愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

本日よく読まれている記事

アジング

土肥富プロモーション撮影プラのアジング~本番の場所選定なるか?

投稿日:

 

今回はプロモーション撮影のプラに、アジングへ行った話。

 

先日、土肥富の営業のTさんから、来年の宣材写真や動画を撮影したという連絡がありました。

この時期の毎年恒例になっているやつですね・・・。

 

一昨年は、前日のプラの時に全力で釣ってしまい、撮影本番であまり釣れずにイマイチな結果に。

 

昨年は、ここなら釣れるだろうって場所でぶっつけ本番をやったら、ほとんど釣れないという結果に・・・。

 

2年連続でやらかしてしまっているので、今年はなんとしてもいい釣果を出したいところ。

自然相手なので絶対釣れるわけではないけど、釣れない確率を少しでも低くするために、入念なプラに複数回行ってきました。




たぶんここなら釣れるだろうエリアに入ると悲惨な結果に・・・・。

普段の釣り通り、ここなら釣れるだろう的なノリで選択したエリア。

潮位などを考慮して、回るポイントを決めて探っていく。

 

アジが居たらすぐ釣れるでしょうと思っていたら、全く反応がなく静かな時間が過ぎていく。

粘らず見切ってランガンしていくも、このエリアからはアジが抜けているようで、なかなか厳しい。

最終的に居つきのアジが2匹釣れただけという結果で、「このエリアに撮影の時に入ったらだめだ」というのがよくわかりました(笑)

 

このエリアに、ぶっつけ本番で入らなくてよかった(笑)

 

 

近距離、遠投のランガンで素早くアジを探す

壊滅的な釣果で終わったプラから数日後。別のエリアの確認に再びアジングへ。

 

数回のプラで壊滅的だったエリアは外して、他に可能性があるエリアを選択して、各ポイントを回っていく。

 

タックルはあらかじめ、ジグヘッド単体、キャロと2種類用意して、近距離と遠距離を素早く探れるようにする。

 

本命ポイントへ入る前に、サブ的に考えていたポイントを数か所チェック。

 

海の生命感がなく、潮もあまり流れてない。

 

ジグヘッド単体、キャロで素早くチェックするも、反応がなかったので、さっさと見切って本命に考えていたポイントへ入る。

 

風は予想していたほど強くなく、釣りやすそうだけど、もう少し波っ気がほしいところ。

 

まずは手前からジグヘッド単体で探っていく。

表層から底まで丁寧に探っていくも、全くアタリがない。

 

ここでキャロに変えて、沖のアジを狙っていく。

 

Mキャロ4,6gをつけてフルキャスト!!

表層を探るもアタリがないので、カウント5ほど沈めてアクションを入れた後の食わせの間のタイミングで、コツッとアタリ!!

 

ようやくこの日1匹目が釣れてくれました。

同様に探ってくると、続けてヒット!!

 

連発か?と思ったけど、そんなに大きい群れじゃなようで、時速10匹ほどのペースでポツポツといった感じ。

 

立ち位置、探る深さを変えて色々とやっていくも、釣れるペースは変わらず。

 

 

う~ん。

本番でこの場所に入ろうか悩んでしまう釣れ方だな~・・・。

色々考えながら釣っていき、潮どまりになるとアジからの反応がなくなったので、この日のプラは終了しました。

 

 

 

土肥富プロモーション撮影プラのアジング~本番の場所選定なるか?まとめ

例年釣れていたエリアも今年は壊滅的だったので、プラをしていて正解でした。

 

本番で釣れなかった場所に入っていたら・・・・と考えると恐ろしいっすw

 

しかし一番釣れてくれた場所の魚は、見た感じ居つきのアジっぽいので、今回のプラで釣って数が減ってそう。

そして本番に入ったら釣れなくて、「プラで釣ったからだ~」というオチになりそうな予感がプンプンします(笑)

 

かなり悩んでしまいますが、色々と回った場所での釣果などを考慮して、本番でも外さないように場所を決めようと思います。

 

本番でも釣れてくれたらいいんだけどな~・・・・・。

 

■タックル ジグヘッド単体

ロッド:ヌーボコルトプロトタイプ612L-T
リール:17スティーズタイプⅰ
ライン:シンカーアジング0,2号
リーダー:リバージ4lb
フック:土肥富/odz ラッシュヘッドM プロトフック
ワーム:アジアダー、アジリンガーヴィクトリーなど

■タックル キャロ

ロッド:宵姫 華 S66ML
リール:17セオリー2004h
ライン:スモールゲームPE0,3号
リーダー:バスザイル6lb
飛び道具:Mキャロ4,6g
フック:土肥富/odz プロトフック
ワーム:アジリンガー、アジアダーなど







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。それから7年ほ ...

2

今回は通常のアジングワームにガルプの匂いを付ける話。   低水温期や産卵期など、アジの活性が低い時によく効果があるのがワームの匂い。現在発売されているアジングワームには、一部を除いてほとんど ...

3

  【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。ほんと色んな種類のアジングジグヘッド ...

4

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

  今回は産卵期のアジングへ行った話。   前回のアジング釣行ではいい感じの群れを見つけて、久しぶりにいい釣りが出来ました。定番の刺身や寿司にしたりして食べたのですが、脂も良く乗っ ...

7

今回はオリムピックさんのアジングロッド、ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのインプレ記事。 頑張って書いたインプレ記事よりも【アジングロッドを買いました!!】という記事の方がアクセスが良い場合も ...

8

今回はアジを美味しく食べる為に欠かせない、アジの締め方の話。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1匹きちんと締め ...

9

  数年前からヨツアミさんのカタログに「シンキングPEラインを開発中」と出ていたのを見つけていて、気になっていたオードラゴン。今まで編み糸で比重が1,4くらいあるのは、フジノラインさんから発 ...

10

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】 アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品のアジングワーム ...

-アジング
-, , , , ,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.