この記事を書いた人

あおむし/矢野。愛媛県在住。国内最古の針屋、土肥富のテスター。レンジクロスフック、レンジクロスヘッド、フロードライブヘッド、ラッシュヘッドの設計、テストを担当。アジングで累計20000匹以上のアジを釣った経験を元に、より多くのアジを釣るための情報を発信しています。

>>管理人の詳しいプロフィールはこちら<<

アジング釣行

色んな釣り方を試しながら土肥富プロトフックのテストアジング!

いや~、今年の夏は異常に暑すぎっす。昼間、外に出るだけで溶けそうです。

あまりに暑すぎて、初めて熱中症の症状が出たりした平成最後の夏。早く涼しくなってほしいと思う今日この頃です。

 




統計取りのアジングへ。

月、潮のタイミングも良くないけど、「とりあえずテストになるくらいは釣れるでしょ・・。」と深く考えずに出発。

 

夏アジングのセオリー通りに、選んだエリアで潮通しのいい場所を候補にあげる。現在テストしている土肥富のプロトフックのテストでまだ入ってない場所を選択。

 

ポイントに到着して海面チェック。思ってたより潮位が低いけど、濁りもない。あとはアジが入っているかどうかだけど、そこはいつものように祈っておきましょうw

 

フロートリグに柔らか目のロッドを選択。

ロッドに負担が掛からないように優しく投げて、【チョンチョンとやってから食わせの間】を入れるいつもの釣り方で探っていく。

コッといいアタリは出て、本日最初の1匹目が釣れてくれました!

修正してもらったおかげで、以前よりも気になっていた掛りどころなどの部分もよくなっている!!

「いい感じになってきたんやない~」と一人テンション上がりまくり!!

 

ワームを変えたり釣り方を変えたりしながらポツポツと。

少し前に買った防水カメラ、TG-5のセッティングがうまくできてないので、使い慣れたGRdigitalⅢを使用。古いカメラだけど安定の画質ですな。

 

色々な釣り方を試す。

テストなので普通に釣るだけでなく、色々な釣り方も試してフッキング率や掛り具合などを確認。色々な釣り方と言っても、主に巻いて釣ったり、動かさずに流して釣るくらいですが。

 

アジングジグヘッドの選び方の記事でも書いているけど、釣り方によってアジがジグヘッドに捕食してくる位置が変わってくるので、釣り方に合わせてフックを選択してやることがフッキング率アップのために重要になってきます。

 

今回もフロートの釣りでも同じで、釣り方によってアジが捕食してくる位置が変わってくるので、それに合わせたフック選択が重要になるので、それを考慮しながらテスト。

 

で、色々な釣り方を試していると、釣り方によってアタリの出方、フッキング率やフッキング位置にバラツキが出てくるんですね。それらの数値を統計して、どのような状況でそうなったか?といった部分を詰めていきます。

 

1つのフックですべての状況に合わせるというのは難しいけど、刻々と変わる状況に合わせて細かくフック形状を変えていくのも現実的ではない。

そこで、適切に取捨選択を行って、土肥富の職人さんに細かい微調整を何度も何度もやってもらって、最大公約数を高める作業を行っています。

 

うまく掛からない時。そこは捨てないといけない部分だと分かっていても、悔しいんですね(笑)

そこはもう割り切って捨てるように意識しています。そうしないと永遠に悩み続けてしまうんです。ほんとうに。

 

釣り方の他には、リールを巻くだけで合わせる巻き合わせでどのくらい刺さるか?というのを試したり、わざと合わせを入れずにどのくらいアジが咥えているか?っていうのも試したり、どのくらい追い食いしてくるか?っていうことなどなど、色んな事を試してこの日のテストは終了。

イメージ通りだったり、そうでなかったり。日々、新しい発見があって面白い♪

 

色んな釣り方を試しながら土肥富プロトフックのテストアジング!まとめ

相変わらず体に堪える暑さで、熱中症も初体験。一時よりマシな暑さになっていますが、まだまだ注意が必要ですね。来年は本気でアジングに空調服を導入しようか考え中w

 

プロトフックもいい感じで問題を1つ1つクリアして進んでいます。新しいプロトフックを初めて投げる時、「うまくいくかな?、ダメかな?どうかな~?」といったドキドキ感が今でもたまりません。

思ったよりもテストがうまくいかずに焦った時期もありましたが、取捨選択を適切に行って良いものを作るように頑張ります。

 

 

■ タックル

ロッド:エアロック AR-T722M
リール:18フリームスLT2000S-XH
ライン:スモールゲームPE0,3号
リーダー:バスザイル6LB
飛び道具:自作フロート、シャローフリーク
フック:土肥富プロトフック各種
ワーム:アジリンガー、アジアダー、ビビビームなど小さ目のワーム




PS、アジングには釣れる【型】がある⁉



アジングで悩んでいる方の

お役に立てればと思い、

僕がアジングで2万匹以上釣ってきた、

アジング初心者でも

アジが釣れるようになる【型】を、

まとめたコンテンツを作りました。



アジング最強の型





すでに多くの方に参加していただき、


アジングを始めて

1年間全く釣れなかったけど、

アジング最強の型に参加後の初釣行で、

初めてのアジを釣ることに成功した

関東地方の初心者や、



一度、アジングが難しくて挫折したけど、

再開して初めてのアジングで3匹釣り、

その後は1回の釣行で

24匹も釣れるようになった

関西地方の初心者の方など、



多くのアジング初心者が、

アジングでアジを釣ることに成功し、

アジングの沼に嵌っています(笑)



もしあなたが、

ネット上のアジングの情報を集めたけど、


糸はプチプチ切れるし、

ジグヘッドは飛ばないし、

何やっているかさっぱり分からず、

全然アジが釣れなくて心が折れそう


というのであれば、

このアジング最強の型のコンテンツが

きっと役に立つでしょう。



アジングをしていて、

うまくいかないことや

初心者が行き詰ることの解決方法を

このアジング最強の型に

凝縮して詰め込みました。



ただし先行参加者の方から、


このコンテンツを出されたら

自分のライバルが増えて困るので、

販売を中止するか、

大幅な値上げをしてほしい

という声も多数出ており、


予告なく販売を中止、

もしくは大幅な値上げをする

可能性もあります。



もしあなたが他のライバルよりも

早くアジングが上達したいと

強く思うのであれば、

今すぐ下記リンクをクリックして、

アジング最強の型の内容をご覧ください。


アジング最強の型



YouTubeもやってます



ブログのテキストでは伝えにくい内容を動画で紹介できたらと思い、YouTubeで矢野のアジングチャンネルを運用しています。■登録者8000人超

累計20000匹以上のアジを釣った経験をもとに、釣果アップするためのタックル選定や釣り方などの、初心者から経験者まで楽しめるマニアック内容をお話していますので、ぜひチャンネル登録お願いします。

 

>>矢野のアジングch<<

注目記事一覧

1

こんにちは、矢野です。   今回は、 夏のアジングのポイント選びのコツと、 夏アジングでジグヘッドの重さを 選ぶときの注意点について 紹介します。   夏のアジング。   ...

2

こんにちは、矢野です。   今回は僕がアジングで 2万匹以上のアジを釣った 基本的な釣り方を ロッドワークを交えながら 動画で紹介します。   今回の記事は YouTubeに公開し ...

3

こんにちは、矢野です。   今回は予算2万円で揃える アジング初心者向けの おすすめタックルを 紹介します。   僕のところに届く 問い合わせ内容で多いのが アジングロッドなどの ...

4

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

5

こんにちは、矢野です。   今回はアジングジグヘッドの 選び方のコツについて かなり深い部分まで掘り下げて 紹介します。     アジングが流行り始めて、 多くのメーカー ...

6

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

7

こんにちは、矢野です。   今回はアジングのメインラインとして よく使われるようになった、 エステルラインのメリット、デメリットと おすすめのエステルラインを紹介します。   ジョ ...

8

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

9

こんにちは、矢野です。   今回は僕が1万匹以上のアジを釣った おすすめのワームを紹介します。   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、 もうかなりの種類が発売されています ...

10

こんにちは、矢野です。   今回は20コルトUX 612L-HSのインプレになります。   2020フィッシングショー大阪で触った 20コルトUXの各シリーズ。   発売 ...

-アジング釣行
-, ,

© 2021 あおむしの釣行記4