにちは、矢野です。   今回は僕がアジングで 2万匹以上のアジを釣った 基本的な釣り方を ロッドワークを交えながら 動画で紹介します。   今回の記事は YouTubeに公開し ...

3

こんにちは、矢野です。   今回は予算2万円で揃える アジング初心者向けの おすすめタックルを 紹介します。   僕のところに届く 問い合わせ内容で多いのが アジングロッドなどの ...

4

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

5

こんにちは、矢野です。   今回はアジングジグヘッドの 選び方のコツについて かなり深い部分まで掘り下げて 紹介します。     アジングが流行り始めて、 多くのメーカー ...

6

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

7

こんにちは、矢野です。   今回はアジングのメインラインとして よく使われるようになった、 エステルラインのメリット、デメリットと おすすめのエステルラインを紹介します。   ジョ ...

8

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

9

こんにちは、矢野です。   今回は僕が1万匹以上のアジを釣った おすすめのワームを紹介します。   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、 もうかなりの種類が発売されています ...

10

こんにちは、矢野です。   今回は20コルトUX 612L-HSのインプレになります。   2020フィッシングショー大阪で触った 20コルトUXの各シリーズ。   発売 ...

-アジングジグヘッド
-, ,

© 2021 あおむしの釣行記4