愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

本日よく読まれている記事

アジング アジング攻略法

釣り初心者をアジングに連れていったら予想以上に釣りまくって焦った件(笑)

投稿日:2016年10月25日 更新日:

今回は釣り初心者さんを連れてアジングへ行った話。

秋のアジングシーズン真っ最中で年間通じても釣りやすい時期で、アジングを始めるにもぴったりですね。

初心者を釣りに連れていったけど「全く釣れないでつまらないからもうやらない」という事態を避けるにも最適なこの時期。

というわけで釣りをやった事ないピカピカの初心者さんを連れてアジングへ行ってきました。

足場の良い港湾部で練習からスタート

釣り自体初めてやるということで選択した場所は足場のいい漁港。

今年は去年よりもびっくりするくらい人が増えていて釣り場を確保できるか不安だったけど、とりあえず釣り場は空いていて一安心。

良い所には入れなかったけど、まぁベイトもちらちら見えるので多分港内まで回遊してくれているでしょう。

道具を全部用意してから、まずはリールの操作方法などを説明。そしてジグヘッドの代わりに6Bのガン玉を打って練習に入ります。

①まず足元にリールをフリーにして沈めて糸が出なくなったら着底というのを体験してもらいます。着底がわかるようになれば次は投げる練習に移ります。

②次に投げる練習をしてもらい、投げる~着底確認~一定のスピードで巻いてくる~までの動作を覚えてもらいます。投げる時は必ず後ろに誰も居ないか確認すること!

③ここまでできるようになると後は簡単。投げて狙いの深さまで沈めてチョンチョンとやって巻くだけという動作を覚えてもらいます。

センスが良いようであっという間に基本的な釣り方ができるようになったので、ジグヘッドとワームを付けていざアジングスタートです。

 

ジグヘッドは重たいのから軽くしていく!

操作感や投げやすさを考慮してまずは2gを付けて開始です。

季節、潮の流れなどの要因で重さが大体1,3gがこの場所に合っているな~と感じたけど、いきなりその重さにせずそれぞれのジグヘッドの重さでの操作を覚えていってもらいます。

そして予想通り1,8g→1,5g→1,3gと順に軽くして釣っていくけどアタリがない。

「何か悪い所はないかな~」と見ていると、見た感じチョンチョンと動かした後の食わせの間のスピードが速かったので、若干遅くしてもらうと待望の初ヒット!!

 

レンジクロスヘッド

レンジクロスヘッド、釣り初心者でもいい所に掛かってます♪

ロッドはヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSにラインはポリエステル0,3号。

ヌーボコルトプロトタイプ612シリーズ3本を使ってもらったけど、612UL-HSが操作感、潮の感じが分かりやすいので使いやすいとの事。

とりあえず1匹釣ってもらえたので一安心です♪

 

初心者さんコツをつかんで連発!!周りは焦る焦る(笑)

1匹釣ってチョンチョンとやった後の食わせの間でアタリがあるのを分かってもらえたので、あとは同じように繰り返してパターンに嵌めるように伝えます。

そして私はレンジクロスヘッド2gで釣った写真が欲しかったので、強気に2gで攻めるも残念ながら重さが合ってないようで全く反応無し。

その間に初心者さんはパターンに嵌めて、釣り初心者とは思えないペースで連発しています。

周りで釣っている人も全く釣れていない中で一人勝ち状態(笑)

この時まだ1匹も釣ってない私、さすがにまずいと思い素直に1,3gに変更します。

 

アジリンガー

 

ようやく1匹目をキャッチ!!予想以上に初心者さんが釣りまくったので焦ってたのはここだけの話(笑)

しかし2人で20本ほど釣った頃に釣り人が増えてきて、初心者では投げる方向が怪しくて邪魔になってもいけないのでちょっと早いけど終了としました。

レンジクロスヘッド

釣り初心者をアジングに連れていったら予想以上に釣りまくって焦った件(笑)まとめ

釣り初心者は昼間のサビキ釣りからスタートしたら簡単に釣れて楽しみやすいけど、今回はいきなりアジングからのスタート。

なかなかハードルが高いと思ったけど、最初の1匹を釣ってもらえてよかったです。

1匹だけではなくパターンに嵌めて周りを出し抜いて連発するということまでやってくれてかなり焦りましたが(笑)

本人もこんなにサイズもよくて、数も釣れるとは思ってなかったみたいで、アジングに嵌ったようです。

寒くなったら行きたくないらしいので、寒くなる前にまた一緒に行くとしましょう(笑)

■タックル(釣り初心者)

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HS
リール:05イグジスト1003
ライン:アジングマスター0,3号
リーダー:バスザイル4lb
フック:土肥富/odz レンジクロスヘッド2,0g~1,3g
ワーム:アジリンガー、アジアダー、ソードビームなど

■タックル②

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ612L-HS
リール:04ステラ1000PGSDH
ライン:シンカーアジング0,2号、ジョーカー0,4号
リーダー:バスザイル4lb
フック:土肥富/odz レンジクロスヘッド2,0g~1,3g
ワーム:アジリンガー、アジアダー、ソードビームなど







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。それから7年ほ ...

2

今回は通常のアジングワームにガルプの匂いを付ける話。   低水温期や産卵期など、アジの活性が低い時によく効果があるのがワームの匂い。現在発売されているアジングワームには、一部を除いてほとんど ...

3

  【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。ほんと色んな種類のアジングジグヘッド ...

4

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

  今回は産卵期のアジングへ行った話。   前回のアジング釣行ではいい感じの群れを見つけて、久しぶりにいい釣りが出来ました。定番の刺身や寿司にしたりして食べたのですが、脂も良く乗っ ...

7

今回はオリムピックさんのアジングロッド、ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのインプレ記事。 頑張って書いたインプレ記事よりも【アジングロッドを買いました!!】という記事の方がアクセスが良い場合も ...

8

今回はアジを美味しく食べる為に欠かせない、アジの締め方の話。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1匹きちんと締め ...

9

  数年前からヨツアミさんのカタログに「シンキングPEラインを開発中」と出ていたのを見つけていて、気になっていたオードラゴン。今まで編み糸で比重が1,4くらいあるのは、フジノラインさんから発 ...

10

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】 アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品のアジングワーム ...

-アジング, アジング攻略法
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.