愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

アジング攻略法

【アジング初心者必見】5秒で出来るショートバイトの原因の1つを調べる方法

投稿日:2016年5月17日 更新日:

アジングをやっていて「アタリがあるけど掛からない」って経験ないですか?

アジからアタリがあるってことは、あなたの釣り方は合っています。自信を持ってください。何かショートバイトと感じる原因があるはずです。

 

ある程度経験を積んでいくと、「コンッ」や「モソッ」などのアタリの感じ方で、フックサイズが合ってない、ワームサイズが合ってない、ジグヘッドの重さが合ってない、針先が鋭くない、などなど「アタリがあるけど掛からない」原因がわかってくると思います。

しかしアジングを始めたばかりの初心者には、いきなり原因を予想するのはかなり難しいでしょう。

 

「アジの食いが悪いからショートバイトになる」というのも1つの要因ではあります。しかし意外と超基本的な事が出来てなくてアジがきちんと食ってきてるのに、釣り人がショートバイトのように感じてしまってる場合もあったりするんですね。

 

そこで今回は超簡単にできる、アジングでのショートバイトの原因の1つをたった5秒で調べる方法を紹介します!




あなたのジグヘッドの針先は鋭いですか??

アジング歴が長い人は、「針先が鈍ってるジグヘッドでは、食いが悪くて掛からないように感じてしまっても、針先が鋭いジグヘッドに交換すると明確にアタリを感じで掛かるようになった!」といった事を経験した事がある方も多いでしょう(笑)

「他メーカーのジグヘッドを使っていると掛からないけど、レンジクロスヘッドに変えたら掛かるようになった!!」という経験をされた方もおられるかなと思います。

 

なぜこのようになるかというと、針先が鋭くないとアジが食ってきても刺さらずに口の中を滑ってしまい、ショートバイトのように感じてしまう事があるんですね。同じジグヘッドで鋭い針先の物、針先が摩耗した物を比べながら釣っていくと、違いがよくわかります。

針先の鋭さを調べる方法!

新品の確認方法

アジング初心者 ショートバイト

 

新品を購入してパッケージから出し、画像のように爪の上に針先を立てて動かしてみてください。針先が鋭かったら滑らずに引っかかり針先が鈍っていたらつるつると滑って引っかかりません。アジの口の中でも同じで針先が鋭い方がよく掛かりやすくて、鈍っていたら掛かりにくいですね。口の中で針先が滑って刺さりません。

 

「新品のジグヘッドなら色んなメーカーのアジングジグヘッド全部同じ鋭さじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、新品だからって油断は禁物。新品でも各メーカーさんの線材の質や針先の形状、針先を砥ぐ技術力、検査の基準などの違いで針先の鋭さも全然変わってきます。

 

色んなメーカーのジグヘッドが手持ちにある方は、比べてみたら面白いですよ!新品なのに、針先がツルツルの製品がある場合もありますから(笑)

 

「どのジグヘッドの針先が鋭いの?」と悩んだ場合は究極の刺さりを追及した土肥富のアジングジグヘッドを試してみてください。びっくりするくらい鋭くてよく刺さります!

【アミパターン最強】土肥富 フロードライブヘッド開発ストーリー

 

実釣中の確認方法

アジング初心者 針先のチェック方法

 

この画像の確認は、主に実釣している時にやるのですが、針先の変形や潰れを指の腹で見てやります。指にフックが刺さらないように注意!

針先の変形や潰れがなければ、なにも引っかからないけど、針先が変形したり潰れたりしたら、ザラっとした感じで引っかかります。こうなると刺さりが極端に悪くなるので交換した方がいいですね。知らない間に波止に当ててしまってて、針先が鈍ってる事に気が付いてなかったり、魚を数釣っていくと針先が少しずつ鈍っていきます。

 

そうなると掛かりが悪くなったりするので、釣りをしている際に定期的に上の2つの画像の方法で針先の確認をしてやると、針先の鈍りによるショートバイトを減らすことができます。私はアジングしている時に、この方法で定期的に針先の確認をしながら釣っています。

【アジング初心者必見】5秒でできるショートバイトの原因の1つを調べる方法!まとめ

今回紹介したのは基礎中の基礎。だけど意外と気にしない人が多いので注意が必要!「ワームのカラーが悪い~、ジグヘッドが軽くないと釣れない~、」とか言う前に、まずは針先が鋭いか意識してください(笑)

新品でもメーカーによっては製造技術により針先が鋭くない場合もあるので、新品でもチェックする癖をつけておくといいですよ!

フックの針先は、一番最初に魚に触れる部分になるので、口の柔らかいアジを釣るにはとても重要になってきます。

 

アタリがあるってことは釣り方は合っているわけなので、針先の確認をしてきちんと鋭い針先のフックを使用すると、「今まではショートバイトと感じていたアタリも実はそうじゃなかった!!」という事もあるかなと経験者は語ります(笑)

よく釣っている人はほとんどやっている針先のチェック方法。興味がある方はお試しください!







注目記事一覧

1

今回はアジングのメインラインとしてよく使われるようになった、エステルラインの話。   ジョーカーと言う名のエステルラインが、アジングのメインラインとして登場したのが2010年。 フロロ、PE ...

2

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

3

アジングで防寒グローブを使うと、「手の感度が落ちてアタリが取りにくくなって釣果が落ちる」と悩んでいるアジンガーのあなた!   感度を落とさずに防寒もできる、アジングに超おすすめの防寒グローブ ...

4

今回は夏のアジングのポイント選びのコツと、夏アジングでジグヘッドの重さを選ぶときの注意点のお話です。   夏のアジング。一部エリアではまだ産卵のアジも釣れますが、産卵から回復したアジやベイト ...

5

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。フロートは色んなメーカーさんから発売されているけど、市販のフロ ...

6

今回はオリムピックさんのアジングロッド、ヌーボコルトプロトタイプ612UL-HSのインプレ記事。 頑張って書いたインプレ記事よりも【アジングロッドを買いました!!】という記事の方がアクセスが良い場合も ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

9

【年間1000匹以上のアジを釣るアジンガーが教える、おすすめアジングワームで周りに差を付けろ!】   アジングワームも次から次へと新作が出てきて、もうかなりの種類が発売されています。新製品の ...

10

いや~めっちゃいいPEラインがありました!!というわけで、今回は新しくPEラインを買った話。     最近のアジングの時に、得体の知れない魚を掛けて延々と走られてから高切れしてしま ...

-アジング攻略法
-, ,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved.