愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

この記事を書いた人



あおむし/矢野。愛媛県在住。釣り、革靴が好きな30代。国内最古の針屋、土肥富(どひとみ)のテスター。アジング歴10年超、累計10000匹以上アジを釣ってきた経験を元に、よりアジを釣るための情報発信をしています。

>>さらに詳しいプロフィールをみる
 

アジング釣行

ソルセンの新作を使ったり土肥富のプロトを使ったの暖冬アジングを満喫!

前回の更新の後、

土肥富のプロトフックのテストに没頭したり、

友人とアジングに行ったりしていたら、

あっという間に大晦日がやってきました。

 

月日が経つのが早いな~と思いつつ、

今年は色々と新しいことを始めたりして

充実した1年だったな~と感じながら

この記事を書いています。

 

当サイトにも更新頻度が下がっているにも関わらず、

連日、多くの方に訪問いただいてありがとうございます。

 

まだまだ書きたいネタはあるのですが、

更新する時間が取れてないのが現状で、

更新を楽しみにしてくれている方には

申し訳ないなと思っています。

 

正月休みの間には、

少し更新する時間がとれるかな?と思いますので、

またお時間ある時にでも

ご訪問していただければと思います。

 

 

それでは、ここ最近の釣行を振り返りつつ、

今年最後の更新にしたいと思います。

 

ソルセンの新作、64チューブラを一足先に実釣!

毎年恒例になってきている

エバーグリーンプロスタッフの中島さんとの釣行。

 

今年は、なんと中島さん監修のロッド、

ソルセンのシャープカット(64のチューブラ)を

持ってきてくれていたので、

借りて使わせてもらいました。

 


少し前に70のチューブラが販売になったと思ってたら、

64チューブラも作っていたんですね。

 

 

販売前の新作ロッドを

使わせてもらえる機会はめったにないので、

持って行ってた重さ違いのリールを色々取り替えたり、

エステル、PE、シンカーアジングなどの

ラインも色々と変えてロッドの性能を確認していました(笑)

 

 


入った場所のタイミングもよかったようで、

「ここまでいい魚がこんなに釣れるのも滅多にないよね~」っていうくらい

よく釣れてくれて、魚の引き、新しいロッドの性能ともに

翌日に筋肉痛になるくらい堪能することができました(笑)

 

 

ソルセンの新しい64チューブラ。

 

感度はもちろんバランスもよく、

1g前後のジグヘッドの操作感が分かりやすい感じですね。

 

20㎝前後のアジでも曲がって楽しめるかと思いきや

35㎝前後のサイズでも抜き上げるパワーがあるロッド。

 

たくさんの魚を釣らせてもらって、

一足先に新製品のロッドの性能を

堪能することができました♪

 

 

土肥富のプロトフックのテストも順調に

土肥富のプロトフックのテストも

相変わらず行っています。

 

ここ最近は、

鋳込みテスト中のプロトとは別の、

遠投系のプロトフックテストが

多かったですね。

 

最初はアタリがあっても掛からなかったり、

掛かっても不合格な感じでの掛かりだったり、

なかなか苦労したプロトフックでした。

 

しかし土肥富の職人さんに

0,1mm単位で微調整を繰り返してもらったおかげで、

見違えるほどよくなってきました。

 

3種類同時にテストしていますが、

2つはおおむね合格ラインにきたかなと。

 

あと1つのサイズは

もう少し適切なサイズのアジでテストして、

数値を取って合否の判断をするってところですね。

 

テストに適したサイズと活性のアジが

なかなか釣れなくて苦労しています(笑)

 


それでも、プロトのフックで狙った位置に掛るようになったら、

うれしいですね。

 

釣り場で掛かりどころを眺めては

一喜一憂しながらアジングやっていますが、

いいアジの群れに当たれば、

あっという間にクーラーに立つほどの

アジが釣れることも。

 

 

プレッシャーのかかるプロトフックのテストですが、

テストするたびに新しい発見もあったりして、

楽しくテストさせてもらってます。

 

来年のフィッシングショーには

現在、鋳込みして調整している

新しいジグヘッドも公開しますので、

楽しみにしてくださいね♪

 

まとめ

というわけで、この記事が2019年最後の更新になります。

 

今年もフィッシングショーなどのイベントで

色々な方からお話を聞く機会があったり、

実際に色々な地域の方とも釣りに行く機会があり、

たくさん勉強させていただきました。

 

釣りは相変わらず

プロトフックのテストに費やした1年でしたが、

1種類は2020年には販売できそうと聞いているので、

とりあえず一安心です。

 

また残りのプロトフックも

最後まで気を抜かずに

テストを進めていきます。

 

 

今年1年間、多くの方に支えていただき

無事過ごすことができ、

ありがとうございました。

 

 

また来年もよろしくお願いします♪

 

■タックル①

ロッド:ソルセン シャープカットSPRS-64ULーT(借りた)
リール:04ステラ1000PGSDH 18レガリスLT-1000sなど
ライン:アンバーコードD-PET0,3号、スモールゲームPE0,3号、シンカーアジング0,2号
リーダー:バスザイル4~8lb
フック:土肥富 レンジクロスヘッド、ラッシュヘッド
ワーム:アジリンガー、アジアダー、ガルプなど

 

■タックル②

ロッド:ソルセン PSSS-78T
リール:07ソアレ2500HGS
ライン:ソルトウォーターフィネスPE0,4号
リーダー:バスザイル8lb
飛び道具:自作フロート、シャローフリーク
フック:土肥富プロトフック各種
ワーム:アジリンガープロ、ガルプなど







注目記事一覧

1

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

2

アジングで防寒グローブを使うと、 「手の感度が落ちてアタリが取りにくくなって釣果が落ちる」と 悩んでいるアジンガーのあなた!   実は感度を落とさずに防寒もできる、 アジングに超おすすめの防 ...

3

【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。アジングが流行る前、アジングに適したジグヘッドがな ...

4

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

5

ジグヘッドを激安で自作したい人必見!! 今回は土肥富(どひとみ)のジグフックを使って、ヒラメ、マゴチ、メバリング、アジングに使うジグヘッドを激安で自作する方法を紹介します。   「土肥富(ど ...

6

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。   フロートは色んなメーカーさんから発売されている ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品の ...

9

今回はソルティセンセーション スペリオル SPRS-64UL-T シャープカットのインプレです。   エバーグリーンプロスタッフの 中島さんとのアジングの際に、 発売前の64UL-T(シャー ...

10

冬のアジング。 北西の季節風が吹き、海が荒れるたびに水温が下がってアジの活性も低くなっていく。秋のハイシーズンのような激しい食い方とは一転して、シビアな状況が多くなる時期。   アジが付きや ...

-アジング釣行

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2020 All Rights Reserved.