愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

本日よく読まれている記事

タックル関係

【ブレードチューン】超簡単にジグヘッドに取り付ける方法!

投稿日:2017年9月19日 更新日:

今回は下アイが付いてないジグヘッドに、超簡単にブレードチューンをする方法の紹介!

 

去年辺りからボートロックなどでジグヘッドで釣っている時に、アピールアップの目的でブレードを付けています。

 

そのブレードですが、ジグヘッドに取り付け用の下アイが付いていれば簡単に付けれるのですが、下アイがないと簡単に取り付けが出来ない。ワームにねじ込んで使う物もありますが、魚にワームだけ持って行かれると一緒にブレードも持って行かれてしまうので経済的ではないんですよね。

 

何かいい方法はないかな~と考えたら、ちょっとした工夫で下アイのないジグヘッドにも簡単にブレードチューンできる方法を思い付きました。早速昨年から実践してみたら使い勝手が良かったので、記事にしてみます。




簡単ブレードチューンに必要な物

まずはブレード。コーモランさんのブレードを使用しています。ウイローブレード、コロラドブレードがあるので、好きなのを選んでください。

個人的にアカハタやオオモンハタには、ブラス製のウイローブレード、大きさは#3~#3,5が実績が高かったので、好んで使っています。

 

もう1つ用意するのはダブルスナップのサルカン。大きさはを選択していますが、使用するジグヘッドの針の線径合わせてサイズを変えるといいでしょう。

ワームキーパーが付いているジグヘッドなら、もっと大きいサイズの方がよさそうですね。

ジグヘッドに取り付けるブレードの作り方!

作り方は超簡単!

このような感じでブレードにサルカンを取り付ける、たったこれだけです(笑)スプリットリングで取り付けるよりもお手軽で超簡単!

あとはこの完成した物をジグヘッドに取り付けるだけです!

このようにヘッド部とワームの間に装着するだけでオッケーです。これでもきちんとブレードが回転して、アカハタ、オオモンハタなどにブルブルブル~っとアピールしてくれます。

絡まるトラブルもほとんどなく、快適に使えています。

ブレードチューンのメリット、デメリット!

ブレードチューンによるメリット

ブレードチューンの一番のメリットと言えばアピールが強くなる事。水深20m以上、時には30m以上の水深で釣ったりすることもあるボートロックフィッシング。

 

ワームだけではアピールが足りずに、魚にワームの存在を気づかれにくいんですね。ワームだけで釣っていてもアタリがないけど、ブレードチューンをしたら連発した!という事もありました。ブレードチューン前と比べて明らかにアタリの数も違い、ブレードチューンによる効果を実感できました。

今ではブレードを付けて釣ることが多くなっています。ないと釣れなさそうで不安になってしまいますw

 

ブレードチューンによるデメリット。

ブレードを付ける事で抵抗が増えて飛距離が落ちる、潮の抵抗を受けやすくなりフォールスピードが遅くなる。

 

潮の流れが速い所では抵抗が大きいので沈みにくく、狙った位置にジグヘッドを送り込みにくいですね。

 

アピールが強すぎて、魚が嫌がる場合もあるのでブレードが無い方がいい時もある。

 

使用して感じたデメリットはこのくらいですね。

ブレードがある方がいい場合、ない方がいい場合がありますが、今回の取り付ける方法だと簡単に取り外しができるので、それぞれ状況に合わせて使い分けるといいでしょう。

【ブレードチューン】超簡単にジグヘッドに取り付ける方法!まとめ

去年にこの方法を思いついて、試してみたら使い勝手がとてもよかったです。作るのも簡単、取り付けるもの超簡単、そして値段も安く作れる!

 

当然、ブレードを付ける事によるメリット、デメリットありますが、使い分けをして、釣果もいい感じで出ています。ジグヘッドにブレードチューンをやってみようと思っている人は、是非お試しください!







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。それから7年ほ ...

2

今回は通常のアジングワームにガルプの匂いを付ける話。   低水温期や産卵期など、アジの活性が低い時によく効果があるのがワームの匂い。現在発売されているアジングワームには、一部を除いてほとんど ...

3

  【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。ほんと色んな種類のアジングジグヘッド ...

4

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

  今回は産卵期のアジングへ行った話。   前回のアジング釣行ではいい感じの群れを見つけて、久しぶりにいい釣りが出来ました。定番の刺身や寿司にしたりして食べたのですが、脂も良く乗っ ...

7

今回はオリムピックさんのアジングロッド、ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのインプレ記事。 頑張って書いたインプレ記事よりも【アジングロッドを買いました!!】という記事の方がアクセスが良い場合も ...

8

今回はアジを美味しく食べる為に欠かせない、アジの締め方の話。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1匹きちんと締め ...

9

  数年前からヨツアミさんのカタログに「シンキングPEラインを開発中」と出ていたのを見つけていて、気になっていたオードラゴン。今まで編み糸で比重が1,4くらいあるのは、フジノラインさんから発 ...

10

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】 アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品のアジングワーム ...

-タックル関係
-, , ,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.