愛媛アジング釣行、アジングの攻略法、アジングタックルのコアなインプレ、土肥富/odzライトゲーム製品の開発情報などを発信しています。

あおむしの釣行記4

この記事を書いた人



あおむし/矢野。愛媛県在住。釣り、革靴が好きな30代。国内最古の針屋、土肥富(どひとみ)のテスター。アジング歴10年超、累計10000匹以上アジを釣ってきた経験を元に、よりアジを釣るための情報発信をしています。

>>さらに詳しいプロフィールをみる
 

アジング釣行

初冬の干潮アジング~潮がなくても沖を狙えば何とかなる?

投稿日:

今回はアジングに行った話。

朝晩の冷え込みがきつくなってきました。年を重ねるごとに寒さに弱くなってきて、今までの防寒体制だとガチガチ震えながら釣りをしてしまう時も。

 

このままだと風邪ひきそうなので、新しい防寒着を検討中です。

 

そしてテストを続けている土肥富のプロトフック、現在4種類くらい同時にテスト中です。予想よりテストが順調に進んでるフックもあったり、予想よりも苦戦してるフックもあったりと、一喜一憂師ながらテストを進めています。

そんな中、寸法調整をお願いしていたプロトフックが完成してきたので、テストに行ってきました。




干潮からスタート

今回は干潮のタイミングでの釣行。

 

釣りに行けるタイミングが干潮の場合。ポイントの選択肢が少なくなるのが嫌なところ。

 

まぁ今回はフロートを使った沖のアジを狙うようになるし、ちょっと考えて干潮時でも釣りができるポイントを選択しました。

 

というわけでやってきたのは、「潮干狩りやった方がいいんじゃね?」的なポイント。ジグヘッド単体じゃ飛距離が足りなくて、すぐに地球を釣ってしまうようになります。

油断してたら貴重なプロトの針がすぐになくなってしまう・・・・・。そんな場所でフロートを使って、沖のアジを狙っていきます。

 

釣り場に着いてから、ちゃっちゃとフロートリグを装備。そして、出来立てほやほやのプロトフックをセットして開始。

 

今回の狙いのアジのサイズは、テストしているフックサイズに合わせて20cmくらいがメイン。テストに都合いいサイズが入ってくれてたらいいんだけどな。

 

 

いつもながらアジが居るかな?と期待と不安が入り混じる1投目。思いっきり遠くに投げて、沖の明暗の境目と掛けががり付近を重点的に狙っていきます。

 

狙った付近を通過するタイミングでアタリ!!!

 

「キタキタ~」とテンション上げながら、合わせを入れて入れる。バッチリ合わせも決まり、寄せてくる。

狙いのサイズよりちょっと小さいけど、無事に1匹目を捕獲!!

 

いつもながら最初の1投目でアジが釣れてくれると、選択したポイントが間違ってなかったという安心感がある。まぁ1匹で終わってしまう場合もありますが(笑)

 

それでもポイントに入って1投目で釣れた時は、ある程度まとまって数が釣れてくれる事が多い。

 

そして2投目でもアジが釣れてくれたので、本格的に試したい事をテストしていきます。

 

ただ釣るだけではなく、色々と試しながら釣るのだ

テストの釣りと言っても、ただ普通に釣るだけではなくて色々と試しながら釣っていく。

良い位置にフッキング。この位置に掛かれば、まずアジの口が裂けてバレる事は無いでしょう。う~ん、プロトのフックでいい位置に掛かってるとうれしくなる♪

あまり良くないフッキング位置。もう少し奥に入ってほしいところ。こんな掛かり方も何回かあったけど、おそらくフック形状が悪いのではなく、自身のある部分が悪いのが原因かなと。

ここは次回のテストでもう少し改善して、確認しておかないといけないな。

 

ワームも色々と変えてテストテスト。ワームによってもアタリの数、アジが咥えている時間が違ってくるので面白い。

魚が多い場所で色々試すとすぐに結果が出るので、違いがよくわかるんですね。釣れないワームは、極端にアタリの数が減ります。「このワーム、もう少しココがこうだったらいいのにな~」と思いつつ、そんなワームはテストの妨げになるのですぐに交換っす。

 

20cm位のサイズでテストしたかったけど、20cm以下のサイズが多い。20cm~のサイズよりも、このサイズを掛ける方が難しいので四苦八苦。

遠投して20cm以下のサイズのアジを釣るのは、ちょっとキツイ~。

 

苦戦しながらもアタリは続いていたので、予定した時間をオーバーして終了。

干潮~のスタートだったので苦戦するかな?と思ったけど、意外とアタリの数も多くて楽しめました。

初冬の干潮アジング~潮がなくても沖を狙えば何とかなる?まとめ

干潮のタイミング、普段ならあまり入らないタイミングでの釣行でしたが、沖にアジの群れが居てくれていい感じでテストになりました♪

干潮時にこれだけ釣れたら、満潮のタイミングで入ったら入れ食いで釣れそうな予感。もう少しサイズが良ければ、いう事なしなんだけどな~。

 

 

試行錯誤して何度も何度も作って貰ったプロトフック、狙いのコンセプト通りに仕上がってきてるのを実感。

大体の項目の確認はできたけど、今回のテストで確認しきれなかったこともあるので、また次回のテストの時に確認するとしましょう。

 

■タックル

ロッド:エアロック AR-T722M
リール:18フリームスLT2000S-XH
ライン:スモールゲームPE0,3号
リーダー:バスザイル8LB
飛び道具:自作フロート、シャローフリーク
フック:土肥富プロトフック各種
ワーム:アジリンガー、ビビビーム、ベビーサーディンなど







注目記事一覧

1

今回は、釣行の際にかかるガソリン代をお得に支払う方法の話。     先日の釣行の際に友人に車を出してもらい、釣り場に向かってました。助手席は楽です♪   その途中、ガソリ ...

2

今回は視点を変えてアジングにガルプを使うようになったことで、アジングのポイントを探したり釣り方が上手になった話。   ニューガルプにインプレ記事の時に、私がガルプを使い始めた経緯やガルプの弱 ...

3

冬のアジング。 北西の季節風が吹き、海が荒れるたびに水温が下がってアジの活性も低くなっていく。秋のハイシーズンのような激しい食い方とは一転して、シビアな状況が多くなる時期。   アジが付きや ...

4

【ワンランク上のアジングジグヘッドの選び方】   アジングが流行り始めて、多くのメーカーさんから多種多様なアジングジグヘッドが登場しました。アジングが流行る前、アジングに適したジグヘッドがな ...

5

今年に入って18イグジスト、18フリームスと立て続けにアジングリールを買ったのですが、最近もう1つ気になったリールがありました。   18レガリスなんですが、実売7000円前後で重量185g ...

6

  アジング、メバリングで、遠投する時に使うことがあるフロートリグ。遠投して沖を軽いジグヘッドでスローに誘えるので重宝しますね。   フロートは色んなメーカーさんから発売されている ...

7

今回はアジングなどで釣ったアジを簡単に血抜きと氷締めする方法を紹介します。   アジングに行って折角釣ったアジは、やはり美味しく食べたい!!という事で、基本的にキャッチ&イートな私は、1匹1 ...

8

今回はアンバーコードD-PET 0,3号 失透ピンクのインプレです。   シンカーアジングを使うようになってから使用頻度が少なくなったエステルライン。しかし全く使わないわけではなく、潮や風の ...

9

アジングをやっていて、「アタリがあるけど掛からね~」って時ありますよね!! でもアタリがあるけど掛からないからと言って、落ち込まないでください。   アタリがあるってことは釣り方は合っている ...

10

ジグヘッドを激安で自作したい人必見!! 今回は土肥富(どひとみ)のジグフックを使って、ヒラメ、マゴチ、メバリング、アジングに使うジグヘッドを激安で自作する方法を紹介します。   「土肥富(ど ...

-アジング釣行
-, ,

Copyright© あおむしの釣行記4 , 2018 All Rights Reserved.