愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

本日よく読まれている記事

釣魚料理

高級魚のアカハタとオニカサゴの刺身を食べ比べてみた結果!!

投稿日:2016年7月26日 更新日:

アカハタ オオモンハタ

釣りの後のお楽しみと言えば食べる事なわけで、釣れてくれた魚が滅多に食べれない高級な魚の時ほど、どのようにして食べるか悩んでしまうのです。

今回頭を悩ませたのは一番大きかったアカハタ。

刺身、酒蒸し、ムニエル、煮つけ、鍋など何にして食べようか悩んだ結果、片身を刺身にして半分は酒蒸しにすることに。

そして今回お土産に頂いたオニカサゴも刺身にしてみて、アカハタとどちらが美味しいか食べ比べをしてみることに。




アカハタの刺身

まずはアカハタの刺身から。

程よい弾力で身に甘みがあってめっちゃ美味しい。釣ってから2日間ほど潮氷の中で寝かせておいたので甘みが増したのかな?

メバルやカサゴの刺身も美味しいけど、それらよりもさらに上をいく感じの美味しさでした♪

 

オニカサゴの刺身

続いてオニカサゴの刺身。

刺に毒があるので手を刺されないように、刺を切ってさらに手袋をしてから捌くという徹底ぶり(笑)

かなり苦戦したけどなんとか刺身に出来ました。

さて、肝心のオニカサゴの刺身のお味はと言いますと・・・・・もう最高!

アカハタのような甘みはなかったけど、伊勢海老?のような感じでプリプリで歯ごたえも抜群!!

アカハタとオニカサゴどちらも甲乙付け難いくらいめっちゃ美味しかったけど、個人的にはオニカサゴの方が好みの味だったかな。

オニカサゴの刺身、これは嵌りました♪







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。それから7年ほ ...

2

今回は通常のアジングワームにガルプの匂いを付ける話。   低水温期や産卵期など、アジの活性が低い時によく効果があるのがワームの匂い。現在発売されているアジングワームには、一部を除いてほとんど ...

3

  【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。ほんと色んな種類のアジングジグヘッド ...

4

  【アジング】流れのある場所でボトム(底)を狙う時にジグヘッドの重さを選ぶコツ! この記事の釣行の時、ジグヘッドはレンジクロスヘッドを使用。 重さを1,5gから1,8gに変更して、アタリが ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

  今回は産卵期のアジングへ行った話。   前回のアジング釣行ではいい感じの群れを見つけて、久しぶりにいい釣りが出来ました。定番の刺身や寿司にしたりして食べたのですが、脂も良く乗っ ...

7

今回はオリムピックさんのアジングロッド、ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのインプレ記事。 頑張って書いたインプレ記事よりも【アジングロッドを買いました!!】という記事の方がアクセスが良い場合も ...

8

今回はアジを美味しく食べる為に欠かせない、アジの締め方の話。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1匹きちんと締め ...

9

  数年前からヨツアミさんのカタログに「シンキングPEラインを開発中」と出ていたのを見つけていて、気になっていたオードラゴン。今まで編み糸で比重が1,4くらいあるのは、フジノラインさんから発 ...

10

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】 アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品のアジングワーム ...

-釣魚料理
-,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.