この記事を書いた人

あおむし/矢野。愛媛県在住。国内最古の針屋、土肥富のテスター。レンジクロスフック、レンジクロスヘッド、フロードライブヘッド、ラッシュヘッドの設計、テストを担当。アジングで累計20000匹以上のアジを釣った経験を元に、より多くのアジを釣るための情報を発信しています。

>>管理人の詳しいプロフィールはこちら<<

アジングロッド

【インプレ】ヌーボコルトプロトタイプ 612UL-HSをアジングで使ってみた感想!

こんにちは、矢野です。

 

今回はオリムピックさんのアジングロッド、

ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSの

インプレをしていきます。

 

先日、ヌーボコルトプロトタイプ

612L-Tを買ったのですが、

予想以上に出来が良かったので、

ソリッドモデルである、

612UL-HSも購入して使ってみました。

 

このロッドが感度、操作感、ロッドバランスなど

予想以上にめっちゃいい出来で、

久しぶりにアジングロッドを買って

感動するレベルでした。

 

色んなメーカーから

アジングロッドが登場していますが

ここまで完成度の高いアジングロッドは

あまりないですね。

 

そのくらいこのロッドは

素晴らしいロッドでした。

 




ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのスペックと第一印象

612ul-hs

6フィート1インチの

ソリッドティップのロッドで

重量は約55gになっています

 

 

ティップの径が0,6mm、

バットの径が9,1mm。

 

軽いジグヘッドの操作感が分かりやすくするために、

ティップのソリッドを0,6mmまで削りこんでいます。

 

ULという表記なので、

柔らかいソリッドが

搭載されているのかと思いきや、

かなり硬いソリッドが搭載されています。

 

612L-T 612UL-HS

上が612UL-HS、

下が612L-T。

 

パッと見た感じテーパーが同じだったので、

ブランクの巻き方が違うだけと思い、

612L-Tの1番と

612ULーHSの1番を

入れ替えて使おうとしたけど

残念ながら入りませんでした。

 

テーパーが若干違うようですね(笑)

 

同チューブラモデルと比較して

ティップが細くなっているので、

空気抵抗も少ない恩恵で、

キャストもしやすそうで、

合わせのスピードも速くなりそう。

 

しかし先径は0,6mmと細くて

結構硬いソリッドなので、

折らないように取扱いには注意が必要です。

 

612L-Tと同じで

新素材のナノアロイや

スーパークワトログラファイトクロスの恩恵なのか

ブランクが薄いのに張りがきちんと出ている。

 

しかしブランクが薄いので、

簡単にパキッと折れてしまいそうな気もしますね。

 

バランスを無視して

ただ重量を軽くしただけのロッドとは違い、

リールを付けてない状態で持ち重りも少なく、

きちんとバランスも取っています。

 

ロッドを触っただけでも

素晴らしい出来なのが

ビンビンと伝わります。

■感度、操作感(ラインはシンカーアジング、ポリエステル。フックはレンジクロスヘッド、フロードライブヘッド使用時)

感度は612L-Tと同様、

もしくはそれ以上に出ていると

感じました。

 

08年以降のウエダの

TFL-63Sに近いと感じですね。

 

ロッドとリールを合わせた総重量も軽く、

タックルバランスがきちんと出ているので、

反響のアタリだけではなく、

テンション抜けのアタリも非常によく取れます。

 

0,6mmのソリッドティップの恩恵で

ロッドにもたれるような感じのアタリが

チューブラの612L-Tよりも感じやすいです。

 

特に低水温期やアミパターンなどの

食いがシビアなアジのアタリを

取りやすいですね。

 

魚のアタリを感知する感度だけではなく、

チョンチョンとジグヘッドを動かした後の、

テンションフォールで

藻に乗ったモワ~っという感触も分かります。

 

また、捨石などに当たる

コンコンっという感じの感触も感知でき、

さらには潮の流れの強さなども

鮮明に感知しやすいです。

 

ロッドパワーがULなので、

2g以上を使うのは厳しいかなと思ったけど、

約3gのジグヘッドも

ティップが負ける事なく動いてくれて

操作しやすかったです。

 

ULの表記通り

1g以下のジグヘッドの操作感もバッチリです。

 

ただ、0,8g~2gの範囲の重さが

このロッドの性能を活かせる

重さだと感じました。

 

■バランス(ロッドの持ち方はリールフットに指を挟まないノーフィンガー(前持ち)での感想。)

ティップのソリッドの重さで、

チューブラモデルよりも

先重りしやすいかなと思ったけど、

きちんと200g以下のリールで

バランスが取れるように設計されてます。

 

使用したリールは、

05イグジスト1003と

04ステラ1000PGSDH。(約165g~185g)

 

リールフットに

指を挟まない前持ちだと

165gのリールで、

水平にきれいにバランスが取れます。

 

リールフットに指を1本~2本挟む場合は、

185gくらいのリールで

水平にバランスが取れました。

 

 

テンション抜けのアタリを

感知しやすいリールの重さは、

約170g~185gくらいですね、

 

160g以下の

軽いリールを合わせるよりも

170g~185gの重さの方が、

テンション抜けのアタリは感知しやすいです。

 

ただ、リールを付けた時のタックルバランスは、

160g以下の軽いリールでも、

先重りするという事もなく、

きれいにロッドのバランスが取れます。

 

タックルバランスのとり方として、

ロッドエンドにバランサーを付けたり、

リールバランサーを付ける方法があります。

 

しかし個人的には、

タックル総重量を重たくして

バランスを取るよりも

ロッドとリールの自重が軽くて

タックルバランスが取れている方が、

潮流の変化やテンション抜けなどの

繊細なアタリを感知しやすいですね。

 

このロッドで使いやすいリールの重さは、

200g以下のリール(170g~185gくらい)が

タックルバランスもきれいに取れて、

テンション抜けのアタリが取りやすい

重量だと感じました。

 

■キャスト

ブランクの細さと張りが強い恩恵で、

風が強い時でも風に負けずに

投げる事ができます。

 

チューブラモデルよりもティップが細い分、

投げた時の空気抵抗が少なく

振り抜けやすいですね。

 

トルザイトリング搭載ということで

編み糸(シンカーアジング)を使用した際の

飛距離が気になったけど、

失速感はなくきちんと飛んでくれました。

 

ロッドパワー的に

2g位までのジグヘッドが投げる限界かな?

と思ってたけど、

意外にも3gのジグヘッドを

投げても余裕でした。

■ロッドパワー

3gをフルキャストして、

着水ワンアクション目の位置で食ってきても、

ブランクのパワー不足、

ロッドの長さ不足による

フッキングストロークが足りない!!

ということもなくフッキングできました。

 

思わず「ULのパワーじゃないやん」と

突っ込んでしまいましたね(笑)

 

ロッドの張りは強めだけど、

魚を掛けたら全く曲がらないのではなく、

17~8cmのアジでもきちんと曲がります。

 

薄めのブランクなので、

パワーがないのかと思ったけど、

ナノアロイ+スーパークワトログラファイトクロスの恩恵なのか?

かなりしっかりとしていて、

掛ける~寄せる~取り込むの

一連の動作がやりやすいです。

 

 

612L-Tと同様に

初めての感覚で不思議な感じでした(笑)

 

試した抜き上げ最大重量は

痩せた尺アジ(約210g)まで。

 

このブランクは

見かけ以上のパワーがあり、

尺アジくらいなら抜き上げも問題ありません。

 

これ以上の重さも、

頑張れば抜き上げれない事はないと思うけど、

ロッドへのダメージなどを考えると、

網ですくった方がいいですね。

 

高弾性のアジングロッドは、

抜き上げる時に

縦にロッドを立てると折れやすいので、

ロッドをあまり立てずに

横に抜き上げるようにすると良いでしょう。

 

トップガイドがトルザイトリングからSICにマイナーチェンジ

2017年3月頃から、

トップガイドがトルザイトリングから、

SICにマイナーチェンジされています。

 

僕が購入したモデルは、

トルザイトリングを使用していたので、

SICに交換してもらえるか

メーカーに確認を取った所、

釣具店経由でトップガイドを

トルザイトからSICに交換という内容で

修理依頼すると有償で対応してもらえました。

 

早速釣具店さん経由で修理依頼して

612UL-HS,612L-Tの2本とも

トップガイドを交換してもらいました。

 

工賃は2本で約4300円。

送料は愛媛県から約2000円。

 

それに消費税が加わって

2本でトータル6858円の

交換費用が掛かりました。

■ヌーボコルトプロトタイプ 612UL-HSをアジングで使ってみた感想、インプレ!まとめ

08年以降のウエダのロッド

TFL-63Sによく似たような感じで使用でき、

ウエダ基準の手の感覚になっている僕でも、

感度などよく出てると感じました。

 

欲を出すと「もう少しこうだったらいいのにな~」と言うのがあるけど、

価格などを考えたら十分すぎるくらい良く出来ていると思います。

 

使う場面は612L-Tと同様に、

1g前後を多用するようになる

アミパターン時や低水温期。

 

1,5g以上を多用するようになる

小魚などのベイトに付いた状態や高水温期など。

 

年間通じて0,8g~2gのジグヘッドで

釣りを組み立てるなら、

このロッド1本あればいけるんじゃないかな?と

思うくらい扱いやすいロッド。

 

612L-Tと比べると、

ティップにもたれるような感じのアタリは

612UL-HSの方が取りやすかったので、

612UL-HSは低水温期や産卵期、

アミパターンなどのアジング。

 

612L-Tは1,5g前後のジグヘッドを多用する

夏~秋に使う感じで、

使い分けたらいいですね。

 

612L-Tが非常によかったので、

思わず使ってみたくなって

追加で購入した612UL-HS。

 

このモデルも非常に感度、

ロッドバランス、

価格など総合的に見ても

とてもよく出来ているロッドでした!

 

僕自身、購入から4年経った

2020年現在でも

手放さずに使い続けている

非常に完成度の高いロッドになります。

 

2020年の春に

20コルトUXというコスパのいい

入門向けのロッドも出ましたが、

価格差がある分、感度は、

このモデルの方が上になります。

 

20コルトUXが手に入りにくいですので、

もし予算に都合がつくのなら、

ヌーボコルトプロトタイプ、

612UL-HSをおすすめします。

 

 

アジングで2万匹以上アジを釣ったノウハウを纏めたコンテンツ

矢野が2万匹以上のアジを釣って研究した、ブログでは書けないもっと多くのアジを釣るための実釣テクニック」、「ポイントの選び方などのコツ」など、アジングで釣果アップするためのノウハウを纏めたコンテンツを作りました。

即効性のある実釣テクニックを紹介した無料体験版もダウンロードできますので、興味のある方はこちらからどうぞ!!

アジングイノベーション【無料体験版あり】

 

YouTubeもやってます



ブログのテキストでは伝えにくい内容を動画で紹介できたらと思い、YouTubeで矢野のアジングチャンネルを運用しています。

累計20000匹以上のアジを釣った経験をもとに、釣果アップするためのタックル選定や釣り方などの、初心者から経験者まで楽しめるマニアック内容をお話していますので、ぜひチャンネル登録お願いします。

 

>>矢野のアジングチャンネル<<

注目記事一覧

1

こんにちは、矢野です。   今回は僕がアジングで 2万匹以上のアジを釣った 基本的な釣り方を ロッドワークを交えながら 動画で紹介します。   今回の記事は YouTubeに公開し ...

2

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

3

こんにちは、矢野です。   今回はアジングジグヘッドの 選び方のコツについて かなり深い部分まで掘り下げて 紹介します。     アジングが流行り始めて、 多くのメーカー ...

4

冬のアジング。 北西の季節風が吹き、海が荒れるたびに水温が下がってアジの活性も低くなっていく。秋のハイシーズンのような激しい食い方とは一転して、シビアな状況が多くなる時期。   アジが付きや ...

5

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

6

アジングで防寒グローブを使うと、 「手の感度が落ちてアタリが取りにくくなって釣果が落ちる」と 悩んでいるアジンガーのあなた!   実は感度を落とさずに防寒もできる、 アジングに超おすすめの防 ...

7

こんにちは、矢野です。   今回はアジングのメインラインとして よく使われるようになった、 エステルラインのメリット、デメリットと おすすめのエステルラインを紹介します。   ジョ ...

8

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

9

こんにちは、矢野です。   今回は僕が1万匹以上のアジを釣った おすすめのワームを紹介します。   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、 もうかなりの種類が発売されています ...

10

こんにちは、矢野です。   今回は20コルトUX 612L-HSのインプレになります。   2020フィッシングショー大阪で触った 20コルトUXの各シリーズ。   発売 ...

-アジングロッド
-, ,

© 2021 あおむしの釣行記4