【アミパターン最強】土肥富 フロードライブヘッド開発ストーリー

      2017/06/03

国内最古のフックメーカー土肥富/odzから発売されているアジングジグヘッド第2弾、フロードライブヘッドの開発ストーリーです!

 

抵抗系ジグヘッドの進化版!抵抗受け流し系ジグヘッド!!

フックは唯一無二と言っても過言ではない鋭利な針先を持ち、現代アジングの主流となっているリフト&フォールの釣りに適した形状に設計したレンジクロスフックSサイズを使用。

ヘッド部分は操作感がとても分かりやすく、アミパターン時にレンジキープをしやすいように設計しています!




フロードライブヘッドの

抵抗を受ける為に削り込んであるヘッド部分の下側①の部分でリフト時に存在感を出し、斜め側②の部分で食わせの間の時に存在感を感じやすいように設計しています。

しかし抵抗を受けることでジグヘッドの存在感が分かりやすいというメリットがありますが、抵抗を受けすぎるとアクションさせた後に針先がブレて安定しにくい。

またはフッキング位置が安定しなかったり、フッキングパワーが伝わりにくいなどのデメリットがあります。

レンジクロスヘッドでは左右に溝を入れることでフッキング位置を安定させるように設計しました。

今回のフロードライブヘッドでは抵抗を受ける部分を斜めに逃がすことで、抵抗を受けすぎずにフッキングパワーロスを少なくして、存在感も分かりやすくフッキング位置も安定しやすいように設計しました。

フロードライブヘッド

フロードライブヘッド

このフロードライブヘッドを使った実釣動画では狙いのコンセプト通りに口切れしにくい縦の位置のフッキングや喉奥にきっちり掛かっています!

 

フロードライブヘッドに合わせるワームサイズは??

フロードライブヘッドに合わせるワームサイズはフックサイズの関係で1,5インチ前後のワームが使いやすく、最大で2インチくらいまでのワームが適しています。

上がアジリンガー、下がブリリアント1,2

ブリリアント

 

フロードライブヘッドの重さラインナップ

0,4g 0,6g 0,8g 1,0g 1,2gの5種類になります。

0,4gのみ発売が遅れている状況となっていて、また発売時期など決まりましたらお知らせします。

表面処理は??

フロードライブヘッドの表面処理はフローリンコート(フッ素コート)のみになります。

元々鋭い針先にフローリンコートをしてさらに刺さりやすくしているので、手に刺さらないように取扱いなどには十分注意してください!

 

レンジクロスヘッドとの使い分けは??

レンジクロスフックMとSサイズの使い分け同様にアジのサイズによって使い分けをするのが一番簡単な使い分けになります。

~20cmまでならフロードライブヘッド、18cm~のサイズならレンジクロスヘッドという感じですね!

サイズ以外での使い分けは小魚などのベイトを食っているアジはレンジクロスヘッド、アミなどを捕食しているアジにがフロードライブヘッドを選択してやるとフッキング率が高くなります。

フロードライブヘッドの登場で、レンジクロスヘッドでは対応しにくかったサイズのアジ、アミパターンのアジなどに対応しやすくなりました。

アジのサイズ、活性などその日の状況に合わせて使い分けるとフッキング率が高くなり、より多くのアジを釣る事が出来るようになるので、色々と試してみてください!

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

フロードライブヘッドに使用しているレンジクロスフック開発ストーリー、フックサイズが大きいレンジクロスヘッド開発ストーリーもよろしければ合わせてご覧ください!

 - アジングロッド、アジングタックル